DRM解除と動画保存

DRM解除やストリーミング動画保存に関するツールやソフトについて紹介しています。

デジタル著作権管理(DRM)って知ってますか?

最近では、みなさんipodなどで音楽をダウンロードして聞いたりしてますよね。

そのダウンロードしたデータはみな「デジタルデータ」ということになります。

そして、そのデータを簡単に複製して利用したりできないようにする技術のことです。

一昔前はレコードを買ったらカセットテープに録音して、、、、。

ということが横行していましたが、あれってけっこう音が劣化するんですよね。

カセットテープはのびちゃうこともありますし。

それと違ってデジタルデータはコピーしてもコピーしても劣化しないのが特徴です。

しかも、ソフトなどでDRMを解除して、インターネットを使って大量にコピーをばらまくこともできるのですから、著作物を持っているミュージシャンの人たちにとっては死活問題なんだと思います。

さまざまな技術が生まれているようですが、なにしろデジタル機器というのは本当に幅が広く、再生機能を制限するにも限りがあるというのが現実のようです。

このままではミュージシャンは違法コピーに収入をもっていかれてしまう可能性もあるとか?

デジタル著作権管理は今後早急に機能させていかないと音楽産業そのものが衰退してしまいそうでとても心配です。

日本では、お金を稼ぐことがあたかも”悪”であるとメージする人が多いものです。
一方で、欧米では自分でお金を稼ぐことが、ごく普通の経済活動であると認識されています。

この文化の違いを考える上で、漫画「ドラえもん」は非常に有効なツールです。
ドラえもんでは、様々な人物が登場しますが、注目すべきはスネ夫のキャラクターです。

スネ夫はのび太のクラスメートで、父親が会社の社長を務める、いわゆるお金持ちの息子です。
彼は虚言癖があり、弱者に対しては偉そうだが、強者に対してはゴマをする悪者の設定になっています。

ドラえもんとよく似た漫画「キテレツ大百科」にも、トンガリというお金持ちの息子が登場しますが、
嫌みを言ったり、よくお金の自慢をしたり、マザコンだったりと、幼児教育において彼のイメージも良いものではありません。

つまり、お金持ちは性格が悪いというイメージを漫画上で設定されているのです。
特にドラえもんは、1980年代から大人気のテレビアニメとして日本全国に放映され続けているわけですから、

日本の文化や思想にマッチしたストーリーになっていることが想像できます。
すでに世界的に知名度が高いドラえもんですが、アメリカでは知名度が非常に低いことをご存知ですか?

理由は様々ですが、大きな要因の一つとしてスネ夫のキャラクター設定に問題があるようです。
個人の自由な経済活動がスタンダードであるアメリカにおいて、お金持ちはリスペクトされる存在です。

また、お金持ちのイメージを損ねる可能性のあるドラえもんに対しては、国の立場として否定的な見方が強いのです。

このように、日本と海外ではお金に対するイメージは異なっており、それは伝統的な漫画に象徴されているのです。

あらためてコレは優れものだな~と感じています。

①まずはその除去能力
3分ほど歯磨きをしてから使っているのですが、それでも食べカスが流れ落ちていきます。
ちゃんと歯磨きしているのに、なぜ虫歯ができるのだろうと不思議に思っていましたが、合点がいきました。当然ですね。

②口臭予防
特に奥歯の歯間にジェット水流を当てるとよくわかりますね。臭いんですよ、流れ落ちる水が・・・
歯磨きだけで口臭を完全に予防するのは難しいのでは ないかと思います。

③続けられる
歯間ブラシが良いということは分かっていますが、歯磨きの後に一手間増えるという感覚が強くて、なかなか続けられないという問題 がありましたが、ドルツ・ジェットウォッシャーは水をタンクに入れればあとは口に含むだけなのです。
さらに、食べカスや臭い水が流れ落ちるので成果が分かりやすいので、続けやすいのが魅力です。

ただし、この時期の冷水は歯にしみるので、ぬるま湯がベストです。
一度おためしあれ! 

気に入ったテンプレートがなかなか見つからない。同じテンプレートを使用している人が多数いる。手持ちのテンプレート数が少ないので選択肢に迷う。

サイトを運営者なら一度はこういった悩みに直面すると思います。

これをすべて解決してくれるのが、ホームページテンプレートのクラウドテンプレートです。

HTMLテンプレートなら1125種類が使い放題(2014年2月4日現在)のクラウドテンプレート・ゴールドプランと、WordPress テンプレート1098種類が使い放題(2014年2月4日現在)のワードプレス・プラチナプランとが用意されています。

なんと1テンプレートあたり26円前後となる計算です!

これだけあれば、メインサイトにはもちろんサテライトサイトのテンプレートにも困ることはありません。
自分では思いつかない・作成できないようなデザインプレートが使用できます。

ホームページのデザインが、成約率や滞在時間などに大きく影響しますので、飲食店の経営において、新規サイト立ち上げ時はもちろん、既存サイトのてこ入れにもおすすめします。

ほぼ全てのテンプレートがW3C準拠の正しいソースで記述されています。現状ではSEOには直接関係しないとされていますが、今後はどうなるか分かりませんし、実は効果があると私は考えています。

アフィリエイターの方や、制約の多い無料のホームページテンプレートを利用している方にもぜひおすすめします! 

仕事で栄養士をしている私にとって、栄養価計算をするパソコンソフトは必需品です。

栄養価計算だけが栄養士の仕事のように思われることがありますが、栄養価計算は給食を提供したり管理したりするために行う最初の業務にすぎません。

そこから病気ごとの献立にアレンジしたり、材料を注文したり、調理師への作業手順の書類や簡単に痩せる方法を作成します。

そのため、栄養価計算だけができれば良いわけではなく、発注書類を始め業務に必要な書類が献立作成と同時に完成するものがベストだと思い、これまでいくつかの栄養価計算のソフトを利用してきました。

残念ながら、そう安いものではないため、買い換えるのに苦心しましたが、栄養士仲間の職場で使っているものや資料請求出来るものは電話やインターネットで問い合わせして、今のところ東洋システムサイエンスという会社のカロリーメイクに落ち着いてます。

栄養価計算のソフトは様々な種類の物があり、それぞれに一長一短があります。

このカロリーメイクは購入するときに、プリントアウトしたりエクセルに保存して加工できるようにしてもらいました。

職場で必要な書類の様式を全てオプションでカスタマイズしてもらい、とても便利です。    

料理ごとに調理手順の書類を登録できる機能が一番気に入っています。

また、献立は数年分、登録しておけるため、繰り返し献立を利用するときに、前回いつ実施したかもすぐにわかるのが便利です。

最近とても気に入って使っているのが「Alfred」というランチャーソフト。

ランチャーソフトというのは、パソコンに入っているなにかのソフトを起動させたり、特定のファイルを開いたりするのに、すばやくアクセスするためのソフト。

このランチャーソフトを使うと、いちいちソフトやファイルを探して、たくさん並んでいる一覧から選んでダブルクリックして起動するよりも、ずっと早く作業を開始することができるようになる。

私が使っている「Alfred」の場合を説明すると、Alfred自体は基本的にパソコンの電源を入れたときから常駐して起動しているので、どんな作業をしているときでも「alt+space」を押しさえすれば、「Alfred」の画面を呼び出すことができる。

そうすると最前面に簡素な空欄の入力ウィンドウが表示されるが、そこに起動させたいソフトの名前や、開きたいファイルの名前を入力すると、候補リストがあらわれるので、あとは矢印キーで選ぶだけ。

その名前も1、2文字の頭文字の入力だけで、ほとんど第一候補に表示されるので、非常に便利。

動画の再生といえば、「VLC」というプレイヤーがわりとメジャーなかんじがするが、自分の場合は「MPlayerX」という動画再生プレイヤー(音声も再生可能)をメインで使用している。

なぜ、VLCではなくて、MPlayerXなのかというと、それはレジューム機能がついているから。

レジューム機能というのは、動画を途中まで見て、その後、ふたたび再生したときに、その途中のところから再生をしてくれる機能。

この機能があるとないのとでは大違い。

動画などを見る際に、それが5分程度の短い動画であれば、レジューム機能などなくても特別問題は無い。

しかし、30分とか1時間以上ある動画となるとどうか。

60分の長さの動画を30分まで見て、ちょっと用事ができたので、続きを見るのは明日にしよう……というときに、レジューム機能がないと、翌日その動画を再生したときに、いちばん最初から始まってしまい、自分でいちいちクリックして開始位置を調整しなければいけなくなる。

しかし、MPlayerXはレジューム機能があるので、自動で見た途中から再生してくれるので便利というわけ。

ニキビができやすい体質だったので、色々な洗顔を試してみました。

薬用ニキビケア製品も使ったのですが、一番効果があったのは洗顔の仕方を変えたことでした。

石鹸タイプの洗顔剤を、泡立てネットを使って丹念にきめ細かく泡だてます。

それを軽く顔の表面に乗せるような感じで、ゴシゴシとこすらずに肌に染み込ませます。

ニキビの出来やすい箇所は入念にやりました。

それを繰り返すようになってから、ニキビのできる確立が減ってきました。

後は、日中でも軽めの水洗いなどをして少しでも清潔に保てる工夫をしています。

食事も、意識的に油っこいものを避けたり、あとは健康食品のようなもので一食分を代用するなりして、食事量を無理なく減らしました。

そうすることで、健康的かつお肌にも良い生活が送れます。

最後に、出来るだけニキビを気にしないメンタルを持つのも大事です。

意識しすぎるとストレスにもなりますので、出来てもしょうがない治るんだからと気楽に構えるべきと感じました。

↑このページのトップヘ