テレビや新聞で大騒ぎの新型コロナウイルス。感染成立の条件は飛沫感染と接触感染と言われているが、検疫官などの衛生に関わった専門家が簡単に感染している状況をみると、空気感染めいた強い感染力があるんじゃないかと思うシマトネリコです。

さて、産能を卒業した今、もう二度と大井町の地を踏むことはないだろうと思っていたのですが、産能のスクでもお世話になった大井町にやってきました。でも、スクーリングに参加するとか産能大の何かをしに来たわけではないです。

大井町に来たら常宿のアワーズイン阪急、安くてきれいで清潔な所がイイですね。
DSC_1416

仕事できました。正確には今度、仕事で使うツールの研修を受けに来ました。そのツールの研修センターがこの大井町にあったのです。偶然ですが、産能スクで馴染のある大井町、懐かしいです。

スクで来るときは自腹ですから部屋は一番お安いシングルですが、出張ですと費用は会社持ちなので部屋はデラックスシングルを取っております。えへへへっ
部屋の窓から見る夜景です。向こうに三日月が写ってます。
DSC_1408

部屋は東向きなので6時半ごろお日様が登って行くのが拝めます。そして、おふろ王様に行ってきます。高濃度炭酸泉が疲れた体を癒してくれます。朝は人も空いていました。
DSC_1413

定番の朝食、600円です。ここのパンはとても口当たりが軽くおいしいです。パンは御代わり自由ですので6個も食べました。お腹いっぱいです。
DSC_1389

新型コロナの影響か町ではマスクを装着している人が多かったです。薬局に行ってもマスクは品切れなのにどうやってマスクを調達しているのか不思議です。
産能時代は大きなスーツケースを引いたアジア系外国人観光客が多かったのですが、今回は殆どみません、新幹線でも大半の人がマスク姿です。
得体の知れない微生物感染症は人を狂気にします。感染症の光と影と言いますか、感染症の治療方法が成立する光が差すまでは、世の中を影の部分が大半を支配します。感染拡大を防ぐため公衆衛生が強化されますが、このとき、感染症に対する無知識や過剰な反応によって人権への配慮が欠け、人権侵害ともとれる出来事が起こります。感染者へのいじめや差別です。これは歴史を見ても人間は同じことを繰り返します。中国では感染者を自宅に閉じ込めて玄関を釘で打ち付ける映像がニュースで流れました。また、ウクライナでは中国からの退避者が乗ったバスを襲撃した事件もニュースで流れました。
日本でも福岡の地下鉄でマスクをせずに咳をしている乗客に他の乗客が耐え切れずに非常通報ボタンを押してダイヤを乱れさすニュースがありました。
正しい知識がない、正しい情報がない、そしてメディアが人々に恐怖を煽る。これが人々を不安に陥れ狂気と化します。放大で感染症と生体防御、公衆衛生学、集団と群集の心理、免疫と微生物の科学を学んだおかげで、知っていることがワクチンであるということを学びました。こういう時にこそ学んだ知識を知恵にして私は冷静に行動したいと思います。