へるすあっぷ21 働き方改革関連法の施行まであと3ヶ月半となり、多くの企業で実務面の検討も積極的に進められています。セミナーや雑誌のテーマもすっかり働き方改革一色といった感じになっていますが、今回、健康保険組合や企業の健康管理等に携わる方をメインの読者とする雑誌「へるすあっぷ21(法研)」の2019年1月号に私の取材記事が掲載されています。

 「働き方改革関連法でなにが変わる?」というテーマで、労働時間法制、勤務間インターバル制度、産業医の機能強化などの各分野について解説しています。1時間ほどのインタビューとお渡しした資料だけでよくここまでまとめていただいたと感心するほどの仕上がりでプロは違うと思ったところです。文中には私の似顔絵まで入れていただいていますので、もし機会がございましたら是非お読みください。
参考リンク
へるすあっぷ21
https://www.sociohealth.co.jp/magazines/healthup21.html