50th201810_640


申込み200名突破!まだまだ受付中です。

 名南経営の社会保険労務士事業は、社会保険労務士法が施行された昭和43年に創業しました。お蔭様で今年で50周年を迎えることになりました。そこでみなさまへの50年間の感謝の気持ちを込め、創業の地である熱田で記念講演会を開催することになりました。一人でも多くのみなさまに気軽にご参加いただけるよう、受講料は無料としておりますので、是非お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。


社会保険労務士法人名南経営 創業50周年記念講演会
深刻な人材不足と働き方改革の時代に求められる企業の対応
~いま取り組むべき短期的課題から人工知能による仕事の変化への対応まで
日時:2018年10月16日(火)午後2時30分~午後5時
会場:熱田文化小劇場(熱田)
【第1部】午後2時30分~午後3時
人工知能の進化で予想される仕事の変化と必要とされる人材育成
講師:小山邦彦
     社会保険労務士法人名南経営 相談役
「激変の時代」と言われ続けていますが、次の激変はご存知、「人工知能」。

 産業革命に匹敵するインパクトを与えると言われており、最初は超便利!なのですが、徐々に人間が行っている仕事が置き替わっていくため、せっかく身につけた技能もすぐに陳腐化してしまいます。第1部では、人工知能の普及により、それほど遠くない将来にやってくる職場環境の変化についてお伝えした上で、そんな時代に社員に求められる能力とその育成方法について述べさせていただきます。
既に職場に進出してきている人工知能~その最新情報と事例
スキル短命時代を生きるための根本的な能力とは?
人工知能を使いこなすために不可欠な課題形成力
そんな時代だからこそ先人の智慧を学ぶ~リベラルアーツの再評価
【第2部】午後3時~午後3時45分
人材不足倒産を防ぐための人材確保&定着策
講師:服部英治
    社会保険労務士法人名南経営 社員社労士
 戦後2番目の長さの景気拡大が続くいま、企業も人手を確保していかなければ事業の存続や
拡大が難しくなってきました。既に、小売業界や飲食業界では人材の確保ができないことで営
業時間の短縮を加速させており、売上の減少が大きな経営課題となっています。また、職種を
問わず賃金水準は上昇傾向にあり、人材不足を理由に企業経営が悪化する企業が今後増加
するのではないかと考えられています。

 こうした問題を回避するためには、そもそも離職をしないように働いている従業員に対して処
遇の見直しを含めて様々な工夫を講じて定着率を高めることが必要ですが、採用の在り方につ
いても従来とは違った角度からの検討が必要となります。

 第2部では、名南経営に寄せられて様々なノウハウ等を元に、人材確保倒産を防ぐために何
をしなければならないのかということを具体的な事例等を元にお話させて頂きます。
求職者と企業の労働条件ミスマッチ~処遇見直しの着眼点~
転職を反対する嫁ブロックの崩し方
従業員定着のための失敗をしない従業員アンケートの方法
外国人労働者や高齢者活用の盲点と企業の対策
具体的事例で考える人材確保と定着の進め方
【第3部】午後4時~午後5時
いよいよ来春施行!働き方改革関連法のポイントと実務対応
~労働時間上限規制と同一労働同一賃金、その他改正の全体像を把握する
講師:大津章敬
    社会保険労務士法人名南経営 代表社員
 ここ数年、議論が続けられてきた働き方改革関連法ですが、遂に成立し、来春以降、段階的
に施行されることになりました。今回の法律は労働時間上限規制と同一労働同一賃金が二本柱
となりますが、それ以外にも年次有給休暇の取得義務化など企業の人事労務管理に大きな影響
がある内容が含まれています。
 そこで第3部では、改正法の概要とその実務対応について、分かりやすく解説します。
働き方改革関連法の施行スケジュール~いつまでになにをしなければならないか。
労働時間の上限規制と重要性を増す36協定の管理
同一労働同一賃金により見直しが迫られる非正規および継続雇用者の処遇
来春からスタートする年次有給休暇 年間5日の取得義務化
超人手不足時代に企業の命運を左右する人事労務管理のあり方

受講料:無料
定員:350名

[お申し込み]
 以下よりお願いします。
http://www.meinan.net/seminar/24567/