行動ターゲティング

2010年06月01日

総務省が容認した行動ターゲティング広告

総務省が容認した行動ターゲティング広告はプロバイダーのサーバーに専用の機械を接続し、利用者がサーバーとの間でやりとりする情報を読み取り、どんなサイトを閲覧し、どんな言葉で検索をかけたかといった情報を分析し、利用者の趣味や志向に応じた広告を配信する技術だそうです。

http://www.asahi.com/business/update/0529/TKY201005290356.html

otsukei at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年07月11日

ライブドア、行動ターゲティング広告を展開

ユーザーのサイト閲覧情報や検索キーワード情報を照会し、不動産・金融ライブドアが設定する12のジャンルに合わせ、ライブドアの各サイトでユーザーに適した広告掲載を行う。

ドリコムの技術を採用した「livedoor ad4U」では、ウェブブラウザの基本機能を活用することで、従来の行動ターゲティング広告に比べ、より多くのユーザーの興味や関心に合致した広告掲載が可能になるという。


otsukei at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月24日

楽天がドリコムと提携

ドリコムは主力ビジネスのブログ事業に加えて、行動ターゲティング広告を新たなビジネスの柱とすべく開発を進めてきた。
楽天とはこの新事業の実験を共同で行っており、今後は楽天グループのサービス上で事業化させる計画だ。海外展開も視野に入れているという。


楽天ユーザーの行動履歴を使用した行動ターゲティングが実装することが出来たら面白いね。そもそも楽天ユーザーはお金を使うユーザーがたくさんいるわけだから。。

EC系や楽天ユーザーの属性にマッチした広告主の広告出稿が可能になれば、一気に行動ターゲティングへの関心がたかまるね!

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ

人気ブログランキングへ

otsukei at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月25日

購買意欲を刺激する行動ターゲティングLPO

otsukei at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月20日

個人向け行動ターゲティング広告掲載サービス「BTパートナー」

マイクロアドは、行動ターゲティング広告の掲載料を支払うサービス「BTパートナー」の提供を開始した。

このサービスでは、サイトの品質が高いサイトには、高い広告掲載料を支払う制度「サイトランク」のしくみを採用。

サイトランクは「BTパートナー」を利用しているWebサイトに対する広告掲載料を決定する独自の数値で、広告出稿主の期待する効果が高いサイトが評価され、サイトランクが上昇する。

サイトランクが高いサイトでは、最大で1クリック100円という収益を得ることができる。

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ

とれまが人気ブログランキング

otsukei at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月15日

マイクロアド、サイト運営者がオリジナルの行動ターゲティング広告を配信できるサービスを開始

マイクロアドは、メディア運営企業に対して同社の行動ターゲティング広告配信技術の提供を開始することを発表した。

マイクロアドの技術を活用することで、ウェブサイトやブログを運営する企業は自身のサイト上でオリジナルの行動ターゲティング広告の配信を開始することができる。

マイクロアドは、純広告の空き枠や別のスペースを使って行動ターゲティング広告の配信を開始することで、収益の最大化をねらうといった活用も可能だとしている。

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ

とれまが人気ブログランキング

otsukei at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月08日

アドバタイジングドットコム・ジャパンが行動リターゲティング広告「Advertiser LeadBack」を開始

アドバタイジングドットコム・ジャパンは2月7日、米Advertising.comのLeadBackテクノロジーを用いた行動リターゲティング広告の新サービス「Advertiser LeadBack」の提供を開始した。

広告主サイトに訪問したことがあるユーザーが、アドコムのオンライン広告ネットワーク「Advertising.com Network」内のウェブサイトを訪問した際に、再び広告主サイトを訪問するよう優先的に広告配信を行うサービス。

広告主のサービスや商品に関心をもち、過去に広告主サイトに訪問していながら、購買や申込といったアクションに至らなかったユーザーに対し、広告主サイトへの「再訪問を促す(lead backする)」ことで、広告主が求める成果に効果的に近づけることができるとしている。

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ

とれまが人気ブログランキング

otsukei at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

DACが日経サイトで行動ターゲティング広告をスタート

DACは、「NIKKEI NET」と「nikkeiBPnet」を連動させたもの。
広告主は、両サイト上での行動履歴情報に基づき「クルマ」・「ライフスタイル」・「すまい」・「金融」の4つのカテゴリーにセグメントされたユーザーの中から、商材にあったユーザーを抽出し、広告を配信することができる。

両サイトの月間ユーザー数は、「NIKKEI NET」が800万人、「nikkeiBPnet」が220万人。

にほんブログ村 ネットブログ ネット広告・ネットマーケティングへ

とれまが人気ブログランキング

otsukei at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月06日

CGMマーケティング、SNSサイトへの広告配信を2008年にスタート

CGMマーケティングは、SNSエンジンをオープンソースで開発する「OpenPNE(オープンピーネ)プロジェクト」と協力し、主に個人が運営するSNSサイトへの広告配信事業を2008年1月中旬から開始する。

 広告配信には、ブログなどのCGM向け広告マッチングを行う「AD-Butterfly(アドバタフライ)」を活用。これによって、AD-Butterflyを利用する広告主は、広告の掲載(配信)媒体をブログだけでなく、SNSサイトからも選択可能となる。

otsukei at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月27日

マイクロアド、行動ターゲティング広告でクリック課金型を開始

マイクロアドはクリック課金型の行動ターゲティングを開始した。

今回提供を開始するMicroAd行動ターゲティングでは、インプレッション課金型の商品が主流の中、クリック課金型を採用し、より効率的に広告効果を出す商品として差別化を図るとしている。

ユーザーの閲覧履歴や検索ワード、クリックした広告などを元にユーザーの志向を捉え、それに基づき最適な広告を配信するため、クリック率(CTR)などの広告効果を高めることができるという。



otsukei at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)