プレミアの王道

独自の論理(ロジック)で商品のプレミア化の可能性を分析!注目商品をプレミア・ロジックで解析する!業界一の分析力!

増産

増産は突然に!ユニバーサルの仁義なき増産 ナオト・インティライミ Shall we travel ??とADVENTURE寝かせていた転売屋気絶寸前か


こちらの商材
アマゾン3,122円の次が
¥12,980^^;

こちら
アマゾン¥ 2,810の次が
¥9,480
これが仁義なき増産です
転売屋即死ですね^^;
メーカーはというと
そうです
もう王道ブログの読者ならお馴染みの
ユニバーサル シグマ
通称、ユニバ
またやりました
これ↓増産

RAINBOWも発売から3ヵ月という意外なタイミングでの増産でしたが
今回のナオトはもう何年ですか?

Shall weは二年前ですよ^^;
それでようやく12980円まで相場騰がったと思ったら
突然の増産

これが転売の厳しさですね^^;
ていうか、
ユニバは寝かしちゃダメなんです
こういうことあるんですよ
ユニバには。
ユニバ商材寝かせている転売屋がいたら
今すぐ売り切ってください
一寸先は闇ですよ

究極のスキマ転売 尾崎紀世彦の世界 追悼再販攻略法!7月2日までに売り切った者が勝ち組!




尾崎紀世彦さんは2012年5月30日にお亡くなりになったのですが
その時点でこの商材は
普通に手に入るようなレベルの商材ではなかったです。
超お宝商材
中古でも滅多にお目にかかれない商材。

ただし、王道派はこれも再販される可能性があると見てました。
その理由は二点
一つ目の理由は
ご存じあのユニバだからw
ユニバ増産の法則はこちらを参照w

二つ目の理由は、追悼再販です。
追悼再販の場合
限定盤だろうと関係なく再販されます。
皆さんも記憶に新しいこの追悼再販

お亡くなりになった時点では
プレ値で限定盤であることから転売屋が群がりましたが
数週後に再販されました。

そこで
6月13日飛び込んできたのが
「尾崎紀世彦の世界」が少量増産というニュース!

ここで考えなければならないのが
追悼生産の法則

追悼再販の場合、
アマゾン→タワレコ→その他オンライン
の順で在庫が復活します。

まずこれを押さえます。

次に、
お亡くなりになってから
1カ月を過ぎると極端に需要が冷え込む。
つまり
全く売れなくなる^^;


ここでの攻略法は
アマゾン在庫を枯らして
一足先に売り切るというもの。

某掲示板にタワレコ在庫が晒されましたけど
あの時点では遅いです
^^;

6月17日 98000円で1個
6月18日 30000円で2個
6月19日   9000円で4個
6月20日  9400円で3個
6月21日  9249円で1個
6月22日  9240円で2個
6月23日  9250円で1個
6月24日  9250円で2個
6月25日  11111円で1個
6月26日  13000円で2個
6月27日  9500円で1個
6月29日  8500円で1個


ちなみにアマゾンに重い蓋が来たのが7月2日
このスピード
このタイミング
これが王道スタイルの転売!

初回盤増産の時代だからこそ、王道スタイルなんです!これも増産しましたね


これが俗にいう
転売屋の墓場です^^;

なぜこんなことになったかというと
発売日が2012/3/28
わりと前ですよね
それで少しづつ売れまして
6月の終わりに全国的に品薄になりました。
当然、初回限定ですので
おおぉ!ここからプレ値が爆上げだなと思って
転売屋がこぞって買い占めに走ったわけです

そこまではいいです。
しかし、どこから発売されてますか?

ユニバーサル
通称
ユニバ


そうです!
CD転売するなら覚えておかなければならないレーベルです。
初回盤増産することで有名なレーベルです。
数々の転売屋がユニバの前で散りました。

CD転売屋ならばそこまで読まないといけないんです!
王道スタイルというのは、
単に相場だけみて動きません!

その先にある需要
そして増産のリスク


そこからトータルで判断して商材を決めるわけです。

たかが転売、されで転売なんです!
毎回商材と真剣勝負
それが
王道スタイルです!
王道ツイッター
追記や復活とかの続報はツイッターのみだからフォローよろしくね^^
プレミアムバンダイ
プレミアム バンダイ(魂WEB)
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム ソニーストア タカラトミーモール
Amazon CD ランキング
Amazon フィギュア ランキング
Amazon ゲーム ランキング
免責事項
当サイトの閲覧・情報の利用については利用者の責任において行ってください。当サイト及び第三者のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損失・損害についても管理人は一切の責任と義務を負いません。
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ