今日は、時間を作ることができたため、急遽シーガルズの入替戦を観てきました。

1stレグは、シーガルズのホーム。
厚木市荻野運動公園競技場での開催。
ほぼ、シーガルズサポーターで多くの観客がメインスタンドに陣取っていました。PC061832



前半は、風上に立つアンクラスさんに長いボールを早めに入れられ、セカンドボールを拾えなかったりで、かなり押し込まれ、苦しい展開が続きました。

やはり、上位リーグで長く戦っている相手は、判断の速さ、ボールスピード、が上回っているように見えました。

シーガルズは、なんとか凌いで、時折左サイドの突破からチャンスを得ますが、決めきれませんでした。

ここまで、攻め込まれながらも粘り強く守り抜いてきましたが、
前半終了間際に、ミドルシュートをGK 浅利真耶選手の手の届かない高さへ打ち込まれて失点。

厳しい状況のまま前半を終えました。PC061848


後半は、シーガルズが風上に。
開始直後こそ、アンクラスさんに攻め込まれましたが、すぐにシーガルズが攻勢に。

選手達の距離感も良くなってきたのか、セカンドボールも拾える様になり、右サイドからの攻撃も有効に機能するようになってきました。

何度かの得点機を逃してしまいましたが、攻勢が続き、得点は時間の問題という感じで後半が進んでいきました。

歓喜の瞬間は、76分。

#5 田中景子選手のシュートのこぼれ球を、#11 吉田瑞季選手が押し込み、同点に!PC061851


ほぼ、横浜で埋められたスタンドは、歓喜の渦に。

その後も、シーガルズ攻勢のまま試合は進みますが、左サイドからの攻撃で何度かピンチを招くも大事には至らず、そのままフルタイム。

1stレグは、1-1 のドローで終わりました

前半を終えた時点で先行され、ほぼ相手の攻勢にさらされていたことから、厳しさを感じましたが、後半はそれを跳ね返し逆にシーガルズのゲームでした。

勝ち切るチャンスもありましたが、十分に戦える手応えを得ることが出来たのではないでしょうか。PC061855



来週、福岡での2ndレグ。

単純に勝った方が、来季なでしこ2部。

余計な計算は不要!
勝てばイイんです。

勝って、一つ上のステージに上がりましょう!

福岡まで応援には行けませんけれど、朗報を待ってます。

(ドローはスコアレス以外であればシーガルズ昇格! 1-1は延長→PK戦)PC061875



公式記録はコチラ
吉田瑞季選手のユニフォーム?
背番号(右胸の番号も)が??
どうしちゃったんでしょう???PC061841
PC061852



プレナスなでしこリーグ2部、チャレンジリーグ入替戦第1節
横浜FCシーガルズvs福岡J・アンクラス
@厚木市荻野運動公園競技場

横浜FCシーガルズ 1(0-1)1 福岡J・アンクラス

<得点者>
44分 藤澤 真凜
76分 吉田 瑞季

<観客数>
545人
-----------------------

<横浜FCシーガルズ>
[先発]
GK 21 浅利 真耶
DF 8 宮下 七海
DF 3 金澤 真美
DF 5 田中 景子
DF 4 山本 茄奈
MF 19 佐藤 渚
MF 18 中居 未来
MF 14 牟田 佳織
MF 20 石原 愛海
MF 7 山本 絵美
FW 11 吉田 瑞季
[サブ]
GK 1 出口 春奈
DF 2 今井 さゆり
DF 6 千田 満里奈
MF 13 石原 美聡
FW 10 柴田 真奈未
FW 9 田中 唯

監督 中村 宏紀
-----------------------

<福岡J・アンクラス>
[先発]
GK 1 岸 星美
GK/DF 13 丸形 梨恵
DF 10 花田 亜衣子
DF 3 伊藤 知沙
DF 14 藤澤 真凜
MF 9 福井 しほり
MF 5 堂下 弥里
MF 6 浮田 琴音
MF 19 矢次 亜佳音
MF 8 藤本 優希
FW 2 柳田 詩織
[サブ]
DF 23 平田 光佐登
DF 22 小松 美里
MF 7 土井 成実
FW 15 小林 菜津美

監督 山口 剛