トーテックアメニティ 2017年8月9日(水)に名古屋駅で、定員20名という小規模の過重労働対策セミナーを開催することになりました(主催:トーテックアメニティ株式会社)。受講料は無料ですし、ここまで定員が少ないセミナーは滅多にありませんので、ぜひご参加ください。


働き方改革セミナーin名古屋・夏[第一部]
働き方改革で求められる生産性の高い職場の作り方
~過重労働対策に止まらず、安定的な人材確保ができる職場環境の構築法
日時:2017年8月9日(水)15:00~17:30(大津の出番は15:05~16:05)
会場:トーテックアメニティ株式会社 本社
  名古屋市西区名駅2丁目27-8?名古屋プライムセントラルタワー7階
講師:大津章敬(社会保険労務士)社会保険労務士法人名南経営 代表社員
 労働時間問題と言えば、かつては残業代がその中心テーマでしたが、近年は過重労働による健康障害の防止が最大の課題となっています。 そのため、2019年4月には労働時間の上限規制や年5日の年次有給休暇の取得義務化などの法改正が行われる見込みとなっており、また労働基準監督署による調査も強化されています。

 しかし、これからの時代は過重労働対策だけでは不十分です。いまやバブルを超える深刻な人手不足の時代となっています。こうした時代には、安定的な人材確保がなによりも重要な課題となりますが、政府の働き方改革により「長時間労働は悪である」という雰囲気が醸成され、残業を前提とした働き方の企業には人材が集まらなくなっています。

 そこで今回のセミナーでは、今後予定される労働時間規制に関する法改正の最新情報をお伝えした上で、過重労働対策の必要タスク、そして超人材不足時代に人材確保を行うための労働時間管理・労働時間削減の具体策についてお話します。
進められる過重労働過重労働対策 その内容と実務ポイント
2019年4月に予定される労働時間制度大改革の最新情報
バブルを超えた超人手不足時代に求められるタスク
いまや多くの企業が取り組む労働時間短縮 その進め方とよくある間違い
生産性を向上させるためには「分子を増やす」か「分母を減らす」しかない

[お申し込み]
 本セミナーの詳細およびお申し込みは以下よりお願いします。
http://www.totec.jp/seminarR/2017/0809.html