画像大量 m(__)mご注意願いますm(__)m

ブログランキングに参加しています。
モチベーションアップのため、こちらのバナーをポチッと1日1回クリックしていただけると、大変喜んで次回の更新も張り切っちゃいます♡
⇩⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村


ご訪問いただきありがとうございます!

本日は我が家の和室をご紹介したいと思います。


既出の画像ですみませんが、このダイニングの左奥に位置するのが和室です。

3F0A5277



日中はこんな感じで…
3F0A5747



灯りをともすとこんな感じ。
3F0A5544



キッチンからはダイニングの奥に見えるようになり、普段は扉も開け放してひと続きの空間としています。

和室の奥からキッチン方向を見るとこんな景色となります。
3F0A5280


このため、japanテイストな和室にするよりは畳を敷いた洋室という雰囲気にして、連続する空間として違和感が出ないように考えました。

和の雰囲気を出さないように工夫した点は…
・縁なしカラー畳を使う
・押入れの扉をアウトセット(観音開き)にする
・襖は使わない
・照明に北欧ペンダントライトを使う
・ドアは壁と同じく白にする

我が家ではこれにプラス、壁に可愛らしいコートハンガーを付けて、アクセント遊びをしてみました。
夫君が はらぺこあおむし が好きなので、なんとなくそのイメージです。なんとなく。笑

3F0A5663

(一番左端に写っている白くて四角いヤツは室内干しワイヤーのpid4Mです)

C22R2193


muuto the dots(ムートザドッツ)というこちらのコートハンガー、色と大きさが色々と選べるので遊び甲斐があります。取り付け部には壁の下地が必要なので、この壁面には広い範囲で下地を入れてもらいました。
現地で配置を決める際には、低燃費スタッフの皆さまにご協力をお願いしました。



私のお気に入りショットです。
さぁ、関係者の皆さま、早押しドン!
どれが誰でしょうかー?笑

image


話を戻しまして、この和室、畳のスペースは4.5畳分です。これを少しでも広く感じられるようにするにはどうすればいいか?

ということで、押入れは吊り押入れにして、下の空間を開けました!
そこに採光(アンダーライト)とピクチャーウインドウ的な要素も兼ねて地窓を追加。横長fix窓です。
この窓、とても嬉しい効果がありました!!和室内にいる時にももちろん良いのですが、特にキッチンから見渡した時!この窓に目線が抜け、空間がとっても広く感じられるのです!!窓の位置や吊り押入れの高さとのバランスも絶妙で、このバッチリな配置にはイケダン監督もかなり満足気な表情でしたよ。笑
将来的には外に植樹して、緑が見えるようにする予定です♡
ロールスクリーンも付けてもらっています。優しい緑色(^^*


ではここで、改めて部材紹介をしますね。


【ペンダントライト;レクリント172B】
3F0A5479

北欧照明としてかなり有名どころですね。灯りの広がり方が本当に美しいです。我が家では直径が440ミリという大きめサイズにしましたが、これはキッチンからもよく眺めたかったからです。
狙い通り、キッチンからの景色、かなり気に入っております。
また、夜に外から室内を見た時にはこのレクリントがよく目立ち、モデルハウスみたいな素敵な雰囲気です。(自分で言うな)
え、夜はカーテン閉めますが何か?


【畳;セキスイ畳 美草 アースカラーコレクション サンドビーチ】
カラー畳をいろいろと探しているときに出会いました。
個性的でありながら主張しすぎることもなく、この色にして良かった。とても気に入っています。
その時の記事はコチラ


【コートハンガー;muuto the dots】
MサイズとLサイズを織り交ぜています。


【ドア2箇所;神谷】
そうそう。この和室のみ階段との兼ね合いなどによりフルハイトドアが使えなかったため、垂れ壁ありのドアとなりました。見学会までは変わったデザインのドアが間違って取り付けられていましたが(笑)、無事にプレーンな白いドアに交換されておりますよ★





*****

次回は階段&2階フリースペースをご紹介しますよ〜!

ご訪問お待ちしております♡


参考になりましたらポチっと♡

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになります♡