SIMフリー端末の基礎知識

SIMフリー端末とは

SIMフリー端末とは一体どのような物かご存知ですか?

 

これまで携帯電話を利用するためには携帯電話キャリアと呼ばれる携帯電話会社と契約を行う必要がありました。

 

携帯電話会社はSIMカードを発行し、携帯電話端末に装着することで携帯電話機能を利用できるサービスを提供してきました。

 

これまでは携帯電話会社ごとに利用できる端末が決まっていたため、それぞれの会社の携帯電話やスマートフォンを相互利用ができませんでした。

 

海外では携帯電話会社をユーザーが自由に選択できるようになっていて、携帯電話やスマートフォンに装着するSIMカードを差し替えて利用できるSIMフリー端末が主流になっています。

 

この流れを受けて登場したのがSIMフリー端末です。

 

スマホで副業する女性

 

SIMフリー端末とは前述のように携帯電話会社に関わりなく自由に回線を選択できる端末のことです。

 

日本の総務省は携帯電話料金を割安にするためSIMフリー端末の普及を目指す努力を払っています。

 

しかしながら現在日本の携帯電話会社が販売しているスマートフォンや携帯電話機にはSIMロックがかけられているため、契約した携帯電話会社の回線以外のキャリアが提供するSIMカードを装着しても通話やインターネット通信はできません。

SIMフリー端末なら自由に携帯電話会社を選択できる

それに対抗する形で登場したのがSIMフリー端末です。

 

SIMフリー端末を購入すると、どこの携帯電話会社であってもSIMカードの認識ができるため、ユーザーが自由に携帯電話会社を選択できます。

 

近年急速に増加しているMVNOと呼ばれる格安携帯電話会社も選択肢に入れられるため、携帯電話料金の節約も可能です。

 

携帯電話キャリアと比較すると月額利用料金を50パーセント以上節約できます。

 

海外に頻繁に出かける人なら、渡航先の携帯電話会社が提供するSIMカードを装着することで、電話やインターネットが利用できます。

 

携帯電話会社各社も販売している携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除サービスを提供するようになり、携帯電話会社やMVNO各社との価格競争が進み今後さらに携帯電話料金が割安になるのは確実です。

SIMフリー端末とキャリア端末の違い

携帯電話やスマートフォンにはSIMフリー端末とキャリア端末の2種類があります。

 

両者の違いを理解することで、SIMフリー端末を購入するメリットがわかります。

 

SIMフリー端末とキャリア端末にはアンドロイド端末、iPhone、ガラケーがあります。

 

アンドロイド端末は、機能、見た目ともに同じです。

 

ソニーのXperiaを例にしてみると、SIMフリー端末、キャリア端末ともに外見、使用方法は全く同じです。

 

キャリア端末の場合、ドコモ、ソフトバンク、auが提供するキャリアメールを使用できますが、SIMフリー端末ではキャリアメールは使用できず、Gmailを使用することになります。

 

大きな違いはキャリア端末は他社のSIMカードを利用できない点です。

 

キャリア端末は一定期間使用することで、SIMロック解除を行えます。

SIMフリーのiPhoneとは

iPhoneもアンドロイド同様、外見、機能ともに全く変わりません。

 

携帯電話キャリアが提供するiPhoneはキャリアメールが利用できるため、これまで長年使用してきたメールアドレスをそのまま利用できます。

 

メールアドレスを変えたくないという人は、携帯電話キャリアが提供するiPhoneを使用するメリットが大きいですが、メールアドレスにこだわらないのであれば、SIMフリーのiPhoneを利用するメリットが高いといえます。

 

SIMフリーのiPhoneは海外でも使用できるだけでなく、捕捉できる電波の周波数が多いため、使用できる国や地域が多いという特徴があります。
海外渡航を頻繁にする方であれば、SIMフリーのiPhoneを利用するメリットは大きいです。

 

携帯電話キャリアが提供するiPhoneは日本国内だけでなく海外でのSIMロックされているため、SIMカードを入れ替えて利用することはできません。
2015年10月の時点では携帯電話キャリアが提供するiPhoneについてはSIMロックの対象になっていないため、アンドロイド端末のようにSIMロック解除を行って他社のSIMカードを入れることはできません。