2011年10月03日

目の不自由な女性がホームから転落死亡(JR拝島駅)

また、視覚障害者がホームから転落死亡しました。

3日午前11時ごろ、JR青梅線の拝島駅で昭島市の水野寿美恵さん(69)が下りホームから転落し、電車にはねられ死亡しました

ホームドアがあれば防げた事故です。

残念でなりません。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。



http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111003/t10013015391000.html‐ − − − − −(一部引用)
警視庁の調べによりますと、水野さんは20年以上前から緑内障を患っていて、視野が5%程度にまで狭くなっていたということです。夫の話によりますと、水野さんは、午前10時ごろに自宅を出て、隣接する福生市に電車で買い物に行く途中で、拝島駅では乗り換えのため降りていた可能性があるということです。拝島駅のホームには、点字ブロックはありますが、ドアや柵は設置されておらず、警視庁は、誤ってホームから転落した可能性があるとみて、当時の状況を調べています。
(引用終わり)



私の知人の視覚障害者の方(女性)は、高齢になり緑内障が気づかないうちに悪化して、アッという間に全盲となったそうです。

誰でも、病気や事故でいつ目が不自由になるか分かりません。

ホームで目の不自由な方を見かけたら、「お手伝いしましょうか?」と声をかけたり、「大丈夫かな?」と皆が見守る社会になってほしいです。





ouensitemasu at 23:03│Comments(0)TrackBack(0)バリアフリー | ホームドア・可動式ホーム柵

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。