holiday いよいよ来春からは働き方改革関連法の施行が行われますが、企業規模に関わらず、最優先の対応が求められるのが、年次有給休暇取得義務化でしょう。改正法の施行まであと半年を切ったくらいのタイミングから、企業の対策が急ピッチで進められるようになっており、最近はどのお客様とお会いしてもこのテーマが話題になります。

 この問題については、如何に5日以上の年休を取得させるかという「取得方法」と、それをどのように管理するのかという「管理方法」の両面から検討する必要があります。弊社で運営している大熊ブログでは、そのあたりの基本を取り上げています。会話形式で読みやすいと思いますので、よろしければ是非ご覧ください。また、より具体的な対応をご希望の場合には、様々なご相談メニューを用意しておりますので、お問い合わせいただければと思います。このテーマはできれば年内には方向性を決めておきたいところですので、早め早めの対策をお勧めします。
2018年11月26日「本人が年休を5日以上取得していても、会社は別途5日の年休の取得日を指定する必要があるのですか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65804503.html
2018年9月17日「年休取得義務化に対応し、どのように年休を取得させればよいですか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65801310.html
2018年9月10日「年次有給休暇の斉一的取り扱いとはどのようなものですか?」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65800704.html
2018年9月3日「2019年4月より年5日の年次有給休暇取得が義務付けられます」
http://blog.livedoor.jp/ookumablog/archives/65800703.html