神戸東支部 今年は全国各地の社労士会から本当に多くの研修講師の依頼をいただいていますが、2019年9月30日(月)に、兵庫県社会保険労務士会神戸東支部で研修を行うこととなりました。兵庫県会の会員であれば他支部でも参加できるようですので、多くのご参加をお待ちしております。
兵庫県社会保険労務士会神戸東支部 令和元年度 第1回研修会
他ではきけない!実践!同一労働同一賃金への対応
~中小企業の人事制度の提案と構築
日時:令和元年9月30日(月)午後3時~午後5時
会場:エスタシオン・デ・神戸
講師:大津章敬 社会保険労務士法人名南経営 代表社員
 いよいよ来春に向け、働き方改革の本命である同一労働同一賃金への対応が求められます。現在進行形で状況が刻々と変わるこの問題については、改正法や通達を理解するだけでは十分ではなく、裁判例や企業の事例なども踏まえた対応が求められることから、今後数年間、企業からの相談が急増することは確実です。そして実際にその対応を進めようとする場合には、賃金や人事評価などの人事諸制度の明確化が不可欠です。

 また実務を考える場合には、正社員と非正規従業員という典型的なケースだけでなく、今後、70歳までの就業機会確保が努力義務化される中で、定年後の継続雇用者の職務および処遇の設計についても大きなテーマとなるでしょう。そこで今回の研修では、同一労働同一賃金の問題を契機とした企業に対する人事制度構築の提案と、中小企業における人事コンサルティングの進め方の基本について分かりやすく解説します。

[お申し込み]
 兵庫県会のみなさんは以下よりお申し込みをお願いします。
https://ws.formzu.net/fgen/S57475303/