office-620817_640 かつては学校を卒業すると、基本的には正社員として企業に就職し、いわゆる非正規労働者は補助的な労働に従事するという形が通常だったものが、近年、非正規労働者の増加により、雇用形態の多様化が進んでいます。これにより、無期転換ルールや同一労働同一賃金などの非正規労働者の労働条件改善に向けた政策が打たれるようになっています。

 そして昨年は働き方改革の中で、副業・兼業の解禁という議論が行われ、今後、副業を行う者の増加が予想されています。しかし、この年末、現実はそれを遥かに超えるスピードで変化しているということを感じる出来事がいろいろありました。

 まずはいわゆるクラウドワーカーの増加です。当社である仕事をクラウドワーカーの方に発注しました。この方は本業を持って、週末や夜に副業としてクラウドワーカーとして仕事を受けているということでしたが、その仕事のレベルは非常に高く、またメール等でのやり取りも迅速なので、ストレスを感じるようなことは皆無。そして、報酬もリーズナブル。今後、更に様々な分野でこうした方々の力を借りようと思った出来事でした。こうした労働力を活用する立場としては非常によい成果を得た訳ですが、一方では、こうしたクライドワーカーで対応できる業務というのは、徐々に報酬の単価も下がっていく怖さも感じましたし、定型作業を中心に雇用するのではなく、外部に委託した方がよいという考えが強まることで、社会全体の雇用機会が減少する危険性も実感しました。

 そしてもう一つの出来事が、大学時代のクラブの後輩と年末に飲んだときの話です。現役学生の彼はある分野のエンジニアですが、在学中であるにも関わらず、複数の企業から業務委託などの形で仕事を請け負っていました。卒業後の進路について聞くと、特定の企業には雇用されず、複数のプロジェクトを掛け持ちし、業務委託で仕事をしていくとのこと。近年、優秀な学生は大企業ではなく、ベンチャーやNPOに就職するといった話は聞いていましたが、そもそも雇用されない生き方を在学中から志向しているということには驚かされました。

 このように今後、労働の提供形態は必ずしも雇用ではなく、様々な形が生まれてくることになるでしょう。厚生労働省でも昨年、「雇用類似の働き方に関する検討会」が行われ、その報告書も出されていますが、今後はそうした働き方に対する法的保護をどのように行うのか、社会保険の仕組みをどのように適用するのかなどの議論が進んでいくことになるでしょう。また企業としては、そうした専門性の高い労働者をどのように活用していくのかも重要なテーマになっていきます。まずはクラウドワーカーとの協業を経験してみる。このあたりから始めてみられてはいかがでしょうか?


参考リンク
厚生労働省「「雇用類似の働き方に関する検討会」報告書」
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000200771.html