2017年07月24日

ウルトラマンジード 第三話

毎週、更新遅れですみません!


ウルトラマンジード 第三話、 いよいよゼロ登場!


楽しんでいただけましたか?


見逃した方、放映ない地域の方は
見逃し配信がございますよ。

ぜひぜひご覧ください。


ジードライザー、ゼロからのプレゼントという事にしてみました。
(うちの娘はゼロのファンなんです)
私が仕事で外出時に、
お手紙をつけて、娘の部屋においておいたところ……

zero へのお手紙


















うちの子は年少さんで、
まだ、やっと平仮名をかけるかな?くらいの感じです。
(名前や簡単な字は書けるけど、『な』『は』『ほ』などは混乱する感じ)

ゼロが大好きで頑張って書いてくれたんだなーと思うと嬉しかったです。

そして、今回以外でも、「お手紙」となると張り切って書いてくれるので
もしもひらがな、かたかなの学習に悩んでいる保護者の方がいらしたら
「お手紙を書きたくなる気分」にさせること、おすすめです!!
語学はなんでもそうですが、
伝えたい気持ちがないと上達しないのでね。

今回の主人公・リクは若いので、
自分もウルトラマンになれるような気になっている我が娘。
「次は私がウルトラマンになるって、
 ママのお仕事の人にいっておいてー」などと言われます。(笑)

だが、そこは甘やかす気はないので、
「リクはねー、
 ナオだったし、いっぱいいろんな役を演じて、
 やっとウルトラマンになれんだよ。ベテランなの。
 なりたいからって、そんな簡単にはなれないの」というのですが、
「ナオ?」とぽかんとしています。

『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国』は
大好きで何度も見ているのに、
どうもナオとリクが同一人物とは気づいていない様子。

成長もあるのでしょうが、
濱田龍臣さんの演技力、さっすがですね! 

ペガとリクのコンビが大好きで、
ペガがこういった、
リクがドンシャインの真似をした……と
毎回楽しそうに話してくれます。

このシリーズに参加できて、
親としては本当に良かったです。
作家としてはどうなのかは……
この後の評判と神のみぞ知る!ですね。

皆さま、どうぞ引き続き応援よろしくお願いいたします。




oui0214 at 13:21|PermalinkComments(0)ウイのお仕事 

2017年07月17日

ウルトラマンジード 第2話

更新おくれましたっ!


『ウルトラマンジード』第2話、『怪獣を斬る少女』
御覧いただけましたか?

見逃しちまった! という方は
見逃し配信どうぞ!

家庭の事情でプレビューにいけなかったので
オンエアで初めて完成作品を見ました。

お・も・し・ろ・い!

そして、我らがヒロイン・ライハ! 
かっこいいーーーーー!!!

ライハっていう名前も、大好きなんです。

たくさんの方に届く作品になりますように。

どうぞ皆さま、応援よろしくお願いいたします!


oui0214 at 22:43|PermalinkComments(0)

2017年07月08日

いよいよ

『ウルトラマン ジード』

本日からです。 応援よろしくお願いいたします。

たくさんの方に届く作品になりますように……。


oui0214 at 06:41|PermalinkComments(2)ウイのお仕事 

2017年07月01日

ウルトラマンジード 直前スペシャル

オンエア後のブログ更新ごめんなさい!

『ウルトラマンジード』直前スペシャル、みてくださいましたか?

見逃しちゃった……という方は
見逃し配信もありまっせ!

いよいよ来週からジードがスタートです。

どんな作品もそうですが、
始まる前は、「どんな風に受け入れられる(または……)」とドキドキします。

が、
「オンエアされたら商品。
 評価は気にせず、次の作品へ」
というのが恩師の言葉です。
オンエアまでは全力で……という意味だと(今は)思っています。


子供が生まれた頃からか
40代を迎えた事からか
「自分の終わり」はいつも意識していて
そういう意味では
このウルトラシリーズというより、
与えられる一話、一話を
自分の最後の話……と思って書く実感は強まっています。

いや、デビューの時から
そういう心意気ではあったけど
それでも、若さと愚かさというのは傲慢なもので
どこかで未来を信じているから。

今も未来は信じているけど、
未来のためにも、
ひとつひとつにベストをつくさないといかんのでは?と。

いや、売れるためには
もっと気をつかうべきことはいっぱいあって(人脈とか)
しょせんは無名で終わる女の一人言ではありますが、
一作、一作、とにかく全力で、
与えられる時間を頑張ります。

おっと、話がそれましたね。

とにかく
『ウルトラマンジード』
たくさんの方に見ていただきたい!

応援、よろしくお願いいたします。




oui0214 at 15:38|PermalinkComments(0)ウイのお仕事 

2017年06月21日

浅草のジード

浅草に行く用事がありましたので、
バンダイ本社に行ってきました!

バンダイ1














すっかり、「ウルトラマン ジード」仕様です!
いよいよ来月から! 7月8日(ド)スタートです。
皆さま、どうぞご期待ください。
(うつっている子供はうちの子です。
 他にもお子さんいらしていたので、いないチャンスに撮ろうとしたら……)

バンダイ2_LI (2)













やっぱり、ゼロカプセルが気になるうちのお嬢さん。
ウィンドウから離れてくれませんでしたー。

子供は(女の子は?)やっぱり、ゼロが好き!

放映と同時に
シャイニングウルトラマンゼロカプセルのキャンペーンも始まるようです。
おはやめにー。

『ウルトラマンジード』
シリーズ構成協力と脚本で参加しています。
みなさま、どうぞ応援よろしくお願いいたします!





oui0214 at 11:20|PermalinkComments(0)ウイのお仕事 

2017年06月14日

無痛分娩

前にも書いたかもしれないけれど
私は無痛分娩の経験者です。
入院の前日まで打ち合わせしていて、
出産して3週間で仕事復帰しざるを得ない状況でした。
(良い事だとは思っていません。
 このあたりのフリーランスの事情はまた、改めて)

無痛分娩は、うまくいった場合、母親の身体的な負担が少ないので、
回復が早く、復帰しやすいというメリットがあります。
40代で出産した私にとっては、本当にありがたかったです。
また、私のように「働かざるを得ない」または「働きたい」母親にとっては
大きなメリットがあるものです。

同時に出産というただでさえ、繊細で危険なイベントに
「麻酔」という危険な不可がつくため、
取返しのつかないデメリットが生じる可能性もあります。

それを避けるために、
総合病院であったり、歴史のある病院であったり……での診察を希望すると
国からの助成金を除いて、100万円〜のお金がかかることになります。
(私がかかった病院は最低限でもそうでした。
 数十年前から無痛分娩を行っていた、歴史ある病院です。
 もっとかかるところもあるでしょうね)

無痛分娩を希望しながらも、
金銭的な負担が難しい人、
あるいは、何も知識ないまま、
「安くて無痛分娩ができるところ」を探してしまう妊婦も多いでしょう。

無痛分娩のメリットを知っているからこそ、
このような事故が起こることを本当に悲しく思います。

事故で被害にあった、母子のお母さま(子供の祖母)の手記です。
「私たちの家族に起こった悲劇を伝えたいからではない」
この一言に、感動しました。
このおばあさまは医者だそうで、
無痛分娩のメリットを十分に理解した上で、
日本の基準に意見をされているのだと思います。

まったくその通りです。

そして、基準がなかなか変わらない以上、
私たち、「産む側」が知識を持って、病院を選ぶ必要があります。

私にとって、病院選びは非常に難しかったです。
大抵の人にとってはそうだと思います。
情報が非常に少なく、
そして、周囲にいるほとんどの人は1人か2人しか子供を産まないので、
経験者の話もあまり役にたたないのです。

絶対にないことですが、
もし二人めを産むとして……。
長女を産んだ病院を選ぶかどうか、
非常に悩むと思います。
(夫は猛反対するでしょうね。
 子供が無事に生まれていても、そんな感じです)
でも、違う病院を選んだとして、
それが正しいのかどうかもわからないわけです。
転院も(東京都では)非常に難しいことです。


もっと、
出産関係の情報がオープンに共有される場があればいいなぁ……。
そして、できれば
無痛分娩も含めて、
出産にお金がここまでかからないといいのだけど……。

若い世代が「子供を持つことに夢をもてる」
そういう国が、私の考える「美しい国」です。


oui0214 at 11:07|PermalinkComments(0)ウイの日常 

2017年06月02日

ウルトラマンジード

昨日、情報公開になりました。


『ウルトラマンジード』

シリーズ構成協力 & 脚本で

参加させていただきます!!

『ウルトラマンX』、『ウルトラマンオーブ』に続いての参戦ではありますが、
まだまだ初心者、
そして、
構成協力として、全体に関わるのは初めての経験になります。

不安や、
不安や、
不安で、、、
いっぱいですが!

『ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!』

他の脚本家の皆さんと共に
乙一さんの世界観を体現できるように頑張ります!

応援、どうぞよろしくお願いいたします。




oui0214 at 17:59|PermalinkComments(2)ウイのお仕事 

2017年05月31日

初体験

夜めの本うち。

お夜食が、海木さんの『だしいなり』でしたよ。


だしいなり














ふっくらとしたお揚げから、
至福の出汁がじゅわっと。

うわぁ、幸せ。

その場にいる全員が
少しだけ、
でも確実に幸せになれた瞬間でした。

ご馳走様でした。


oui0214 at 00:22|PermalinkComments(0)

2017年05月24日

お仕事の事を書かないと(情報解禁前なので)
こんなに書く事がないんだなぁ……っていう。

どうかしてるぜ!

もっと、日々心が豊かに満たされる生活を送りたい。




お花を、
いただいたのです。

花

















娘がずーっと「トイレちゃんに花がなくて可哀想」というのを無視し続けていたので(余裕の問題)
トイレを花でいっぱいにしました

ダリアは、私がもっとも好きな花のひとつで
娘にも「だりあ」って名付けたかったくらい。

そして、
ユリもいっぱい頂いて、
こちらは立派すぎて我が家の御不浄には収まりきらないので
食卓に飾っております。
(結果、食事は別の場所に追いやられることになります)

よい香り。

皆が寝静まった深夜に帰宅して、
リビングからふわーっとユリが香ると
とても幸せな気持ちになり、
何もかもほったらかして、さっさと寝よう!と思っていたのに、
夫と子供が洗わずにほっておいた
シンクいっぱいの食器を
「明日までおいておくと、嫌な臭いがするし」くらいの気持ちで
洗えるくらいの心の余裕は生まれます。

昔から
香りに心が癒される人なのですねー。
今思えばめまいがするような値段の入浴剤を
毎日どぼどぼお風呂に注いで
「あー、幸せ」

ああ、あの頃の君は確かに幸せでした。

妊娠で入浴剤に制限がでて、
乳児に気を遣って制限がでて……

でも、そろそろ解禁かも。

香り。
とても贅沢な喜び。

おうちをいつもお花でいっぱいにするのは難しいですが、
でも、少しづつ
そういう余裕を取り戻していってもいいのかな?

余裕のない人の書くものなんて、
読んでいて胸が苦しくなりますものね。


oui0214 at 10:36|PermalinkComments(0)ウイの日常 

2017年04月30日

待つな、セリヌンティウス

劇団竹『待つな、セリヌンティウス』@神田道楽庵ギャラリー。

日常に追われ、劇場に足を運べず、不義理の日々。
人との縁も切れていきます。

そんな中で、無理をしてでも
やっぱり、劇団竹を見てしまう。
そして、見てよかったなと思う。

もう千秋楽の公演も終わっているでしょうから、
多少ネタバレも許されるのか……。

ストイックな構成で、
真摯に物語に向き合う姿勢にまず感動。

そして、シンプルでいて、劇的な新しい訪問者の出現。
それを超える、最後の告白者の独白の持つ力。

テーマや宣伝とは真逆かもしれませんが、
これは「生きている」ことへの全面的な人生賛歌だと思いました。

主宰の竹林さんにもお伝えしましたが、
竹林さんの作る物語は
もっと、大きな規模で(演劇という枠を超えて)
幅広い層に発信されるべきだし、
それができる力があると思います。

このまま小さな規模で続けて行って
いつかすごく無神経な形で、
誰かにパクられて、なんかどうでもいい消費物の一部になってしまうのが恐ろしいです。

それほどまでに、
すごく斬新で、すごく普遍。

日程の変更もしていただいて、
物凄くご迷惑もおかけしましたが、
見られて良かった。


だが
きっと
この作品もまた、別の形で見られる日が来るでしょう。

その時は、最後のK〇〇〇シーンをがっつりみたい。

恋愛とは無関係なKシーンが大すきなんです!



oui0214 at 21:21|PermalinkComments(0)演劇 
livedoor プロフィール
Recent Comments