友人の写真家、ぶたさんこと高井潤さんがHPをお創りになられたので、勝手にバナーソース作ったwww



以下のHTMLをコピペして、ブログのHTMLタグ編集画面で挿入すればOKよ(・∀・)


altの中身は、色々追加出来るよ(スペース区切りでOK)
alt="高井潤" だけじゃなく alt="ぶたさん写真家 高井潤" でもOK。

とにかく、検索すると似た名前のミュージシャンが出てくるのは可哀想なのだw
コチラ、プロの写真家による素敵な写真がいっぱい掲載されているので、是非見てみると良いのだ(・∀・)


で、今は何をやっていてこんな『逃避行動』に移ったかと言えば…(;´・ω・)

Windows10のメジャーアップデート
Windows 10 Creators Update (バージョン1703 / RS2)
がめんどい(´・ω・`)

という事なのです。

よせばいいのに…(実は既に成功していながら写真撮るために再度イチからやり直しつつ写真撮ってる)
ブログネタになると思い…

いわゆる容量不足のせいでメジャーアップデートが出来ず、クリーンインストールするしかない、格安中華タブレットのWindows Update なのです。

起動時にUSB接続のキーボードでESCキーを叩けば、Boot Managerへいけます。

_MG_0529
_MG_0530

で、USBメモリから起動してクリーンインストールが可能になるのです。

用意するもの
有線USBマウス・USBキーボード・USBメモリ(8GBぐらい 5GB位使うので4GBじゃ足りない)・OGTケーブル・あとは充電用の電源。



準備
母艦でマイクロソフトHPから MediaCreationTool をダウンロードして、USBメモリに最新のWindows10のインストール用ブートメディアを作成。
(momo7wの場合32ビット版なのは言うまでもない)

同じく、USBメモリ内にmomo7wのドライバー類をフォルダにまとめて入れておく。
(Doubleb Driverというソフトで今のマシンからドライバを引っこ抜いてもいいし、Ployer_Momo7w_Drivers.7z で検索して探しても良い、ここにも以前Ployerからダウンロードしたものを置いといた。)

SileadTouch.fwについて 
Ployer_Momo7w_Drivers.7zには入っているけど、既存マシンから引っこ抜くなら
C:\Windows\System32\Drivers\ にある
SileadTouch.fw 
コイツは必ず保存しUSBメモリに入れておき、各種ドライバのインストールが終わったら、元の場所(C:\Windows\System32\Drivers\)へ置いてやる。
コレがないと、クリーンインストール後にタッチパネルのタッチ位置調整が出来なくなり、マウスとキーボード必須のめんどいマシンに成り果てる。

マイクロSDカードについて
インストールが終了し適切なドライバが当てられるまで、マイクロSDカードを認識しなくなるので、ここにはインストールや復活に必要なファイルを入れておく意味がない。
また、通常はexFATフォーマットだと思うが、抜き差しせずに仮想化HDDとして使うと面白いので、あえてNTFSでフォーマットする。

_MG_0553


試してみて気づいたんだが…WindowsUpdatのプログラムもSDに保存されていた。なので、これで容量不足ともおさらば出来るのか?(;・∀・)

容量節約の為に
とにかくWindowsで認識できるパーテーションなんて、全部作り直しや!

_MG_0542

大胆に「削除」(正確には削除指定なんだと思う)して、こうする。(自己責任でどうぞ)

_MG_0543


そしてインストールが始まるのである。(;・∀・)

_MG_0545


とまぁ、こんな感じ。
インストールが終わったら、デバイスマネージャーを開いて問題のあるドライバーを全部、Ployer_Momo7w_Drivers にあるもので再インストールして、C:\Windows\System32\Drivers\ にSileadTouch.fwを入れてやり、再起動すればOK。

その後、設定→システム→ストレージ→新しいコンテンツの保存先 で、全部マイクロSDにしてやり、それからWindowsUpdateをかける。

細かいことは、検索してみると良い。人柱英雄がいっぱいいるからw

オイラが言いたいのは、「Ployer_Momo7w_Drivers.7z」は探し出してでも持って母艦に保管しておくと良い。

momo7w & Windows 10 Creators Update (バージョン1703 / RS2)  に於いては、どうやらマイクロSDカードは抜き差しせずに、64GB位の物を固定してNTFSフォーマットして仮想HDD化して使うのがよさげ(・∀・)

といった話なのよ。
今度、詳しく書くw(まだ画像が準備出来てないw)

まぁ、めんどい話なので…今から買う人は容量に余裕のある機種をオススメしとく。(;・∀・)




とにかくおいらは、この安物機種で
Digital Photo Professional と SimpleBGC_GUI
が動かせりゃ、それで充分なのだ(・∀・)


あと、こんなもんも作っていたので、使ってみたらその話題でもそのうち書くw

_MG_0388
クリップオン2個アンブレラ
(実はもう1灯イケますが…そこまでするなら小型のモノブロックの方がかさばらないw)
日中ハイスピードシンクロでアンブレラを使いたいので、どうしても光量が欲しかったのと、ハイスピードシンクロなので有線(無線だと高い)になった…