気になる本日の一曲です。


Ed Sheeran - Thinking Out Loud
エド・シーラン   シンキング・アウト・ラウド


2016年2月15日(日本時間16日)に米ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催されていた第58回グラミー賞の最優秀楽曲賞が発表され、エド・シーランの“Thinking Out Loud”が受賞した。
なお、エド・シーラン“Thinking Out Loud”はこのほか最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞も受賞している。
この情報を知る前から、この英国の若手シンガーソングライターの存在を知り、特に本曲には関心をもっていたのです。ポール・マッカートニーも認めるシンガーだというのを聴くとなおさら注目せざるを得ません。

あまり、彼のことを知りませんので、ワーナー・ミュージック・ジャパンのホームページより、彼の紹介記事がありましたので引用します。

イギリス出身。2011年9月にデビュー・アルバム『+(プラス)』をイギリスでリリースし、ヨーロッパ諸国やオーストラリアで大ブレイク。イギリスだけで180万枚以上を売り上げる。その後、2012年6月に北米で同作をリリース。アメリカでも60万枚以上を売り上げ、ゴールド・ディスクを獲得。第55回グラミー賞では「The A Team / Aチーム ~飛べない天使たち~」が最優秀楽曲賞にノミネート、今年開催された第56回グラミー賞でも最優秀新人賞にノミネートされるなど、世界中から注目を集めている。ここ日本にも単独公演を含め4度来日。彼のライヴはコーラスも含め、すべてをたった一人で演奏しきる。FUJI ROCK FESTIVAL '12ではスタンド・マイクが2本と最小限の機材が置かれた、あの広いグリーンステージにアコギを抱えて1人で登場し、圧巻のパフォーマンスで観客を魅了した。最新アルバム『x(マルティプライ)』は、英米アルバムチャートで1位を獲得。

人生の多くの部分を共に分かち合える人に巡り合えることかできれば幸せですね。
そんな人を想いうかべながら聴くことにしましょう。

彼は、若いが流石に聴かせてくれます。今後も要注目です。

「昔のように足をうまく動かせない
君の抱きかかえてやることもできない
そんな時でも 2人でしたキスで
君の口もとは僕の愛の甘さをまだ覚えているかい
君は頬からほころぶ本当の笑顔みせてくれるかい

ダーリンきっとその時も
愛しているという気持ちは変わってないよ
お互い70になったってこの気持ちは変わらない
23の今と同じだよ

考えているんだ
みんなどんな不思議な縁で
恋に落ちるんだろうなって
ちょっと手が触れたとか
自分はどうかと考えると
その人を好きにならない日はないって
そういうことになるかな
とにかくそれだけは君につたえたいんだ

さあだから
その愛しい腕で僕を抱きしめて
満天の星空の下でキスをして
胸に頭をおいて 鼓動を聞いて欲しい
こうやって
つい口に出して考える
多分ふたりはあるがままの自分たちを
互いに愛しあることできたんだ

髪の毛が薄くなり
記憶も薄れてきて
周りからも忘れさられ
ギターだって今のように
上手に弾けなくなったとしても
それでも今と変わらずに
君が僕を愛してくれるって
ちゃんとわかってる

だってその魂は年をたらないで
今とずっと変わらずに若いままだから
君の笑顔は僕の心や記憶の中はいつまも変わらない

考えているんだ
みんなどんな不思議な縁で
恋に落ちるんだろうなって
だけど多分それだって
最初から決まってたことなんだ
これからも同じ失敗を
きっと何度も繰り返すけど
どうか分かってほしい

・・・・・・・」




よろしければ応援の1ポチを

人気ブログランキングへ

コメントもいただけると嬉しいです。