2007年02月20日

商工会議所青年部全国会長研修会いしかわ加賀会議

どうも、体温がもっと思い通りにならないものかと思う四代目です。


さて、表題の会議が16日、17日に行われました。

16日の山代の夜は涌いた涌いただったそうです。

僕もなんの因果か舞台袖で話をちょこちょこ聞いていました。


考えてみれば、商工会議所の事って全然知りません。

沢山いる職員が何の仕事をしているのか、お金はどっから出てくるのか、会員になるとどんなメリットがあるのか。

全然知りません。

国の出先機関じゃないですよね??

ちょくちょく顔を出しているのにまったく興味がなかった僕ですが、話を聞いているうちに判ったことが。


どうやら商工会議所とは地域の中小企業の代弁者であり、中小企業のサポート役らしいです。

しかし、現状、都市と地方の格差は開く一方。大企業が軒並み過去最高の利益を出している中、多くの中小企業は悲鳴をあげています。

これではいけない!


ということで、青年部(50歳未満)活動が広がっているようです。

もっと政治に圧力を掛けよう!地域の活力を取り戻そう!

地域ブランドを創りあげよう!

以上の様な感じです。(間違ってたらごめんなさい)


地域ブランドと言えば「おったから祭り」

今月の27日に粟津温泉で説明会が開かれます。



ottakara at 13:32│Comments(4)TrackBack(0)ニュース 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事へのコメント

1. Posted by いしかもめ   2007年02月20日 13:33
オイラは来賓で呼ばれて、かなりな孤独感だったよ。
2. Posted by くるまや   2007年02月21日 00:08
4代目も青年部にお入りになられたようで、ますますがんばって、地域ブランドを創造してください。ところで40代でも青年なんですね。人生は長い。若さとは年齢ではなく、精神のありようなんですかね。(どっかできいた)
3. Posted by 四代目   2007年02月22日 11:13
>いしかもめさんこんにちは

周りは山中の人たちでしたからね。
4. Posted by 四代目   2007年02月22日 11:21
>くるまやさんこんにちは

塩野七生氏によると20代は若年、30代は青年、40代は壮年、50代は老年らしいです。

20代で種を植え、30代で芽が出て、40代で育て上げ、50代で刈り取ると。

40代で若者らしくはちょっときついので、壮年部に変更したほうがいいのではないかと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
コメントいただきました!
ご来店ありがとう

記事検索
楽天市場