厚生労働省の社名公表企業をまとめたブラック企業マップ 厚生労働省では2017年5月より同省ホームページにおいて、労働基準関係法令違反に係る社名公表を行ってきましたが、それを地図にマッピングするなどしてまとめたサイト「ブラック企業マップ」というものが公開されています。

 これは厚生労働省が作成したものではなく、一般の方が厚生労働省の公表データに基づき作成しているもののようです。厚生労働省ホームページでは1年程度で公表は終了しますが、こうしたまとめサイトに転載されることで半永久的に記録が残ることになります。社名で検索した際、ブラック企業であるというようなイメージを与え、採用活動などにおいても大きな逆風に晒されることは避けられません。

 「社名公表なんてされても誰も厚生労働省のホームページなんてチェックしていない」といった意見を聞くことがありますが、ネット社会はそんな甘いものではないことを認識し、改めて適正な労務管理の実施を進めなければなりません。こうしたサイトの事例を見て、反面教師にしたいものです。
関連blog記事
2017年5月11日「労働基準関係法令違反に係る334事案 社名等が厚生労働省のホームページで公表に」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52129314.html

参考リンク
ブラック企業マップ
https://blackcorpmap.com/
厚生労働省「長時間労働削減に向けた取組」
https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/151106.html
厚生労働省「労働基準関係法令違反に係る公表事案」
https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/180928.pdf