WakeUp,Girls! 岡本未夕

好きだよ 好きなんだ 好きって言える自分が好き
好きだよ 好きなんだ そう言うために 僕はここにいる
(リトル・チャレンジャー)


 Wake Up, Girls! Blu-rayの第6巻(最終巻)を購入しました。今後は、制作が決定しているうぇいくあっぷがーるZOO!の公開を待ちつつ、2期の発表まで粛々と待機する予定。
 しかし、映像作品としての2期を渇望する一方で、1期で綺麗に完結した物語の主題を蔑ろにしてほしくないという気持ちもあったりします。Wake Up, Girls!の主題は、上記の「リトル・チャレンジャー」の歌詞にあるとおり、真夢さんが自分自身のことを好きと言える、自分自身を幸せにできる人になるために足掻き努力する過程を描いたものだと思うので、もし1期の続編として2期で東京でのメジャーデビューの過程が描かれるのであれば、正直蛇足感は否めない。

時に傷つき負けそうになったら
右を見ろ左を見ろ 信じ合える仲間がそこにいるから
(リトル・チャレンジャー)


 I-1 Clubで活動しているときは手に入れることができなかった「信じ合える仲間」を、Wake Up, Girls!の中に見出せた時点で、真夢さんの物語は一旦完結しているんだよなあ。物語的には、I-1アリーナでのステージ後の真夢さんの笑顔で締めた現時点の状況が一番綺麗な終わり方なんじゃないかと。
 とは言いつつも、動いて喋るWake Up, Girls!を再び観たい気持ちも強いのも事実。キャッチーなビジュアルが多いステ天のキャラを活かしてサイドストーリー的な話を作るという手もあると思うんですが、何とかならないかなあ。

 本編の話。11・12話を観ていたら、アイドルの祭典に出場していたアイドルの多く(というかほぼ全員)がステ天キャラであることに気付きました。(本放送時にはステ天未プレイだったので気付かず)

【関東】 杉原茉莉花(埼玉)、杉原さくら(埼玉)、藤ヶ谷玲奈(群馬)、橘梨央(神奈川)
【中部】 穂坂裕美(福井)、坂井ゆき(山梨)、金城桃花(愛知)、水嶋まりや(愛知)、榊遙佳(新潟)
【近畿】 竹花奈津子(三重)、三上彩夏(和歌山)、森崎つばさ(大阪)
【中国・四国】 二宮仁美(愛媛)、矢貫茜(愛媛)、高崎すみれ(徳島)
【九州・沖縄】 桜井千明(佐賀)

 判別しづらいキャラもいましたが、上記のキャラはほぼ間違いないかと。
 ついでに10話も確認してみたら、東北ブロック予選にも、一ノ瀬咲(北海道)、西山結香(北海道)、倉本留美(北海道)の姿を確認。なかなか芸が細かいなー。

WakeUp,Girls! 片山実波

 相羽さん抱き枕の話題を振られたのでご報告。ラフ案は一応全員分できていますので、時間を見つけて順次描いていく予定です。