江東区 2018年9月18日(火)に、東京都社会保険労務士会城東統括支部江東支部で研修会の講師を担当することになりました。他支部のみなさんも1,000円で参加可能ということですので、是非、ご参加ください。
平成30年度 第1回 江東支部研修会
働き方改革と人手不足で急速に高まる人事制度改革 その提案と実施のポイント
~難しく考えすぎない! 社労士が提案する中小企業の人事制度構築の進め方~
講師:大津章敬 社会保険労務士法人名南経営 代表社員
日時:平成30年9月18日(火)午後1時40分~午後4時50分(受付 午後1時20分開始)
会場:亀戸文化センター(カメリアプラザ) 5階 第1・2研修室
参加費:江東支部会員 無料  江東支部会員以外の方 1,000円(当日受付支払い)
 人材不足はいまや企業経営における最重要課題の一つとして認識されるまでになりました。有効求人倍率を見ても、リーマンショック以来、文字通りのV字回復をしており、既にバブル絶頂期を超え、戦後でももっとも高い水準となっています。更には労働力人口の減少とミスマッチの拡大という状況を勘案すると、安定的な人材の採用・定着・育成は企業生き残りのための必須テーマとなっていくことは確実です。これまでは「ヒト・モノ・カネ」が3大経営資源であると言われてきましたが、今後は「まずはヒト」という時代になっていくのです。

 このような環境を背景に、近年、企業の人事制度改定が積極的に行われています。「ヒトと組織」の専門家である社会保険労務士としては、企業からのこうした相談にも対応することが求められます。そこで今回の研修では、中小企業における賃金制度構築のポイントと、その前提となる提案の仕方について、これまでコンサル業務をあまり行っていない方でも分かりやすい形でお話しして頂きます。
働き方改革と深刻な人材不足が企業の人事労務管理を変える
人事制度コンサルって実際なにをどう行っているの?
難しく考えすぎない企業への人事制度の提案法
貢献度に見合った賃金制度には一つの型が存在する
求められる同一労働同一賃金への対応と定年再雇用者の処遇見直し
賞与制度、退職金制度の選択肢と構築法
中小企業の人事評価制度には大企業と異なるコツがある

[申し込み]
 以下よりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/Fnm7dECA7YHLGqvI3
なお、申込期間は以下のようになっております。
 江東支部会員 受付中(9月10日まで)
 他支部会員 平成30年8月11日 ~ 9月10日