2017年09月18日

進行中の現場にて。
前面道路のセットバック工事が完了しました。

170913-4
















これは建築基準法第42条2項道路のセットバック。
ご存知かもしれませんが、前面道路幅員が4m未満の場合、セットバックをしなくてはなりません。
セットバック部分は道路状に仕上げて、通行できるようにしなくてはなりません。
原則は道路中心線からお互い2mずつ。
必ず役所との事前協議が必要です。
さあ、これで外構工事に着手できる。
アプローチは機能性とデザイン両方を満足させる仕上げをオーナーと一緒に悩んで決定しました。
さりげなく。
センス良く。
完成が楽しみです。
T.K

oudou_team at 17:00小櫻 友康日々 

2017年09月15日

王道新型3戸バージョン。
内部も着々と進行中です。
この機械が据えられているという事は・・・

170913-3
















そう。クロス張りですね。

おなじみの光景。
クロス下地処理。

170913-1
















無造作にやっているように見えるかもしれませんが、この工程がいい加減だと仕上がりに影響しますから、気が抜けません。

オーナーと一緒に悩んでセレクトしたクロスが、熟練した職人さんによって手際よく張られています。

170913-2
















仕上がりまであと一息です。
T.K

oudou_team at 17:30小櫻 友康日々 

2017年09月12日

足場が外れ、外観がお目見えとなった王道新型3戸バージョン。
いよいよ外構工事の準備です。
外構と言いますと、当然ながら
「舗床やフェンスの仕上げどうする?」
といった話になりますが、実は設備埋設配管も重要なテーマです。
設備業者さんと給水メーターやマスの位置、配管系統など、入念に打合せを行いました。

170911
















外構のポイントは・・・
さりげなく。
センス良く。
といつも言っていますが、そのためには設備配管にも気を配る必要があります。
王道アパートではおなじみの業者さん。
今回も我々の意図を理解して下さり、さすがだなと思いました。
竣工に向けて手際よく施工が進みます。
T.K

oudou_team at 19:18小櫻 友康日々 

2017年09月09日

王道新型アパート3戸バージョン。
いよいよ足場が外れ、外観お目見えです。

170905-3
















モダンなツートーンカラー。
一見単純な組合せですが、色のトーンなど、オーナーと議論を重ねてセレクトしたもの。
現在、この外観イメージにマッチした外構計画を検討中。
仕上げをどうするか?
色目は?
まだまだオーナーとのディスカッションが続きます。
T.K

oudou_team at 17:56小櫻 友康日々 

2017年09月06日

王道アパートの重要な部分である内階段。
階段は大工手間がかかる部位ですが、王道アパートはプラン上複雑な階段が多いため、余計に手間がかかると言われています。
階段だけでも人数と手間をかけて大変な作業内容になります。
それでも黙々と作業して下さり、
現場打合せ前こうだったのが・・・

170905-1

















打合せ終了時には完成。

17095-2
















たまたま写真の階段は直階段でしたが、階段は「きしみ音」など、手を抜くと不具合が出やすい箇所でもあり、丁寧な施工が要求されます。
階段が怪談にならぬよう・・・(笑)
木工事もあと一息。
急ピッチで作業が進みます。
T.K

oudou_team at 17:43小櫻 友康日々 
アパート投資の王道

アパート投資の王道

アパート投資の王道

メルマガ登録はこちら


 設計士
小櫻 友康

小櫻 友康


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ