2016年12月09日

ペーター

蜷川幸雄さんが演出された『キッチン』。
なぜか私は初日に見に行った。
そして、この作品が好きすぎて、三度も見に行ってしまった。
経済が許すなら、もっと見に行きたかった。
成宮さん扮するペーターと、高橋洋さん扮するポールが夢について語り合うシーンを思い出すと
今でもじわっと涙がこみあげてきてしまう……。
大体、10年も前に見た芝居の役名なんて、そんなすぐに出てきませんから……。

あの時、『キッチン』を見たという経験が
何度も私を励まし、力づけてきたし、
きっと、これからも前に進む力になる事があると思う。

その舞台の中心にいたのが、成宮さんという俳優さんで、
初日のカーテンコールの成宮さんの表情を私は今でも思い出すことができる。
きっと、ずっと忘れない。









oui0214 at 17:50|PermalinkComments(0)

2016年12月04日

この世界の片隅に

『この世界の片隅に』@テアトル新宿。

週末ということで、立ち見もでるほどの大盛況。
見てまいりました。
チケットとってくださったTさん、ありがとう!

「戦争」というものを振り返る時に
どうしても、歴史を知っている「現代からの目線」で描く作品が多いと思うのですが、
当時、生きていた市井の人々の視線から描かれた、
本当に稀有な作品です。

そして、こんな時代ですので、
どうしても、物語の中を生きている人々に
今の自分たちを重ねざるを得ません。

誠実に作られた、時代を超える名作だと思いますが、
こんな時代の日本だからこそ、
これほど多くの人たちに指示されているのかもしれません。

たくさんの方に届く作品になりますように。

制作者の皆さま、作品に関わった皆さまを心から尊敬します。


oui0214 at 20:10|PermalinkComments(0)ウイの日常 

2016年12月02日

ウルトラマンオーブ、スピンオフ

情報更新遅くてごめんなさい!
ウルトラマンオーブのスピンオフが情報公開になりましたね。
これがあるから、最近アマゾンプライムの会員になった三浦です。

これがあるから、です。

娘のハロウィンの衣装を翌日お届け便でほしかったから、では

けして、けして、

ありません。

オーブのスピンオフが見たかったからです。
(ちなみに衣装は白雪姫でした。
 オーブ着せたかったけど、女子だからプリンセスがいいんだって。
 ディズニーめ!)

テレビ版のオーブのオンエアの残りも少なくなりましたが、

スピンオフがあって、

劇場版があって、

おっと、新年のウルトラヒーローズEXPOもあって、

まだまだお楽しみは続きますね! 

私も観客としてエンジョイしたいと思います。
(EXPOは娘も連れていくから、結構な労働よ)

いろいろ予定がばたばたと。
師走ですねー。


oui0214 at 12:42|PermalinkComments(0)ウイのお仕事 

Run for your wife

ラフィングライブ『Run for your wife」@ブルーシアター。

最高でした!

ひっさびさに

本当に面白い芝居を見ることができた。

ウイは

笑いに理解のない人だと思われている。

実際、

いわゆるコメディを見ても笑わない事が多い、と思う。
「笑い」のツボがおかしいと言われることもあるし、
自分は「笑い」に関して何か欠落しているのでは?というコンプレックスすらある。

だが、違った。

レイ・クーニーの完璧な脚本と
すごく的確な演出と
適材適所で名人揃いのキャスト。

ひきつけ起こすんじゃないかと思うくらい笑いっぱなし。
ああ、人と同じタイミングって笑えるって幸せだなー。
お子さんかな?思わず「あー、○○してるー(ネタばれ)」とか言いながら、笑いが悲鳴になっているし。

あー、幸せ。

再演を繰り返されている名作ですが、
だからといっていつでも見られるものでもないし、
そして、こんな素晴らしいキャストでいつも見られるとも限らない。
舞台の映像化の予定もないそうです。

日によっては当日券もあるようなので、
ぜひぜひ、この幸せを味わってほしいです。
ブルーシアター、駅からちょっと遠いけど、
でも、帰途は満たされた気持ちでいっぱいのはず。

今週はお芝居を見る機会が多かった幸せな週。

劇団鹿殺し『image -KILL THE KING-』@駅前劇場
初演をぜひぜひ見たかった。
そして『ロッキー・ホラー・ショー』という作品が
いかに偉大かを改めて思い知らされた。
なんなんだろうなぁ、あの魅力は。

らまのだ『明後日まで内緒にしておく』@下北沢楽園。
久々に舞台の上の斉藤麻衣子さんを見られてよかった。
色っぽくてきれいだった。麻衣子さんは女教師が似合う。
すごく繊細な人たちが作っている作品なんだと思った。
きっと、その繊細さを自分ではなく、他者に向けることができたら
コミュニケーションなり、共感なりが生まれるんだろう。
自省。

劇場にいく回数は確実に減っているので、
だからこそ、確実に良いものを見ていきたい。
観客はよくばり。



oui0214 at 00:15|PermalinkComments(0)演劇 

2016年11月25日

劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします

大好評オンエア中、ウルトラマンオーブの劇場版
『劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』情報公開になりましたね。

田口監督、中野貴雄さんのゴールデンコンビがはなつオーブの世界。
私は劇場版には関わっていませんが、
だからこそ、観客として純粋に楽しみです。

ウルトラマンオーブ、オンエアはあとわずかですが、
劇場版まで……皆さまの応援どうぞよろしくお願いいたします。

←おまけ。娘が描いたゼロと怪獣。ゼロ

















3歳の画力として、これが平均なのかどうか、戸惑う……。
ゼロ好きの娘はオーブの変身バンクでゼロがでると「やったー」といってます。

というわけで、皆さま、劇場でお会いしましょう!


oui0214 at 11:14|PermalinkComments(0)ウイの日常 

2016年11月20日

シーズン

パトリック・チャン選手の調子がよいと、
男子シングルは、楽しいなー。
シーズン終わりまでには、神がかった演技が見られそうで楽しみです。
世界選手権、誰が制するか、もう全然想像がつきません。

そして、
グランプリファイナルにリッポン選手とボロノフ選手に出てほしい!のですが、
リッポンはともかく、ボロノフはちょっと厳しいですよね……。

いろいろな方によく二年前「国別対抗で羽生選手を見逃した話」をしているのですが、
まあ、ざっくりいうと、娘を夫に預けて国別対抗を代々木体育館に見に行ったら
夫が娘にベランダに締め出されてしまい、
諸事情で管理会社も鍵をあけることができず、
男子シングルが始まる直前に、私は帰らなくてはならない事になった……という話なんですが、
もちろん、羽生選手も見たかったけれど、
その時、本当に見たかったのはボロノフ選手だったんです。

当時すでに20代だったボロノフ選手。
若手の台頭が著しいロシア勢。日本で見られる機会はもう少ないだろうな……と思っていたので。
羽生選手は日本に住んでればショーとか、見られるチャンスはありますからね。

ですが!今年のこの活躍ぶり。ワールドもあったりするんでしょうか?
トキメキがとまりません。
今年の国別対抗のチケットを入手すべきなんでしょうか?

という事もあって、
NHK杯のジェイソン・ブラウン選手と羽生選手の結果も気になってたまりません。

そして今日は全日本女子ジュニアのフリー……。
坂本選手も本田真凛選手もどっちも好きなので、結果が楽しみ。

冬はこれがあるから家事と仕事と時間のやりくりが大変、、、
だけど、とても楽しいシーズン。




oui0214 at 11:51|PermalinkComments(0)ウイの日常 

2016年11月14日

ありがとうございました

先週末、ウルトラマンオーブ第19話『私の中の鬼』観てくださった皆様、ありがとうございました。

オンエアがこれから……という地域の皆さんもいらっしゃるでしょう。よろしくお願いいたします。

また見逃し配信もございます。

見逃し配信は今週の金曜日までですが、
アマゾンプライムの会員の方は、これまでの全話を御覧いただくこともできます。

オンエアがない地域もあるかと思いますが、
見ていただけたら幸いです。

賛否の分かれる回だと思いますが、
両方の意見を真摯に受け止め、自分の今後の物づくりに生かしていければと思っております。
ご感想いただけたら幸いです。

私の担当回は今回でおしまいですが、
ウルトラマンオーブ、まだまだ続きます。
皆さまの熱い応援、よろしくお願いいたします。

私もこれからは一視聴者として楽しみます!


oui0214 at 22:02|PermalinkComments(2)ウイのお仕事 

2016年11月11日

ウルトラマンオーブ 第19話

世界が大きく動きすぎて……
個人レベルでも心を揺さぶられるような事がありすぎて……

でも、
どんな時でも
自分の作品のオンエアは、やはり気になる!

大好評オンエア中『ウルトラマンオーブ』
第19話『私の中の鬼』いよいよ、明日9時よりテレビ東京でオンエアです。
直後から見逃し配信もあります。

皆さまのご感想お待ちしております。



oui0214 at 19:49|PermalinkComments(4)

2016年11月09日

悲劇

神宮外苑の火災事故。
詳細を知れば知るほどいたたまれない。
お父様はどれほどご自分を責めるであろう。
私が、お母さまだった場合、お父様を責めてしまうかもしれない。
それが八つ当たりとわかっていても。

しかし、なぜ白熱灯をつけたのか。(責任者が誰かは分からないが)
それは「無知」だからだと思う。

物を作る人間は「無知」であってはならないのだ。

私たち「プロ」という、安いなりにお金をもらう存在になれば
いろいろな方が「プロがやってはいけない事」を教えてくれる。
現場でどういう事をしたら人が危険になるか
あるいいは、どういう事をしたらクレームが殺到するか。
それでも防げないこともある。だから自衛でいろいろ学ぶ。

それを「検閲」を考える人もいるだろう。
だけど、私は、大きな場所へ作品を発表するための良識と考える。
そして、何が起こるかを自分にできる限りで予測して
その中で、一番センセーションを起こす何かを提案する。
(時々、起用される。そして、大部分は何も起こさない。私が無能だからだ)

何が言いたいかというと、
「アート作品を作る」ということは、それくらいの気概がいるということだ。
すくなくとも、
一般常識のかけらもない、
算数も、国語もできない、一般的な教養もない
20歳すぎて、白熱灯が熱くなることもわからない
そんなバカちんには「作品」なんか作ることはできないのですよ。
それが三流の底辺の「作品」であれ。

何かを作る人になりたいなら、
できれば一流になりたいなら、
「一般常識」の範囲に入ることくらい、
親や学校が教えてくれなくても、学習しておきたまえよ。
そういう環境を自分で作れよ。アーティストなんでしょ?ってことです。

そして、そういう「何も知らない」バカ学生を受け入れたなら、
教師はちゃんと教えろよ。

無能な学校が多すぎる。
講師や教授の雇用条件が悪すぎるから、
こういう結果が起きるのかもしれないが、
その積み重ねが今回の事故なんじゃないだろうか?
責任も取れないくせに一般常識もないバカに「大学生」の肩書を与えるな。

イベントを主催した方からは
「作品は600数以上あり、チェックは困難」という発言があったという話もありますが、

だったらイベントなんかするなよ。

少年の冥福など祈りようはずもない。
こんな死、あってはならない事だからだ。

いろいろな事情もあるとは思いますが
今後二度と同じ悲劇が繰り返されないためにも
ご遺族には強い心をもって、ご子息の死の無念の原因を晴らしていただきたい。

これほどの無念。
どんなお金でもどんな時間でも償いきれない。
本当に悔しい。





oui0214 at 11:46|PermalinkComments(0)

2016年11月06日

私の中の鬼

大好評オンエア中『ウルトラマンオーブ』
第19話『私の中の鬼』、脚本を担当させていただいてます。

東京では来週土曜日オンエアになります。(直後から見逃し配信も!)

オーブオリジンの復活。
そして、大好評の第18話『ハードボイルド・リバー』を受けての19話、
もう緊張しかないですが、
皆さんのご感想いただけたら幸いです。

そういえば、『ウルトラマンx』でも19話も担当させていただいて・・。

大人にはなり切れないけど、もう高校生じゃない19歳、
19という数字は
なんか、自分という人間にぴったりな気もします。

中二病なんてまだまだ幸せ。義務教育だもん。
選挙も18歳になった今、
19歳って大人なのに、精神は子供っていう
本当に複雑で繊細なものを背負っているよなぁ、、、、

そんな19話(なのか?)
たくさんの方に見ていただけたら幸いです。

11月12日(土)、9時からテレビ東京にて。



oui0214 at 21:00|PermalinkComments(2)ウイのお仕事 
livedoor プロフィール
Recent Comments