厚生労働省 大津章敬 働き方改革が進められていますが、先日、あるところから依頼があり、厚生労働省のヒアリングを受けました。霞ヶ関からわざわざ弊社までお越しいただき、1時間ほど、過重労働対策や人材不足などに関する中小企業の現状、そして求められる政策などについてお話しました。

 この内容は、11月7日に行われた「第3回 中小企業・小規模事業者の働き方改革・人手不足対応に関する検討会」の資料の中でご覧いただくことができます。私以外にも数名の社会保険労務士がヒアリングやプレゼンを行っており、改めて働き方改革において社労士が果たすべき役割の大きさを再認識しました。引き続き、セミナーやネットなどで働き方改革に関する情報発信を行っていきたいと思います。


参考リンク
厚生労働省「第3回 中小企業・小規模事業者の働き方改革・人手不足対応に関する検討会 資料」
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000183668.html