キッチンNagomi

2019年05月26日

仏教サロン京都・特別講座「ツォンカパ大師とダライ・ラマ法王の教え」初回開催ご報告

仏教サロン京都・特別講座「ツォンカパ大師とダライ・ラマ法王の教え」

前半初回「チベット仏教の教義の概観とツォンカパ大師の功績」開催ご報告

5/25、昼から車にて上洛し、仏教サロン京都さんでの初回講座を開催させて頂きました。

猛暑日一歩手前となる非常に暑い中、7名の受講者さまにご参加を頂きました。誠にありがとうございました。

キッチンNagomiさん2階のお部屋にて、アットホームな雰囲気。





このような講座を務めさせて頂くことは久しぶりであり、最初は少し緊張いたしました。

2時間ございましたものの、申し訳ないことに、少々時間切れになってしまった部分が…悪い癖にて途中、かなり熱くなり過ぎたところも、、

とにかく、拙い講義ではございましたが、単に学問的な知識や教養としてではなく、これからの人生、生き方、生活に仏教を活かして頂くための一つの糧となるご仏縁になりますよう、精一杯に努めさせて頂きましたつもりではございます。

主宰の加藤さまとは、ようやくお会いしてご挨拶することもできました。ネット上では、もう7、8年のお付き合いでございましたが、、



実は、加藤さまのご先祖様は、拙寺にお墓のある楠木正行公が討ち死にした南北朝時代の四条縄手の合戦に参加なさられていたという妙縁も。。

荘厳や設営、受付など、色々と親身にお世話下さりまして、本当にありがとうございました。







次回は、後半一回目、6/29となります。また、前半も再度、7/13にございます。今回参加できなかった方、ご検討中の方も、是非、宜しくお願い申し上げます。

仏教サロン京都・特別講座「ツォンカパ大師とダライ・ラマ法王の教え」

前半(7/13)「チベット仏教の教義の概観とツォンカパ大師の功績」

後半(6/29・9/7)「ツォンカパ大師の中観思想とダライ・ラマ法王の教え」

次回・後半一回目・令和元年6月29日(土)午後2時から午後4時

会場・仏教サロン京都第2会場・キッチンNagomi・2F
(JR梅小路京都西駅より5分・京都水族館裏手すぐ)
https://goo.gl/maps/sGP3RGUPbVrxeFxj7

受講料・1回・2,500円

講座レジュメ・PDFファイル・後半
https://sunyahide.files.wordpress.com/2019/04/2019.6text.pdf

前半
https://sunyahide.files.wordpress.com/2019/04/2019.5text.pdf

2019年5月~9月・仏教サロン京都・特別講座
「ツォンカパ大師とダライ・ラマ法王の教え」ご案内
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/79199190.html

仏教サロン京都サイト・講座案内・申し込み
https://bukkyosalon.com/

・・

春秋彼岸中日・年2回開催・夕陽の彼方に観た浄土
往生院「日想観・極楽誓願法要」
次回開催は、9/23・彼岸中日・夕刻(雨天中止)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/72883056.html

岩瀧山・滝行修行ご案内
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/77069127.html

永代合祀供養・合祀塔「やよい観音」
http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/79729750.html

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/

oujyouin_blog at 09:00|Permalink

2019年02月14日

チベット仏教入門「ツォンカパ大師とダライ・ラマ法王の教え」の会場

2019年5月~9月・仏教サロン京都・特別講座
チベット仏教入門「ツォンカパ大師とダライ・ラマ法王の教え」ご案内

http://blog.livedoor.jp/oujyouin_blog/archives/78862089.html

会場が決まりました。全4回とも、第2会場「キッチンNagomi・2F」となりました。

〒600-8833 京都府京都市下京区西酢屋町10

京都市バス 七条大宮・京都水族館前下車 徒歩1分

または JR山陰本線新駅より徒歩5分

地図↓


開催詳細・申し込みフォームは下記アドレスから
http://bukkyosalon.wp-x.jp/2019/02/07/2019%E5%B9%B45%E6%9C%88%EF%BD%9E9%E6%9C%88%e3%80%80%E7%89%B9%E5%88%A5%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%80%8C%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%91%E5%A4%A7%E5%B8%AB%E3%81%A8%E3%83%80%E3%83%A9%E3%82%A4/

・・

この度、「仏教サロン京都」さんにて、5月から9月まで、誠に畏れ多く恐縮なことではございますが、特別講座・チベット仏教入門「ツォンカパ大師とダライ・ラマ法王の教え」を開催させて頂ける運びとなりました。

特に、今年はツォンカパ大師600年ご遠忌にあたり、少しでも皆さまとツォンカパ大師の教え、ダライ・ラマ法王様の教えを共有して学ぶことができましたらと考えている中、有り難くにも、加藤悦子氏主宰の「仏教サロン京都」さんが相談に乗って下さり、本講座を設けさせて頂くことができました。

↓講座案内
http://bukkyosalon.wp-x.jp/

http://bukkyosalon.wp-x.jp/2019/02/07/2019%E5%B9%B45%E6%9C%88%EF%BD%9E9%E6%9C%88%e3%80%80%E7%89%B9%E5%88%A5%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%80%8C%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%91%E5%A4%A7%E5%B8%AB%E3%81%A8%E3%83%80%E3%83%A9%E3%82%A4/

講座紹介

世界でもっとも著名な僧侶であるダライ・ラマ法王。日本でも多くの方がお名前をご存知です。しかし、法王の説くチベットの仏教とはどのような教えなのか詳しくはわからない…という方がほとんどではないでしょうか。この講座では、法王が属するゲルク派の開祖・ツォンカパ大師に焦点を当て、チベット仏教を学びます。

大師は14世紀のチベットに生まれ、混乱期にあったチベット仏教を再興し、顕密共の修道体系を確立されました。チベット仏教史において最大の功績者です。

当講座は2回完結で、

第1回目に

「チベット仏教の教義の概論とツォンカパ大師の功績」

第2回目に

「ツォンカパ大師の中観思想とダライ・ラマ法王の教え」

についての解説を行います。

本年はツォンカパ大師600年ご遠忌にあたり、偉大なるご功績のほんの一端だけでも、皆さまと共有して学ぶことができれば幸いです。

入門講座ですので、どなたでもお申し込み頂けます。

【講座の仕組み】

講座は2回で決着。それを2回繰り返します。

1 、5/25・7/13

「チベット仏教の教義の概観とツォンカパ大師の功績」

2 、6/29・9/7

「ツォンカパ大師の中観思想とダライ・ラマ法王の教え」

基本的に、5/25と7/13の内容、6/29と9/7の内容は同じとなります。

できましたら、1周目(5/25・6/29)、2周目(7/13・9/7)のどちらかを選択し2講座連続でお受けください。

ただし1回だけの参加も可能とします。

また、全4回の参加ももちろん可能です。全回参加の方にも、毎回有意義な学びがあるように工夫をするつもりです。

5/25・6/29・7/13・9/7各回とも土曜日です。

午後2時から午後4時までの120分。(講義90分・休憩10分・質疑応答20分)

【受講料】

各回とも2,500円

【会場】

第二会場「キッチンNagomi・2F」

〒600-8833 京都府京都市下京区西酢屋町10

京都市バス 七条大宮・京都水族館前下車 徒歩1分
または JR山陰本線新駅より徒歩5分



【定員など】

定員は10名・最少催行人数3名。先着順にて、定員になり次第に締め切ります。

但し、定員超過となった場合でも、会場の都合が調えば、できる限り参加を頂けるように努めます。

【お申し込みの方法】

リンクページの下段に申し込みフォームがございます。また、仏教サロン京都さん主宰の加藤様へのメール、電話でも申し込みができます。

http://bukkyosalon.wp-x.jp/2019/02/07/2019%E5%B9%B45%E6%9C%88%EF%BD%9E9%E6%9C%88%e3%80%80%E7%89%B9%E5%88%A5%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%80%8C%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%91%E5%A4%A7%E5%B8%AB%E3%81%A8%E3%83%80%E3%83%A9%E3%82%A4/

「仏教サロン京都」さんは、仏教を深く知り、学びたい方のためのサロンです。
http://bukkyosalon.wp-x.jp

・・

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/

oujyouin_blog at 05:58|Permalink