ブラウスの胸元はパラダイス

膵炎から合併した糖尿病になって29年。平成26年からは透析患者にもなり、C型肝炎まであったりしてもうワケ分かりません。そんな、人生決して前向きではない著者が、斜に構えたモノの見方で前向き人生とやらを思いっきり皮肉る、超バチ当たりな病人ドキュメンタリー。

°˖✧拍手コメントへの返信コーナー✧˖°
✎名無しさんへ( ̄▽ ̄)
体得と感得の他に「知得」ってのもありますよ。ブログ記事というものはテーマを絞らないと一番言いたい事がぼやけるのであえて体得に焦点を当てたまでの事です( ̄▽ ̄)


も~うるさいのうちょっと静かにしてくれんかいの!? 





もう本番入ってたのね


いえね


ちょうどコレを書こうかと思ってたら見るでも無しただ点けていたテレビから

北朝鮮のあの浪曲師みたいな喋り方のクソうるさいババァアナウンサーの

それはもう下品でけたたましくて耳障りの悪い声が聞こえて来たもんじゃけえつい


さて


ワシはこういうマルチな病人ゆえ病人ブログなるものを6年間書いて来ましたが

2年前からは透析治療を受ける事となりそれがほぼメインのテーマとなっていまして

ここ最近のワシのブログ記事は主に透析の事やそれに付随する生活保護の事など

書く事が決まり切ってしまってワンパターン化が否めない状況となっております


そんな中で


ワシは以前からモヤモヤした事がありその心の内を今ぶちまけようと思うとるんじゃが

思えばワシのこのブログっていわゆる「透析ブログ」にしなくて良かったって思っていて

それは何故かと言うとワシ本人が透析事情っていうモノにほとんど興味がないからです。


そもそも


透析は地獄だの苦しいだのって何かこの世の生き地獄みたいな事を言うヤツがおるけど

あんなもん慣れてしまえばただ寝に行くだけのようなもんで全然地獄でもないし

日頃の節制さえ或る程度ちゃんとしておけば苦しい透析をせなアカン理由もないワケで

透析を頑張っていると言ってるヒト達とは苦しみや価値観の共有が全く出来んのよ

現に少なくとも今のワシは透析を一つも頑張ってなんかないんじゃけ


そりゃあねぇ


透析の基本的な知識くらいはかじっておいた方がええに決まっとるんじゃけど

そもそも100%受け身にしかなれないこっちがそれ以上の知識を身に着けても

じゃけえどうしたんなって話にしかならんとワシは思うとんねん。


現に


不快な症状があったって自分でコンソールいじって調整出来るワケでも無し

ここはスタッフを全面的に信用して何とかしてもらうしか無いんじゃけえ。


こんな事を書くと今度は


そのスタッフが信用出来んとか病院の運営方針が気に入らんとか言い始めるんじゃけど

そんな文句言ってる暇があるんなら転院する事に情熱を傾けんさいや。

大体そんな文句を言ったところでその病院が変わるなんて事は絶対に無いんじゃけ


そうやって


自ら自分が理想とする環境に近づこうとする努力はもちろん当然必要な事や思うし

逆に文句を言った分ここは不満だが目を瞑るみたいな妥協もある程度は必要や思うねん。


医療って


確かにサービス業の側面はあるけどだからといって一切の不満も許されんって言うのでは

そりゃあいくらなんでも病院の方が可哀想過ぎんか?

病院の方かてそりゃあもう不満足な人員数と賃金で一生懸命やってくれとるんじゃし。


こんな事を書くと今度は


アナタはたまたま良い病院に当たったからそんな悠長な事が言えてるだけ

などといった渾身の反論が飛び出して来そうなんやけど

それやったら病院を変わる努力をしなさいって言うてんねや


コレって


命に係わる問題じゃけえ医者や病院に遠慮する事なんか一切無いワケだし

よっぽどの過疎地に住んでいない限りは透析施設が地域に一つしか無いなんて事もなかろ?

こういう事は自分からアクションを起こさな事態の改善は先になんか絶対進まへんねん

コレでもまだ不満が強く残るなら腹膜透析に変えてもらうか在宅透析すりゃあええ。


ほいじゃが


転院なり何なりして或る程度まで自分の理想とする環境さえ上手い事整えてしまえば

後の面倒臭い事はもうクリニックに丸投げしてそこへは週三回4時間寝に行くだけやで


いちいちねぇ


透析条件がどうのこうのとそんな面倒臭い事にまで首を突っ込んだりしなくても

当の本人は寝ながらテレビ見て大あくびして脚延ばしたら足がつって「痛っ」

とか言ってるうちに勝手に終わってたみたいなのでワシはええと思うねん。


要は


不快な自覚症状が無い限りはそれが自分にとってはベストな透析なワケなんだから

透析条件とかダイアライザーの種類選びみたいなもんは向こうに勝手にさせときゃええ。


ただ


希望や要望は希望や要望として言葉に出して言う必要はあるけえね。

例えば長時間透析をしてみたいとかオンラインHDF治療にして欲しいとか

そういった前向きな希望や要望はこっちから積極的に言わな損やからね( ̄▽ ̄)r


そもそも


ワシら一般的な患者が優先的にすべきことは透析条件の知識を仕入れる事ではなくて

如何にしてラクな透析が出来るような節制をして透析に臨むかって事の方やろ。

そこまでやってそれでも不満ならそこで初めて文句をビシッと言えばええねん。


大体


向こうは相手を言いくるめる事のプロじゃけえ信念の薄い訴えでは論破出来んのやで。

でもやる事さえやっていればこっちは確固たる信念をもって訴え掛けられるワケやから

結局のところモノを言うんならやる事をやってから言えって言うのはこういう事なんよ。


まぁそんなこんなで


ワシは別に透析が苦しいワケでもツラいワケでも地獄なワケでもないので

だからこそ自助会や友の会みたいなものに参加する必要は全く感じないし

難しい知識を共有してそこへ首を突っ込むような事もしたいとは思わんワケさ( ̄▽ ̄)r


じゃけえ


ワシのブログには他の透析をされてる方が書くいわゆる「透析ブログ」のような

透析の物理的な知識に対するひたむきさや勤勉さが一欠片も存在しないのでありんすよ。


それに


ワシは中卒の脳足りんじゃけえ難しい事を考えるのが嫌いっちゅうのもあるしね

難しい透析の知識を得るよりもワシにはエロ動画で女体の勉強をする方が楽しいし

尚この記事に対する苦情には一切反応しませんので悪しからず








↓どちらかをポチッ♡押して下さる貴方はワシにとっての神様です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活保護へ
 


んなワケで皆さんお身体の調子はいかがですか? 

最近色々あってちょっと体調不良気味だったワシです


いや~


ワシってそうでなくても人付き合いが悪いヤツなのに

先月は不馴れなSNSで色んな事に振り回されちゃってね

まぢメシがあんまり喉を通らんなった時期があってん


え?


牌田みたいな厚かましいヤツでもメシガ喉を通らんなるなんて事があるんかってぇ

ワシの事を何にも知らんクセにそないなこと言いんさんなや


そもそも


ワシがこんな言葉でブログなんか書きよるけえ厚かましく見えるんかも知れんが

ワシのこの文章言葉は偉そうにふんぞり返ったような姿勢で使ってるんちゃうねん。

コレはワシが普段喋っとる言葉遣いそのまんまで逆に親しみがこもっとんのやで。


じゃけ


もし今までワシのブログの文章を「横柄な」と思って読んでおられた方は

今すぐ直ちにその考え方を止めて下さいまし

どこかで会う事があればその時のアナタはワシにきっとこう言う筈です。

「アンタってブログの文章のまんまのヒトやな」って


そりゃあまぁええんじゃが


このところのツイッターのゴタゴタが意外とワシの心にはキツかったみたいで

先月のワシは自覚も無しに食事量がガクンと落ちとってん。


ちなみに


ワシら透析患者は痩せた太ったが体重の増減では表しにくい生き物でね

ドライウェイトというちょっと乱暴な言い方をすれば架空の基本体重をもとにして

それで体にたまった水の排出量を決めておる関係上体重増加=肥満とかではないんよ


要は


肥満ってのは皮下に脂肪沈着が過剰に起きた状態の事を言うんやけど

ワシらの体重増加ってのは脂肪分の沈着じゃのうて水分の体内貯留じゃけえね。

よくワシがブログやツイッターで「水風船」って単語を使う理由はコレやってん


まぁねぇ


水風船でもまだ除水されて足がつるとか血圧が下がるくらいで止まっとるんならええけど

それを超えたら冗談抜きで陸に居ながら溺れ死ぬような目に遭うけえまぢ怖いんで。


だって


分かりやすく単純に表現するけど肺の中や心臓の中に水が溜まってみんさい。

呼吸は出来んわ心臓は動かんなるわでまさに死の恐怖をまざまざと見る事になるけ


んでね


結局ワシの体調不良ってのが身体がものすごく怠くなってもうて

それがまた透析不足の時に出るような症状に相当近い感じやってんな。


ほじゃけど


透析不足で尿毒が溜まった時と似通った症状が出るって事は

逆に言えば尿毒の発生源(主に蛋白質)をたくさん食うからそうなるワケで

ならば牌田が言うように食が細くなってそんな症状が出るのはおかしいじゃんか

って普通のヒトならそう思うやろな


ところがねぇ


面白い事に蛋白質ってヤツは摂りすぎても摂らな過ぎても尿毒がようけ出来てまうねん。

まず腎臓の悪いヒトが蛋白質を食べ過ぎるとそれを代謝する過程で出来る尿毒を

腎臓から外へ出す事が出来んけえ血中の尿毒数値が上がるってのは納得行く話やろ?


ほいじゃけど


逆に食が細くなって蛋白質を摂らん過ぎたような状態になった場合は

その不足した蛋白質をあろう事か自分の身体の蛋白質を溶かして得ようとする働きがあって

この蛋白質も代謝の過程で尿毒が出来るのは同じ事じゃけえそういう事なんじゃが


ただねぇ


この自分の身体の蛋白質ってのはアミノ酸スコアの悪い蛋白質でね

コレが代謝されるとマトモな蛋白質以上に悪い尿毒が作られてまうねん


せやから


蛋白質を摂らん過ぎても尿毒が溢れ返してしまうって事にも納得してもらえたやろ?

しかもこうして出来た尿毒は有害性も高くて腎臓の糸球体を壊すもんやから

それで腎不全保存期のヒトでも最低限の良質な蛋白質は摂らなアカンのんよ( ̄▽ ̄)r


ちなみに


ワシもあれから鶏のから揚げ食ったり比較的美味しいモノ食ってたら

いつの間にか体調が元に戻って今はそうとう元気を取り戻したで


ワシはねぇ


こう見えても本当に気が小さくて臆病でいつまでもクヨクヨ気にするタイプじゃけえ

先月のツイッター騒動は本人の自覚以上にダメージが大きかったっちゅうこっちゃ


では本日のお別れの絵です。

青と緑と茶と白の絵の具を混ぜ食っていたら何故か海の風景画になっちまいました。
海は広いな大きいな
ほなな









↓どちらかをポチッ♡押して下さる貴方はワシにとっての神様です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活保護へ
 


皆さん今日も美味しいモノ食ってしっかりウンコしてますか? 


え?


そんな当たり前の事をいちいちお前に言われんでもやっとるわいってぇ


いや~


世の中にはその「当たり前」が当たり前でないヒトも居てるワケで

そんな事を言う方は健常者である事の有難みを自覚してへん証拠やぞ

健康を失った後で泣かん為にも今の状況には多大なる感謝の念をもって生きて下さいまし


以上


病人からのメッチャお節介な忠告でありました


さて


生活保護受給者のワシは相変わらずのうのうと日々を生きておるワケでありますが

こんなワシでもたまに生活保護を抜けて社会人に戻りたいと思う事もありまして

色々な仕事募集の小誌なんかを見つけては持ち帰って人知れず読んでいるこの現実。


しかしながら


今までは病気を隠してでも組織に潜り込んでしまえば…なんて思えたもんでしたが

今はそれ以前に身体が持つかどうかの方の心配が先に立ってしまって踏み切れません


まぁ


障害者認定されてるんだし実際に身体もマトモではないんだから

デカい顔して生活保護を受け続ければよいではないかって思われるんでしょうけど



こんなワシでも働いたお金で生計を立てたい気持ち半分

でもそれはやっぱ無理だなと自覚せざるを得ない悔しさが半分



みたいなトコの狭間を行ったり来たりしておるのでありんすよ

この期に及んで世間体なんか気にしてもしょうがないのにねぇ


ほいじゃが


やっぱ薬局から処方薬一つ貰うのでも生活保護はジェネリックを選択せなアカンとか

ワシにはそういう威圧感みたいなのが時に我慢出来んなる事があるんよ


じゃあ


生活保護打ち切ってもらって自分で働いてそのカネで先発薬を手にするか?

と言われればそれはそれで自信が無いし本当にどうしたらええのかよう分からん


まぁ


こんなのはいちいち気にせにゃあエエだけの事なんかも知れんのじゃけど

ワシかてたまにはこんな風に後ろめたくなったり悩んだり葛藤したりしながら

生活保護を受給してるんやでって事が言いたかったのでありました


さて


今日はお話しが短いので最近描いたイラストを3点ほど。

色をぺたぺた塗っていたらいつの間にか出来てしまった油彩画風美女画と
瀬戸内海にてジャストフィットサイズ
油彩イラスト風に描いたちょっと生意気そうなねぇちゃん。
40
どちらも模写ではなくワシのオリジナルです( ̄▽ ̄)r


色違いも作りました。

上の絵はワイルドじゃけどこっちはちょっとだけマイルドになったやろ
53

ほなな









↓どちらかをポチッ♡押して下さる貴方はワシにとっての神様です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活保護へ
 


段々暑くなってまいりましたが皆さん水をガブガブ飲んでおりますか?

水を飲むとその水全てが身体に溜まって体重を増やしてしまう透析患者のワシです 


いや~


んなもんじゃけえこれからの季節はやっとられんよ

まぁせいぜい極力屋外に居る事を避けて涼しい環境に身を置くしかないんじゃけど

車と違って道中も涼しいってワケには行かないのがチャリ乗りのツラいところ


一応ねぇ


ションベンはまだほんの少しじゃが出るけえその分くらいの水分は補給可能なんじゃけど

それにしても透析患者になると去年より今年って感じで尿量は減って来るねんな。


ほいじゃが


そこまで尿量が減ったにも関わらず尿意だけはいっちょまえに残ってやがるもんだから

出もしないシッコの為に何度もトイレに足を運ばなアカンのが面倒臭いトコですが

ああいう体に染みついた感覚ってのは簡単に自分から消えてなくなるもんちゃうねんな。


じゃけ


例えばワシは車を運転しなくなってもうかれこれ二年になるけど

今もしこれから乗用車で隣の県まで行けと言われればスイスイ行ってまうやろうし

ちゃんと資格を持って職場で乗りこなしてたフォークリフトも

最初はレバーの感覚が戻るまで苦心するかも知れんけど多分スイスイ乗る筈や。


人間ちゅうのはそういうもんやねん。


そういやあワシが以前勤めていた会社で大型トレーラーの運転手だったおっちゃんが

アルツハイマー型の痴ほう症で仕事が出来なくなって退職したねんけど

新しい事や通る道なんかは全く覚えられんほどひどい状態であったにもかかわらず

若い頃にやっていたという電気溶接はバシバシやってたもんなぁ。


それはもう


日頃の痴呆のせいでソワソワして不安そうなあのおっちゃんとは別人のように

溶接マスク着けて火花バチバチ飛ばして鮮やかに溶接してまうねんで。


しかも


そうしているうちに昔の親分だった頃の記憶でも蘇ったのか溶接棒の残りが短くなると

そばでその様子を見ていたワシがおっちゃんにはかつての子分にでも見えたのか

「おい!なにつっ立っとんや早よ次の棒をよこさんかい」って怒鳴りやがった時には

日頃のボケてるおっちゃんの姿って本当は芝居ちゃうん?って思った程じゃったもんのう


しかしながら


そう思うと年を取る事の哀しさみたいなものを感じる事も禁じ得ないワケですが

コレばっかりは人間の力ではもはやどうする事も出来んからしゃあないわな









↓どちらかをポチッ♡押して下さる貴方はワシにとっての神様です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活保護へ
 


皆さまご機嫌は如何でありんすか? 

透析患者の中でもやっぱり異端児になってしまったワシです


いや~


やっぱワシははみ出し者で居てる方が性に合っとるわ( ̄▽ ̄)r

昔から友達なんか居てへんしそこらへんの煩わしい付き合いも避けて来とるけえ

嫌われたり文句を言われたりするのは腹立つけどこれこそがワシ本来の形やねん


やっぱねぇ


どうしてもワシは集団の中に入るのが我慢ならんでね

少し離れたところから遠巻きに見ている方が好きやねん。


だって


その方がラクやし何かあった時はいの一番にそこから逃げられるじゃろ

この世で快適に生きよう思うたら逃げ足の速さは必須条件やで

モタモタしてたらとんでもない貧乏くじを引かされる事もあるけえのう。


んなワケで


そんな薄情なワシもこのところそういう事でバチでも当たったのか

何か体がダルくてええ事になっちょらんねん


そのダルさたるや


中一日明けでもまるで中二日明けのようなダルさって言えば分かるヒトには分かるかな?

何て言えばいいのか下肢が引きつれるように重怠くて鼻の奥から尿毒臭がして来るような

もしかしたら透析不足なんかのうと思われる症状に悩まされててちょっとまいっとんねん。


ただ


本当に透析不足ならコレに吐き気とか嘔吐を伴う筈なのでそれもちょっと違うし

実際こないだもらった検査数値見ても尿毒の上昇はさほどでもなかってん


んで


こういう漠然とした症状っていくら医師に言ったってどうせ分かりゃあせんのじゃが

こういう症状を我慢してまで「特に変わりはありません」って言うのもヘンなので

どうせ原因の判別が難しいであろう事を承知でワザと女医ちゃんに聞いてみたんよ。


そしたら


何か手元のカルテか何か知らんけどガサガサ見漁って「う~ん」と考えたそぶりをして

「数値だけだとコレと言って悪いところはないんですけどねぇ」っていう

医者が好んで使うこの言葉を発するばかりで一つも解決しそうにない感じなんよね


当然の事ながら


ワシも期待なんかしちゃおらんかったのでそれ以上食い下がらずにいると

「じゃあまた何かあったら仰って下さいね」

って言い残してサッサと隣のベッドの患者のトコへ行きよったわ


ほいじゃがねぇ


コレでも不思議な事に透析をしたらピタッと治るというか症状が消えてね

ワシの行きと帰りの足取りはまるで別人であるかのようにダンチなのよ。

コレだと透析の過程のどっかに問題があるんちゃうかって素人でも思うんじゃが

結局は物理的な解決を見ないままこの話は終わってしもうとんねん。


なので


あの女医ちゃんの対応は実に不満が残るもので不信感さえ抱きそうな感じやってんけど

そんな不信感も別のヒトの何気ない立ち振る舞いで消えたりするから不思議なもんで

その日の透析が終わったワシは血圧測って体重測ってそのデータをスタッフに渡しててん。


そしたらそのスタッフが


透析前の女医ちゃんとワシのやり取りを見ていたスタッフじゃったもんじゃけえ

「体が怠いのはどうなりました?今はどうですか?」って声をかけてくれてね

「今はバリバリっす。透析したら一発で治りました」( ̄▽ ̄)r


って返事をしたところ


「じゃあ明日も透析に来て下さい」って笑って言ったかと思うと

すぐさま「ウソウソそんなことしたら自由時間がなくなっちゃうからダメです」ってさ


このヒトってねぇ


前から思っててんけど本当に真面目なヒトで冗談なんか言うヒトちゃうねん

それがワシを元気づけよう思うたんか無理して冗談なんか言うたもんじゃけえ

何とも始末の悪い会話の締めくくりになってもうて気の毒にさえ思えた程じゃったわ


ほいじゃがね


ワシら患者ってのは物理的な診断よりもこういうのが心には有難い時もあんねん。

女医ちゃんみたいに話を聞いたフリをして忙しさにかまけて逃げられるくらいなら

自分の自尊心を犠牲にしてでも不器用な冗談を発してくれたヒトの方が有難いで


つまり


ワシにとってワシの事を物理的に治してくれる事はもちろん大事な事なんじゃけど

それよりワシの事を気にかけてくれて精神的に寄りそってくれたこの振舞いが

ワシの中で医師への不信感をぼやかした上に安堵の気持ちをもたらした事は紛れもない事実。


なので


あの不器用ちゃんには今後もずっとここで頑張ていて欲しいと

そう心から思って止まない乙太郎なのでした









↓どちらかをポチッ♡押して下さる貴方はワシにとっての神様です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活保護へ
 

↑このページのトップヘ