今年もアッというまに2ヶ月経ちました!

[お知らせ]
3月21日から3月30日のあいだは
家族行事のため院を休業いたします。
その期間中治療が必要なかたはご相談ください、良い先生を紹介いたします。
DSC_0282
75歳の父と8歳の息子にも理解できる「旅のしおり」を作成するのは至難の業です。

もし単独渡航なら
・パスポート
・クレジットカード
・スマホ
・肉体
・脳味噌
の五つが最低限あれば旅なんてなんとかなると思っています。自己完結スタイルです。

老人と子供を連れて、どんな時間管理で進めていくか?忍耐力が養われそうです。

おうじょう治療室 中村晃慈郎 拝

2017年もありがとうございました!

received_167989380619921
年末の繁忙期はコンディション管理が欠かせません。

セルフケアでは追い付かない時は
武蔵浦和の鍼灸院に僕自身治療を依頼しています。

2本刺しただけでギブアップして帰る人もいるそうですが…、そこは仕組みと根拠と効果とデメリットを理解することで耐えることができます。

あとは栄養
ビタミンc
ビタミンb群
消化酵素
に疲労回復を助けてもらいます。

運動は
朝のサーキットトレーニング12分と夜のストレッチ8分を原則毎日。
自分との約束とも言えます。

精神疲労については
開業14年目にしてはじめてワンオペで院を運営したことで
スタッフのマネジメント業務がなくなり、疲労は少なかったと思います。

ワンオペを機に運営面は断捨離をしました。
ムリムダムラの改善は底無しです。

具体的には、過剰接客、過剰清掃、重複プロセス、等を見直しました。
そこから心の余裕が生まれ患者さんへのケアにエネルギーを注げれば本望です。

2017年も2000名を越えるご要請をいただきました。
その感謝は行動で示すしかありません。
そしてその行動には全て個別化されていてなおかつ一貫性が必要だと自負しています。

来年も行動で皆様に貢献いたします。

おうじょう治療室 中村晃慈郎 拝


マラソンと大相撲

本日は「さいたま国際マラソン」の日。
そして「大相撲九州場所」の日。

先週はその準備のためのランナー患者さんが
たくさん来院されました。
選手ごとにメニュー構成は色々で
・歪み直し
・疲労回復
・古傷の治療
などなど。

そのうちの施術中、アフリカ系ランナーの
「鋭角な足首」「粘り」「ヒールリフト」
の話題になり
「仮説ですが、まずは足首前面の詰まり&後ろ面の突っ張りをどれだけ緩和できるかです。それ次第でけっこうアフリカ的になるんじゃないですか〜?」
[画像:f92da3e6-s.jpg]
結果は、良かったです。
使った技術はISR(組織間リリース)でした。


[画像:d2213aa8-s.jpg]

脱臼骨折と蜂窩識炎の予後の滑走不全で、足首の粘りが失われてしまった関取(お相撲さん)の治療も、ISRで行っていましたのでそれをランナーに応用しました。

その関取から九州場所の番付表が届きました。院内待合室に貼り出しさせていただきました。

九州場所、本日からスタートですね。

ランナーの皆様のこと、関取のこと、院から応援いたしております。
ご無事ご武運をお祈りしております。

王拯治療室 院長 中村晃慈郎 拝

****************************** 
王拯治療室 (おうじょうちりょうしつ)
http://www.oujou.net/

〒338-0837 
さいたま市桜区田島4-9-12 
TEL/FAX 048-844-1314 
「中浦和 整体」「西浦和 整体」で検索

******************************

記事検索
プロフィール

oujou1987

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ