2006年07月

2006年07月29日

「Google Maps for Mobile」を発表

googleがモバイル端末向けのサービス「Google Maps for Mobile」のBETA版を公開した。Javaアプリケーションを利用すると、ユーザーは地図上で交通情報をリアルタイムで確認し、到着時間などの計算に利用することができるようだ。

やはり地図は手元のほしいよね。カーナビなんかも変わるかもね。


otsukei at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) モバイル 

2006年07月27日

グーグル、AdWordsを変更--クリック詐欺数の把握が可能に

Googleは米国時間7月25日午後、「AdWords」システムに変更を加え、広告主が自社広告における無効なクリック数を把握できるようにすることを発表した。

クリック詐欺とは、ウェブサイトのオーナーが広告収入を増やすために自分のウェブサイトにある広告をクリックしたり、競合他社の広告予算を浪費させるためにその会社の広告をクリックしたりする行為を指す。無効なクリックには偶然やってしまったダブルクリックなども含まれるという。Googleは、このような無効なクリックについては、広告主に課金しないとしているが、偶然と意志を持って押したクリックの違いをどうやって見極めるのか??非常に不思議。。
まぁ、広告主にとっては、良い改定だけど、メディアにとっては大きな痛手だよね。

業界レポートによると、クリック詐欺の占める割合は総クリック数の14.1〜14.6%が平均で、高いものになると20%に達するものもあるというから、広告主にとっては費用対効果は格段に上がる可能性があるよね。

otsukei at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) インターネット広告 

2006年07月26日

ベトナムで急成長するオンライン広告市場

現在、ベトナムではオンライン広告市場が急成長しているようだ。
広告分野ではテレビ広告が最も大きなシェアを占めており、次いでオンライン広告、新聞雑誌広告と続く。国内には1200万人のインターネット利用者が存在し、その多くが比較的収入の高い若い世代であるため、フォード、トヨタなどの大手が続々と電子新聞の各ウェブサイト上にオンライン広告を掲載しているらしい。

 専門家は、ベトナムにおけるウェブ広告市場は年間成長率100%を達成し、2010年には売上高6000億ドン(約46億円)以上になると見込んでいる。

ベトナムでインターネット広告・・・。
全くもってイメージがわかない。。
でも着実にインターネット広告があらゆる国々で一般化して来ている証拠だね。
すばらしい!


otsukei at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) インターネット広告 

2006年07月24日

主婦の友社、ファッション誌「ef」をデジタル媒体へ完全移行

株式会社主婦の友社は20日、インターネットを通じ PC 上で閲覧できる雑誌サービス「パソマガ」事業を開始。ファッション誌「ef」をデジタル媒体へ完全移行するという。ついに!!というカンジだね。
また「mina」や「SCawaii!」などの雑誌も順次パソマガプラットフォームへ投入する。これらは通常の雑誌とパソマガを共存させていく予定のようだ。

今秋以降、提供予定の既存誌パソマガ版も含め、約10ページ程度を無料の立読み部分として公開し、有料課金の時期や購読料金などを確定させる予定だ。同社は、2007年3月までにパソマガ全体で30万人の登録会員を目標。

雑誌を完全にやめて、ネットだけでうまくいくのか、ぜひ見てみたいところ。




otsukei at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) インターネット広告 

2006年07月18日

ユーチューブ利用者急増、GyaOを逆転

ネットレイティングスによると、2006年5月における日本の家庭からの利用者は、ユーチューブが約410万人、GyaOは約380万人。ユーチューブ利用者急増してGyaOを逆転したようだ。

ユーチューブは昨年2月に米国で設立されたベンチャー企業。一般から投稿ビデオを募って利用者で共有し、ネットに接続できれば誰でも無料で視聴できるサイトを運営している。

キーワードで検索するだけで好みの映像を視聴できる手軽さから視聴者が急増。サイト開設からわずか1年余りの今年3月に、米国では月間約800万人の視聴者を有するまでに成長した。

 同社によると1日に約3万5000本の新たなビデオが投稿され、毎日約4000万本のビデオが視聴されているという。

しかし、ユーチューブはロサンゼルスの著名なビデオジャーナリストが著作権違反幇助で訴えたそうです。これからどーなるのか???


otsukei at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) インターネット広告 

リーセンシー効果

リーセンシー効果とは、購買の直前に接触した広告が購買行動に影響を与える効果のこと。
商品を購入する直前の広告がもっとも効果を持たすとされる。

リーセンシー効果を高めるためには、店舗等での広告活動などが重視される。

otsukei at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) インターネット広告 

2006年07月15日

ジダンの頭突きゲーム

Something innovative thingsで発見。
面白い。。というか、よく作るね。。

ジダンのファンから怒られそうだけど。。

ジダンの頭突きゲーム

otsukei at 11:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 雑感 

2006年07月12日

日本の音楽業界を変えるか--Last.fmが日本進出

Last.FMはイギリスはロンドンから配信されるオンライン・ストリーミング・ラジオ局。特徴はなんといっても、リスナーの趣向にあった曲を予想して放送してくれるパーソナライズ機能と、お気に入りの音楽を配信することで、同じ趣向を持つ人との間にネットワークが生まれるSNS機能。
SNSと行動ターゲティング機能が一緒になった感じかな。
現在はまだ英語版しかないために、英語が出来ない俺にとっては、ちょっとストレス。。

イギリスでは大ブレイク中らしい。
このLast.fmが、エキサイトと提携して7月中旬にいよいよ日本に上陸する。
非常に楽しめそう。新しいビジネスはドンドン日本に入ってきてほしいね。


otsukei at 13:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0) インターネット広告 

博報堂DYメディアパートナーズ、ゼイヴェルと業務資本提携

博報堂DYメディアパートナーズと、女性向けポータルサイト運営のゼイヴェルグループは業務/資本提携を行い、共同で携帯電話向けのインターネット広告事業を開始すると発表。

今後、ゼイヴェルが企画運営する広告メディアについて、F1メディアが販売代行(セールスレップ)を行う。また新規メディアに関して、3社共同で開発に取り組むそうだ。F1をターゲットとした、広告商品を作り上げて女性向けクロスメディア広告市場での優位性を確保するらしい。

大手総合広告代理店はネット企業とドンドン手を組んで新しい会社を立ち上げているね。
ぜひお仕事をご一緒したいものです。


otsukei at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) インターネット広告 

2006年07月11日

セプテーニ、実際の店舗を利用したアフィリエイトサービスを提供開始

インターネット広告や紙媒体でのアフィリエイトサービスを展開するセプテーニは、リラクが運営するリラクセーションサロンを中心とした12ブランド136店舗において、サンプル商品やポスターなどを利用したアフィリエイトサービスを7月11日より、開始する発表した。

リアル店舗にサンプル商品やポスター、リーフレットなどの販促物を配布し、それらを手に取った来客者からの注文を受け付けるというもの。アフィリエイトは広告主にとって非常に優しい課金形態だよね。でもうまく使わないと、本来取れるはずの有料顧客を逃してしまう可能性も秘めている。。

otsukei at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) インターネット広告