ブラシレスジンバルAIRHD5D エンコーダー化 完成 5

とりあえず、テスト動作・セッティング作業に入れました(・∀・)

電源周りのパーツがまだ届いていないので、仮組みですが…
エンコーダーを装着し、こんな感じで配線しました。

_MG_0087
 PITCH軸

_MG_0088
 YAW軸

_MG_0089
 ROLL軸

_MG_0085
 基盤周り
 


ジョイスティックは、思うところがあって3mのケーブルを付けています。(ジブアームに取り付けたり、色々したいので)

やっぱり編組チューブは、イイね(・∀・)
配線がキレイに丈夫にまとまるわ。

ROLL軸のチューブだけ太いの使ったけど、必要なかったわ…細い奴で大丈夫だわ。
(後日、入れ替えるわ)

で…
JST-SHコネクタのカシメ(細かすぎて、老眼鏡が必要)は断念。

_MG_0071

細けー(´Д⊂ヽ

ちなみにQIだって細かいぞ
_MG_0069
_MG_0065
 
じゃーどうしたの?と言えば…

SHコネクタ付きケーブル(今回は、前に使っていたもの)を使いました。もちろんネジレ等で傷んでいるので、短く切って、QIコネクタで繋ぎました。

_MG_0072

こういうこと(・∀・)


やはりエンコーダー化するなら、カシメは必要ですな(;・∀・) 


将来的には、YAW軸エンコーダーカバーの3Mネジ穴(タップ済)を活用して、雲台用のプレート(アルミ製プレートにドリルで穴あけてM3タップを切る予定)をネジ止めして、 ジブアームやスライダーや、その他に固定出来るようにします。



続きを読む

おっちゃんこottyanko  at 21:19  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ブラシレスジンバル | 工作 

ブラシレスモーター DYS GM60-80T へのエンコーダー装着成功 5

難儀していたブラシレスモーター DYS GM60-80T へのエンコーダー用マグネット装着ですが…
硬いPOM(ポリペンコアセタール)の加工(うまく切れない、うまく削れない)で心が折れたので、水道用こまパッキン(118円 厚さ3mm 外径φ14 内径φ3.8 材質:耐熱剛性ゴムEPDM)買ってきた… 


POM、厚さ5mmまでは削ったんだが…(;・∀・) もう嫌。・゚・(ノД`)・゚・。

なかなか真っ直ぐ切れないし、削って修正するにも、なかなか硬いし…穴あけも難儀しそう(´・ω・`) タップ切るわけじゃないから、ゴムでいいよ(´・ω・`)

BlogPaint
_MG_0038


マグネット用の穴はφ3.8mmじゃ狭いので、電動ドリルで穴を少し広げました。ゴムなので少し狭い方が押し込んで固定出来る(・∀・)

BlogPaint


ネジ穴あけるのめんどいので、軽く接着w


BlogPaint
 


今までの苦労は何だったんだ?(; ・`д・´) 最初から水道パッキン使えば良かった…。・゚・(ノД`)・゚・。

モーター直付だと少しエンコーダーセンサーに干渉するかもしれないから、モーターとエンコーダーカバーの間にワッシャーかましてエンコーダーを少し持ちあげる、おいらの場合フレーム挟むので丁度いいのだ(・∀・) 

BlogPaint
 
続きを読む

おっちゃんこottyanko  at 03:25  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ブラシレスジンバル | 工作 

DYS GM60-80T と BGM5208-75 のエンコーダー化に悩み中 2

ブラシレスジンバルエンコーダー化大作戦、泥沼化しちょります(´・ω・`)
おいらのAIRHD5D(下の機器、知人から安く買った)にマグネットロータリーエンコーダーを装着して、コントロールの精度を高め、モーターパワーを無駄なく使うことで安定性向上を狙います。
今日はそのモーターにマグネットロータリーエンコーダーを付けるお話(付かなかったお話)

IMG_4620


と…とりあえず、GM60-80Tを分解した際に切ってしまった配線と、新しい端子の装着は無事完了(`・ω・´)ゞ

無事…(´・ω・`)…
(´Д`)ハァ…


その為に買ったもの…↓










コレ見て勉強
もっと詳しくは…ハンダ付け(半田付け)職人の はんだ付けblogを参照のことw 

なんとかGM60-80T組み上げましたわ…(分解ついでにベアリングをグリスアップしといた)

で、エンコーダーを付けようと色々買っておいたものが、企み通りいかなくて…
BlogPaint
 


で、結局…eijiさんの改造を参考に先ほどポリペンコアセタールを注文(´・ω・`)



こいつを丁度いい厚さにカットして、ネジ穴をあけてマグネットを固定するわ(´・ω・`)
φ5の円柱・径方向磁化マグネットとか、ねじ付管筒は無駄になってしまった。・゚・(ノД`)・゚・。 

そして配線の見直しも同時並行で行う…

前々回、ラジコンのサーボ延長ケーブルを買ったんだけど、これも見直し…
色々チェックすると、ケーブルの痛みや取り回しの関係上、やり直さないとダメな状態だったので…腹を決めて、ケーブル買ってカシメ工具買って圧着端子買って、全部ガチでやることにしました。・゚・(ノД`)・゚・。


なんか、楽に付けようと企んだ事がことごとく外れる。・゚・(ノД`)・゚・。


工具はAmazonが安かったので通販ポチッと(`・ω・´)



あとは秋葉原を彷徨い…


Harmonet 編組チューブ φ3mm (1m) 【KBT-3】
価格:306円(税込、送料別)




3芯(モーター用)4芯(センサー用)6芯(ジョイスティック用)を買い、φ3とφ6の編組チューブを買い、その後コネクタ探しの旅へ…

QIコネクタ(2550コネクタ)や熱収縮チューブセットは楽に入手可能なんだけど…
1ピン(基盤用 1ピン×3でも代用可能)、3ピン(モーター・エンコーダー用)





QIコネクタの圧着

センサーやジョイスティックについているコネクタは何者?(´・ω・`)
コネクタの見分けがよくわからんので、ニッパーで配線ぶっちぎってサンプルとして、秋葉原を彷徨って「コレと同じもの下さい」と彷徨ってきたわ(´Д`)ハァ…

BlogPaint
 


お店のメス穴に、持って行った俺のオスを代るがわるぶち込んで、ようやくフィットする穴を見つけてやったぜ! (いやらしい表現だw)

JST-SH という規格の基板対電線接続圧着コネクタだった。
見分け方に役立つ特徴は、ピッチ(ピンとピンの間隔)が1mm、横にスリーブ といった所かな。
コンタクトもハウジングもベースも買ってきたので、雑な作りは全部やり直すわ(´・ω・`)
(もう1つのセンサが配線を直接半田しているので、ベース付けるわ…)
 

極小端子を精密圧着

なんか、写真ブログらしからぬ記事…(;・∀・)
 続きを読む

おっちゃんこottyanko  at 02:12  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ブラシレスジンバル | 工作 

ブラシレスモーター GM60-80T 分解 (ブラシレスジンバル、エンコーダー化 大作戦) 1

ブラシレスジンバル、エンコーダー化大作戦、更に大事になってます(´・ω・`)

昨日注文していたタップは、もっと時間がかかると思っていたら翌日に到着。
カバーのタップ切りはスイスイ完了(`・ω・´)ゞ

前回指摘していたカバー(4つの皿ネジ穴の内、1つはM3ネジが入って、もう1つはガバガバで、残り2つが入らなかった)ですが…タップが切っていなかったのではなく、仕上げていなかったのか?仕上げたあとの塗装でネジ谷を埋めてしまったのか?削りカスも僅かでした(´・ω・`) 切削油使うほどでもありませんな(・∀・)
(切削油は、この程度の作業だとサラダ油で代用可能。CRC556だとちょっと粘度が足りないけど代用可能)


多分、タップは仕上げ用の「上」だけで済むかと思います。(通常は、先→中→上)
それにしても、タップ切りなんて中学の技術の授業以来だわwww


米Amazonでも売ってた(*・ω・)ノ

Ebayだと3つで$89.50、Amazonだと1つ$38.0。



こちらはおなじみのタイプ(カバーなし)
これも米Amazonで取り扱いされてた

あとは、Pitch軸固定の爪が干渉している部分をヤスリで削ってやれば、なんとかなりそうです。
_MG_0018
コレですよ、コレ
ゴリゴリ削ればなんとかなりそう(・∀・)  

それよりも、問題は配線なのです(´・ω・`)

まず、モーターシャフト内を通っていたケーブルを抜くのに悪戦苦闘。結局、モーターをフレームから外し、ゴニョゴニョしてようやく外せた…(特にコネクタがバラになっていない3S、4S端子が付いていると、なかなか抜けません)

いっそのこと、ニッパーで切って繋ぎ直してやろうか!との誘惑が…
いや、多分、それが一番手っ取り早いでしょう(´・ω・`)

つまり…カシメ工具が必要という事なのです( ;∀;)
(モーターはともかく、センサーは片方がコネクタ2個、もうひとつはなんと配線を半田付けだったので)
それをやりたくないから、(工具買いたくないから)QIコネクタのロングケーブルを探しに行ったのに(´;ω;`)


さて、外したケーブルを見ると…
酷いもんです(´;ω;`)

ネジレてヨジレて、一部皮膜が剥げていたり…
もう、断言します。

ブラシレスジンバルの
センサーケーブル・モーターケーブル・コントローラケーブルを
見た目重視で回転軸内に配線するのはやめましょう。
断線しますよ!


やっていいのは、物理的な回転制限(ストッパー等)で360°以上回らない構造のブラシレスジンバルだけです。
もちろんプロ(現場にクライアントがいる撮影だってあるので)であれば、機材の見た目も大事ですが…それと同様に機材の信頼性も大事です。

機材の信頼性確保で『見えてしまう配線』は、『魅せる配線』にしましょう(・∀・)


で、モーター外付けのエンコーダーキットを買ったのに、なぜ表題の如くブラシレスモーターを分解する羽目になったかと言うと…

ROLL軸モーターの端子を前の所有者か製作者が、端子を下側にしてフレーム固定(見た目は悪いが横の方が良かった)、そして保護の為にホットボンドか何かで固定していた為、本来コネクタが抜けて逃せた筈の負荷がモータ側ののL型ピンヘッドの根本に集中し折れてました。(それでも接触していたのですが)

_MG_0006

ROLL軸、逆さにして撮っていますが写真上が通常接地面となります。
地面に置くとき、この部分が接地する為、
この方向で組んでしまうと、負荷が端子に集中します。 


これで、硬く固まるパテ(二度と外せなくなるけど)等で固定していれば、まだピンは守れたのですが…柔らかい材質で固定してしまった為、モーター内基盤と接するのピンの根本の部分に負荷が集中し続けてしまい、ピンが折れていました。使用中は接触不良だと思いテープで固定することでかろうじて稼働してましたが…根本的な原因解決と、シャフト内を通るケーブルを抜くためにやむなく外しました。(´;ω;`)


ちなみに、キャリブレーションする際は通常BGを地面に置いて行う(スタンドがあればスタンドで行いますが)ので、この部分(ROLLモーター取り付け部分)が接地するというのは、よくあることで対策は必須です(・∀・)


販売元のサイトにあるAIRHD5Dの写真を見ると…

b572fc9606dbd48892053b6aa3a66c34
モーター端子方向は横です。

IMG_4620

配線も外出しです(モーター軸内を通していません) 
(もーちょっとまとめろよ!と言いたいけどw) 
ROLL軸モーター端子も右に出しています。 

 
配線はケーブル被覆用 ポリエステル編組スリーブでまとめると、キレイで丈夫です(・∀・)
終端処理は熱収縮チューブで処理すればキレイです(・∀・)
これを使って、『魅せる配線』を作ります(・∀・)y

51xAeF-CVbL




ということで、折れたものはしゃーない、ピンの残骸を半田で溶かして外し、新しいピン(2.54mm L型 ピンヘッダ)を買ってきて半田付けすればいいの(´・ω・`)当然、根本から外れているしボンドの残骸もあるので…裏側からの作業になります( ゚д゚)ハッ!

そう、一番やりたくなかったブラシレスモータ GM60-80T の分解作業のはじまりー。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
 続きを読む

おっちゃんこottyanko  at 01:21  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ブラシレスジンバル | 工作 

ブラシレスジンバル、エンコーダは届いたものの… 5

手っ取り早くブラシレスジンバルにエンコーダ付けようと思ったら…かえって大事になっているでござる(´・ω・`)

とりあえず、注文していた

  IFLIGHT AS5048A Encoder for AlexMos 32BIT Simple BGC Gimbal Control System
enc

こいつは届いた(・∀・)
最近だと、香港からシンガポール経由で届くんだね…追跡していてびっくらこいた(;・∀・)

内容物 
  • 厚さ5mmのアルミ製カバー(AS5048Aエンコーダはネジ固定されている)
  • 付属コード QIコネクタ3S、300mm 1本
  • 付属マグネット  Φ6×2(mm)
  • M3六角穴付皿ボルト10mm×4本

これらが3セット。 (1セットごとにパックされている)

_MG_0001
 

しかし… 厚さ5mmのアルミ製カバーは、M3タップが切ってあったりなかったりのバラバラな穴(´Д`)
付属ケーブル、みじけー(;・∀・)


DIY系のBG(私の場合AIRHD5D)だと、コレを付けるのに発生する問題点は以下のとおり

  • 本来のモーターへの接続だとモーター高が5mm高くなり、フレームのアチコチに5mmのスペーサーをかましてやる必要がある。(一部、M3六角スペーサーを使っているのでプラス5mmのタイプに変更など)
  • フレームに付ける場合、pitchフレームの固定パーツがカバーと干渉する
  • フレームに付ける場合、マグネットの高さが足りない
  • 付属ケーブルが短い
  • カバーに空いている穴だとM3ネジが使えたり使えなかったり…
部品が届いてやっとこういった問題が分かり、ここからがスタートなのだ(・∀・)

さて、どうしたものか(´・ω・`)
 続きを読む

おっちゃんこottyanko  at 19:00  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ブラシレスジンバル | 工作