黄金時代のTourism

漫画・アニメのイラストを書き綴るブログです。

2011年11月

スイートプリキュア♪イラスト感想 第40話「ルルル〜!雨音は女神の調べニャ!」

けいおん 中野梓

「やっぱり違うのかしら…」(by南野奏)

 肝心なところでボケをかましたり王子先輩にデレデレだったりと、久々に奏さんらしい奏さんを見ることができました。しっかり者のようでどこか抜けてる奏さんはやっぱり可愛いなー。続きを読む

アイドルマスター 第20話「約束」

アイドルマスター 如月千早

 歌が歌えなくなり引きこもってしまった千早を元気づけようと春香が奮闘する話。
 千早復活の過程を春香と千早の関係に絞って描いていたところが良かったなー。765プロ全員で応援しつつも、折衝は千早の一番の友人である春香が行うというメリハリのつけ方が良い。

 ちゃんと春香の性格を掴んだ上で、千早におせっかいだと言われて落ち込んだ春香を「ガンガンいこうぜ」的なアドバイスで立ち直らせるプロデューサーは流石。もし自分がプロデューサーの立場だったら、「千早の気持ちも考えた上で…」的な消極的選択肢を選んでいただろうなー。

 今回は、前回までの伏線の回収からラストのステージまで30分の中に綺麗に纏まったかなりの良回でした。ステージの作画にもかなり力が入っていて、スタッフの方々のこだわりを感じました。

スイートプリキュア♪イラスト感想 第39話「フギャー!音符がぜーんぶ消えちゃったニャ!」

スイートプリキュア ピーちゃん

「響は気付かないわ、一度寝たら朝までグッスリなんだから」(by南野奏)

 響のことなら頭のてっぺんから足の先まで何でも知り尽くしてる奏さんマジ響のお嫁さん。
 「諦めたら負け決定だよ」「スロー過ぎてあくびが出るよ」等、昔のジャンプ漫画のパロディらしき台詞が面白かったです。カップケーキを食べまくるハミィに「食っとる場合かーッ」と平手打ちするシーンがあれば最高だったんですが、多くは望むまい。続きを読む

アイドルマスター 第19話「雲間に隠れる月の如く」

アイドルマスター 星井美希

 961プロの工作により、貴音に事務所移籍の疑惑がかけられた回。観る前は「貴音はどんな状況でも慌てることがないので、話の起伏を作りにくいんじゃないかなー」と思ってたんですが、貴音が動じない分、今回は周りの人々が状況に合わせていつも以上に動いていたので、最後まで飽きることなく視聴できました。オチも貴音らしくて良かったなー。

 千早が週刊誌に家族の事情を暴かれ、そのショックで声が出なくなったところで今回は引き。予告を観る限り、来週はがっつりシリアスな千早回をやってくれそうなので期待しています。

スイートプリキュア♪イラスト感想 第38話「パチパチパチ♪不思議な出会いが新たな始まりニャ!」

ハートキャッチプリキュア キュアムーンライト

「ありがとう…弟を助けてくれて」(byキュアリズム)

 先輩プリキュアとしてミューズをしっかりアシストする奏さんマジお姉ちゃん。
 奏さんの天使っぷりはもちろんのこと、今回は、アコちゃんにプリンを買ってきてあげたり身を挺してファルセットからアコちゃんを守ろうとしたりと、奏太の男前っぷりも光っていました。さすが南野家の血筋は伊達じゃない。続きを読む

アイドルマスター 第18話「たくさんの、いっぱい」

アイドルマスター 水瀬伊織

 あずささんが体調を崩してステージに立てなくなったため、律っちゃんが代役を務めることになった回。二十歳を過ぎてるのに今更おたふくかぜに罹っちゃう幼稚園児みたいなあずささんが可愛かったです。

 以前アイドルとして活動していた時期についてくれたファンが、いおりんの呼びかけに応じて再び結集する展開が熱い。アイドルとファンの繋がりについてこれまで描かれることが少なかったので、こういう形で盛り上げてくれたのが嬉しかったです。
 律っちゃんのパーソナルカラーである緑色のサイリウムをファンのグループが率先して振ることで、他の観客がそれに倣って会場全体を緑色のサイリウムで満たすところが特に良かったなー。

 先週に引き続き千早の周りに不穏な空気が漂い始め、いよいよ千早回が近づいてきたなー、という印象。来週はおそらく貴音回なので、再来週ぐらいから本格的に話が動いてきそうです。

ガンダムSEEDと明日のナージャ

スイートプリキュア 南野奏

 先日、ガンダムSEEDのHDリマスタープロジェクトが発表され、BD-BOXが発売されることが明らかになりました。そういえば、放送当時はDVDレコーダーを持っていなかったので、ビデオテープで予約録画をしていたんだよなー。懐かしい。

 現在放送されている「スイートプリキュア」の主要キャストの多くがガンダムSEED&ガンダムSEED DESTINYに出演していた一方で、響役の小清水亜美さんは明日のナージャで声優デビューを果たしたばかりだったというのが面白い。
 三石琴乃さん、折笠富美子さん、豊口めぐみさんといったベテランと肩を並べるまでに成長した小清水さんは本当に凄いよなー。

アイドルマスター 第17話「真、まことの王子様」

アイドルマスター 双海亜美

 真がプロデューサーと1日一緒に過ごし、アイドルとしての自分の役割を認識する話。女の子らしくありたいという気持ちを抑え、王子役としてファンに夢を与えることを優先する真はいい娘だなあ。
 美希回以来影が薄かったプロデューサーが、相談役としてちゃんと機能していたところも良かったです。欲求や不満を解消させつつ次に向かうべき目標を示す、というプロデューサーとしての基本をちゃんと押さえているところは流石だと思いました。

 先週に引き続き、千早の家族に関するシーンが断片的に出ているのが気になります。今のところ伏線らしいものが張られているのは千早だけなので、物語の最後の方で大きく千早回をやるのかなー。千早と一番親しい春香にも活躍の場がありそうだし。

 次回予告で、千早のことを間違って「お母さん」と呼んじゃうやよいが超絶可愛かったです。最近不足気味だったやよい分を一気に補給できました。

記事検索
Archives
Amazon
pixiv
Categories
  • ライブドアブログ