就業規則セミナー 就業規則はよく「職場のルールブック」と言われますが、近年、その重要性は高まる一方です。労働トラブルや社員との行き違いなどの原因を分析してみると、その多くは就業規則等において社内ルールを明確にしておけば未然に防ぐことができたものが多く、また人材不足時代における人材の定着を考えると、社員に安心・納得して勤務してもらえるような環境の整備も重要になってきます。更には育児介護休業法など、細かい法改正も頻繁に実施されており、そうした改正にも随時対応していかなければなりませんし、SNSの普及やメンタルヘルス不調者、ハラスメント問題の増加といった環境変化への対応も欠かせません。

 そこで今回の講座では、最近の典型的なトラブル事例を取り上げながら、いまあるべき就業規則の見直し方を具体的な条文例も示しながら分かりやすく解説します。可能であれば自社の規程を持参の上、ご参加ください。
そろそろ就業規則を見直さなければと考えている企業のための
無用なトラブルを防止し、社員が安心して定着する【就業規則整備】の進め方
 ~法改正だけでなく職場環境の変化に対応した規程整備のポイント
講師:大津章敬(社会保険労務士) 社会保険労務士法人名南経営 代表社員
日時:2017年8月31日(木)午後2時30分~午後5時
会場:名南経営本社セミナールーム(名古屋駅・JPタワー名古屋34階)
過去10年間に法改正以外の抜本的な規程改定を行なっていない企業は注意が必要
 ~法改正対応以上に重要な職場環境の変化への対応
トラブル頻発の労働時間関係の規程整備のポイント
メンタルヘルス不調に対応した休職規程整備のポイント
増加する非正規社員の規程整備と無期転換ルールへの対応
育児介護休業法など最近の法改正への対応事項の確認
今後求められる多様な働き方への対応
会社の想いを社員に効果的に伝える就業規則の表現方法の工夫

[受講料]
8,640円(税込)
※名南コンサルティングネットワーク各社顧問先様は、1社2名様まで本セミナーに無料でご参加いただけます。

[お申し込み]
 本セミナーの詳細およびお申し込みは以下よりお願いします。
http://www.meinan.net/seminar/22425/