インターバル 働き方改革関連法案は先日、国会に提出され、今後審議が行われますが、その中には勤務間インターバル制度の努力義務化も含まれています。今春の春闘では一部の企業で法制化に先立ち、勤務間インターバル制度導入の議論が行われており、今後、その普及が予想されます。

 そんな中、行われた厚生労働省の「第4回勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会」では、勤務間インターバル制度導入に当たり検討すべき項目の案が示されています。そもそもそれほど難しい制度ではありませんので、当然といった項目が並んではおりますが、今後、制度検討の際には参考になると思いますので、以下でご紹介しましょう。
実態の把握
・ 休息時間に関する状況
・ 時間外労働時間の状況
・ 労働者のニーズ
・ 取引先等との制約 等
制度設計の検討
・ 対象となる職種
・ インターバル間隔(時間数、通勤時間を含めるかなど)
・ インターバル実施時の企業内手続
・ 適用除外
・ 労働時間管理方法(出退勤時刻を含めた適正な把握方法)
・ 制度の拘束力
・ その他
・ 突発的事象により休息が確保出来なかった場合の取扱い
・ 休息時間が翌日の勤務時間に及ぶ場合の勤務時間の取扱い
PDCA サイクルによる検証等
・ 試行期間
・ 検証
・ 実施(労使協定の締結、就業規則の変更など)
・ 再検証
・ 本格稼働
制度導入の手続

 制度導入の際には、中小企業限定ではありますが、助成金制度も用意されていますので、そうしたものも上手に活用し、より安心して働くことができる職場づくりを進めていきましょう

参考リンク
厚生労働省「第4回勤務間インターバル制度普及促進のための有識者検討会 配付資料」
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000200838.html