トップページ » 魚眼(フィッシュアイ)レンズ

魚眼(フィッシュアイ)レンズ

標準から望遠までのレンズをそこそこ揃えると、超望遠(サンニッパ)に行く前に、どうしても広角レンズに興味がわいてくる。

デジタルマガジンでも、インスピレーションが枯れたら現実逃避w と魚眼レンズを紹介している。

丁度、シグマの15mmに興味があり、値段も手ごろだったのでウズウズしていた。


なかなか評判の良いレンズで、コストパフォーマンスも高く(2010年8月20日 47,799円)、逆光にも強いらしい。


ところがそこで知ってしまった…レンズの沼!
 
怪しげなウクライナレンズを知ってしまった。
と言うか中判カメラ用レンズに、マウントアダプターを付けて、5D2(35mm)で撮影するなんて、思いもしなかったわ。
どーゆー事かと言うと、例えて言うならASP-Cサイズのデジカメで、フルサイズのレンズを使うと画角が変わるでしょ。中判カメラ用レンズにマウントアダプターを付けて35mmフルサイズ機で使うと、30mm中判カメラ用フィッシュアイレンズが、18mmフィッシュアイで撮ったのと同じ絵になる。

これ、たまたま知った  撮影マニアックス さんのブログで紹介されている、ウクライナ製のARSAT30というレンズのレビューを読んでいて「そんな事出来るんだ!」と目からウロコでした。
 
今まで、考えもしなかった(@。@;)

参考 ARSAT 30 F/3.5 (ハッセルブラッド互換魚眼レンズ)

destyle1173-img399x600-128212737228kbvl83383

これに、 ハッセル-キャノンEos アダプターを付けて、5D2に装着すると美味しい味のある18mmフィッシュアイになる。

しかも、レンズの中央の美味しいところをメインに使うので、画質も良く色ノリも良いとの事。 

また、この手のマウントアダプターには、ティルト機能が付いている物が多く(多分、互換性を調整する目的だと思うが)、 ちょっとしたミニチュアの様な風景写真も行けちゃうかも。との事。

今度5D2のボディだけ持って、中古カメラ屋をのぞきに行こうっと。(こういうのは、キチンとテストしないと怖いからね) 

撮影マニアックスさん曰く、値段の目安はヤフオクでレンズが3.5万程度、マウントアダプターが1.5万程度との事。(色々ありがとう!)  


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

↑ヨイショボタン
当サイトはヨイショフリーです(・∀・)ノ





                   
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星