新入社員 来月、ある新作のセミナーを行うことになり、そのレジュメを作るために新入社員を対象とした様々な意識調査の結果を調べていました。このセミナーではそうした結果を数多く紹介し、いまの新入社員の傾向を理解して頂こうと思っていますが、そのまとめが以下の5点となります。
残業はしたくありません。仕事を生きがいにしたいわけでもありません。ワークライフバランスの時代ですから。
将来が不安なので成長したいです。会社が支援してくれるのであれば勉強します。身銭を切ってまではやりません。
リーダーになって苦労はしたくありません。人に従っている方が気楽ですから。
仕事はお金を稼ぐための手段。やり甲斐より給料をください。
条件のよい会社があればさっさと転職しちゃいます。

 本当にそうなのか?と疑いたくなる内容ですが、参考リンクにある各調査の回答の傾向をまとめるとこのようになってしまいます。人によっては「昔からこんなものであり、仕事をする中で変わっていくのだ」と考えられる方もいらっしゃると思いますが、この結果は過去に行われた同調査の結果からの比較に基づいてまとめたものですので、こうした傾向が強まっているのは間違いないように思われます。

 もちろんすべての若手社員がこのような考えを持っているということではありませんが、全体的にはこういった傾向のある若手社員が増えていると考えられます。若手社員の意識はその時々の経営環境にも大きく左右されますが、上司・先輩としてはこの傾向を理解して、若手社員と向き合っていくことが求められるのかも知れません。
参考リンク
産業能率大学「2019年度 新入社員の会社生活調査(第30回)
https://www.hj.sanno.ac.jp/cp/feature/201906/19-01.html
日本生産性本部「平成30年度 新入社員「働くことの意識」調査結果」
https://activity.jpc-net.jp/detail/mcd/activity001538.html
日本生産性本部「2017年度 新入社員 秋の意識調査」
https://activity.jpc-net.jp/detail/mdd/activity001530/attached.pdf
リクルートキャリア「就職プロセス調査(2019年卒)」
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2019/190131-01/
東京商工会議所「2019年度 中堅・中小企業の新入社員の意識調査結果」
https://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=1017670