hasunoha

2017年03月11日

東日本大震災物故諸群霊位七回忌追善供養

あの日から六年・・3.11 忘れない・・共に歩もう、これからも。合掌

東日本大震災物故諸群霊位七回忌追善供養厳修・併修戦災災害事故物故諸群霊位御供養厳修



開経偈・般若心経・観音経世尊偈・大悲呪・消災呪・東日本大震災物故諸群霊位亡者忌回向・阿しゅく如来真言・舎利礼文・四弘誓願・併修戦災災害事故物故諸群霊位御供養

並びに朝晩梵鐘併修御供養・14時46分追悼鐘御供養・hasunoha拙回答功徳回向

追悼の鐘七聲







一音のおよぶところ千界に限らず、苦を抜き楽を与う、普く皆平等なり、有縁無縁三界の万霊位、古来幾多の戦災、災害、事故犠牲者諸群霊位、東日本大震災犠牲者諸群霊位、その精魂は皆他方の界に去り、朽骨は猶此土の塵となる、鐘声の地を動かす毎に、冤霊をして浄刹に導かしめん。十方三世一切の諸仏、諸尊菩薩、摩訶薩、摩訶般若波羅蜜。合掌

被災地復興のためにもまた努めさせて頂きたいと存じます。

副住職 川口英俊 合掌

・・

東日本大震災から六年・・七回忌を迎えました・・hasunohaにて有り難くにも積ませて頂きました功徳が、ほんの僅かにでもございましたら、ご回向を申し上げさせて頂きたいと存じております。

願わくは、この功徳を以って、普く一切に及ぼし、我等と衆生と、皆共に仏道を成ぜんこと。合掌

東日本大震災を機縁として立ち上がりました「hasunoha」に参画できましたこと、誠に感謝致しております。微力ながらにも一つ一つ少しずつでもお役に立てれる善行・功徳となりましたら、亡くなられました皆様への追善供養として回向申し上げたくに存じております。川口英俊合掌

hasunoha書籍化・印税収益の一部・東日本大震災・被災者支援に寄附
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/89551fac04beefe15a197270ba215a78

お坊さんネットQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

「hasunoha」拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/

書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中!
http://hasunoha.jp/docs/pr_0002

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/

oujyouin_blog at 23:23|Permalink

2017年01月24日

未来の住職塾・本科・第五期・受講感想(副住職・川口英俊)


この一年、当寺・副住職が参加させて頂いておりました未来の住職塾・本科・第五期・受講の感想でございます。




実は、未来の住職塾の本科受講は、一期目の時から興味があり、受講を考えていたのですが、なかなかタイミングが合わず、ずっと見送ってしまっておりました。

また、お坊さんネットQ&A・hasunohaのメンバーにも卒業生の方が多く、特に、hasunoha共同代表の井上広法師、そして、浦上哲也師は、住職塾卒業生のサンガのそれぞれ副会長、会長でもあり、誠に近い存在でございました。

そして、Facebookで繋がりのある僧侶の皆様方による参加の良い評判や評価、そして、大恩師である大法輪寺の田口学法師からの強いお勧めも頂きまして、第五期にようやく参加することに致したのでございます。

当初は、「寺院・僧侶が、経営学・・」と少し敬遠してしまうイメージを持ってしまっておりましたが、現実、仏法を護持し、これからも、仏法を後世へと護り伝えていくためには、寺院の運営は当然に避けて通れず、ましてや、ますます厳しくなる現状に対して目をつむるわけにもいかず、仏法というソフトを確かに起動させるためのハードとして、仏法・寺院の両輪をバランス良くに調えていくために、ハードの面のこれからの指針となるものを一度考えてみたいということもあって、参加を決断したのでございました。結果的には、ソフトの充実についても大いに考察を深めることができました。





講義に参加することで、学びと共に、同期の皆さまとのワークショップでのケーススタディを用いた侃々諤々の議論、苦しみながらも都度の前後課題を進めていく中で、自分なりにお寺の現状と課題、そして、今後の方針が、回を重ねるごとに、当初はおぼろげであったものを可視化することができていき、そして、講師陣による的確なアドバイス・コーチィングにより、少しずつ寺業計画書へと落とし込むことができるようになって参りました。



当初は、自分のお寺と関係のないことでの寺業計画書の立案も目指していましたが、半分ほど描いてみたものの、大風呂敷を広げたことによる実現性への不安と、自己満足・独善的なものにやや傾いてしまっていたため、やはり、「自坊があっての今の自分である」という思いも徐々に強まったことから、自分のお寺の計画書を最終的に仕上げて発表をさせて頂きました。

そして、迎えた寺業計画書の最終発表・・



緊張と共に、プレゼンで使う予定で準備していたスライド使用を躊躇してしまったため、入りから少しグダグダに・・そのまま質疑でも消化不良な応答・・そしてタイムオーバー・・

残念ながら、自分の思うような発表にはなりませんでしたが、発表にて得た学びと気づきに基づいて、計画書を更に練り直し、そして、最終提出を本日に行いました。

もちろん、最終提出で終わりではなく、計画を実践することが大切となります。

早速、来月に開催される当宗教法人の責任役員会にて、計画書を発表すると共に、具体的な取り組みについて随時上程、審議して頂く予定でございます。

また、これからの同期の全国の仲間との集いや卒業生のサンガの皆様との交流による学びとご縁も誠に楽しみでございます。

どうぞ今後ともに宜しくお願い申し上げます。

副住職・川口英俊 合掌

下記のように来期の体験教室、本科の募集も始まっています。お寺の関係者の方でご興味のある方は、是非ご参照下さいませ。

未来の住職塾 無料一日体験教室
http://www.oteranomirai.or.jp/juku/seminar/pre/?utm_source=top&utm_medium=banner&utm_campaign=1daytaiken

未来の住職塾 第六期・募集
http://www.oteranomirai.or.jp/juku/regular_course/

・・

『未来の住職塾』受講を迷っているあなたへ!!!

「未来の住職塾」第五期にて共に学んだ法友の齋藤宣裕師(東京クラス)による「『未来の住職塾』受講を迷っているあなたへ!!!」が、凄まじく激熱だ。。

受講の感想コメントのご依頼を僭越ながらにも頂いたので、その激アツぶりに触発されて、拙生も下記のように負けずに檄文を寄せさせて頂きました。

次代の日本仏教界を担う志士たちの末席に、浅学菲才なる拙生も何とかお加えを賜りまして、学びと共にご縁を頂戴させて頂けましたら、誠に有り難くに存じております。

第六期の皆様からも是非、学ばせて頂けましたら幸甚に存じます。どうか宜しくお願い申し上げます。合掌

・・

- 「未来の住職塾」は、まさに幕末期の松下村塾 -

幕末期、開国を迫る諸外国の圧力を前に、長らく鎖国にあった江戸幕府は対応できず危機に陥っていた。

そのような中、この国の未来について熱く議論研鑽し、新しい国づくりを担う明治維新の志士たちを多く輩出した塾があった・・。そう、誰もが知る「松下村塾」である。

今、日本の仏教界は、幕末期の日本とどこか似ていると言えるのではないだろうか・・。時代・社会の変革のスピードに対応できず、苦境に喘いでいる。檀家の減少、無住寺の増加、布施のビジネス化、進む仏教離れ・・まさに「寺院崩壊」の時を迎えている。

このような危機の下で現れたのが「未来の住職塾」だ。

これからのお寺の未来に危機感、不安感を持った者たちが全国から集い、互いに学びと共に侃々諤々に議論して研鑽し合い、それぞれが磨き上げたる寺業計画書を基に、これからの新しいお寺づくりを担おうと奮闘している。

そして、お寺の未来のみならず、これからの仏教界の未来をも切り開く志士たちが集うところ。それがまさに「未来の住職塾」と言えるのではないだろうか。

確かなる救い、癒し、安心のための仏教、寺院、僧侶のあり方について、是非、共に熱く語り合いましょう。

・・

『未来の住職塾』受講を迷っているあなたへ!!!
このページは、平成28年度『未来の住職塾』第五期を東京クラスで受講した僧侶が、住職塾の感想などをお伝えして、個人的に参加をオススメするページです。他の5期生のコメントも随時更新しています。

未来の住職塾・本科・第五期生・関西クラス・最終講義・寺業計画書発表会報告(2017.1.20)
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/cdb110b442a8018969fae0070b3cd174


お寺のビジョン

【総合テーマ】「グローバルに人々に確かなる救い、癒し、幸せ、安心をお与えになられておられるダライ・ラマ法王のような存在のあるお寺を目指したい」

有形無形の歴史的な価値と単立寺院としてある程度自由さのある利点をフルに活かして、初縁の拡充に努めると共に、総合的な仏教実践、仏縁交流を推進し、他寺院では難しい新たな仏教価値を提供していける可能性を模索し、その一環として、テーラワーダ仏教からチベット密教に至るまでの顕密共に仏法を総合的に修学していける体制を調えると共に、幅広く超宗派間における寺院・僧侶との交流を進めることでの研鑽も深め、また、総合的な仏教修学により、方便力(対機説法・応病与薬)の強化を図ることによる僧侶の資質向上にも取り組み、信頼されるお寺、僧侶として、安心して、仏事・葬儀を任せて頂けることでの寺門興隆を図っていきたい。(中略)そして、いずれは、葬儀や法事などにおけるお経の対価としてお布施や寄付を受けるのではなく、釈尊成道以来、ナーランダ僧院に至るまでの僧団のあり方として、仏教・仏法を確かに扱い実践しているお寺・僧侶であるということにより、真に人々への救いや癒し、幸せ、安心のお役に立てることができている、尊いもの、聖なるものということによって、お布施や寄付を、自然に快くに頂けるようになり、人々がこれからも存続を願って、恭敬と応援の思いをもって、協力、支援、感謝をして頂けるようなお寺にしていきたい。(中略)


お寺の使命

お寺が、社会情勢(政治・経済など)や時代・人々の要請により、形態が多様に変化していくのはやむを得ないが、そのような中であっても、決して変化させてはならないのが「仏教」であり、この世に迷い苦しみのある限り、仏法を護り、伝え、説き示し、悟り・涅槃へと導いていくために、安定したハード(器の維持)・ソフト(僧侶・仏教思想哲学の質の向上)両面をバランス良く調えていくことにより、人々に確かなる救い、癒し、幸せ、安心をもたらしていきたい。


往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/

oujyouin_blog at 12:42|Permalink

2017年01月19日

hasunoha書籍化・印税収益の一部・東日本大震災・被災者支援に寄附

hasunoha書籍化・印税収益の一部・東日本大震災・被災者支援に寄附

昨年に、当寺・副住職(川口英俊)の拙問答も収録されておりました書籍化『hasunohaお坊さんお悩み相談室』による印税収益の一部が、東日本大震災の被災者支援のために寄附されました。

hasunoha書籍化『hasunohaお坊さんお悩み相談室』
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/a5e7bbcac80414f55d220d1c821cdf3c

お坊さんネットQ&A・hasunoha(代表・堀下剛司氏、共同代表・井上広法師)の運営もまだまだ苦しい中で、本当に有り難いことでございます。

ほどなく7回忌を迎えます。拙生もhasunoha拙回答の功徳と共に更にできる支援を進めて参りたいと存じます。

川口英俊合掌

**以下、hasunoha・堀下剛司代表ブログ本文より抜粋**

hasunohaの書籍化で得た収益の一部を震災後の被災者の方の支援をしているKTSKという団体に寄付させていただきました。

hasunohaが誕生したきっかけは、東日本大震災での助け合う人々を見た感銘から、日本人に眠る美徳を呼び覚ましたいという思いだったので、いつの日かhasunohaの活動を通して、震災復興や今もなお苦しんでいる人々に何か支援をしたいとずっと思っていたのです。

そして支援をするなら、物資ではなく心のケアに、さらに僧侶の方が主体となって活動されている団体さんはないかと回答僧侶の方に聞いてみたところ、

震災から6年経った今も、定期的に被災地に赴き、今も苦しむ人々の傾聴をされていて、僧侶の方が運営されている団体があると知り、わずかばかりですが寄付をさせていただくことにしました。

KTSKとは「傾聴に取り組む宗教者の会」の略なのだそうです。

お金を出すだけが支援ではないでしょうし、ここからがまさにスタートです。震災に限らず苦しんでいる人が世の中にはたくさんいることを知ってもらうこと、その方たちに寄り添う活動をしている僧侶が日本には多くいるということも、hasunohaを通じてお伝えしていけるようなプラットフォームになりたいと考えています。

以下、全文参照・・

お坊さんQ&Aサイトhasunoha(ハスノハ)代表ブログ・2017年 最初にしたこと
http://taka.hasunoha-blog.info/2017_start/

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

「hasunoha」拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/

書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中!
http://hasunoha.jp/docs/pr_0002

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/


oujyouin_blog at 09:10|Permalink

2016年11月04日

「現役僧侶による悩み相談サイト 現在も1万件以上回答待ち」(NEWSポストセブン)

週刊誌「週刊ポスト」に副住職が参加させて頂いている、ネットお坊さんQ&Aサービス「hasunoha」の紹介記事が載りまして、副住職回答の問答も紹介されていました。

誠にお恥ずかしい限りでございます・・

内容の全文につきましては、週刊ポストの11/11号でお読み頂けます。



「現役僧侶による悩み相談サイト 現在も1万件以上回答待ち」(NEWSポストセブン)
https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-461715/

 新聞、雑誌、ネット掲示板……様々なメディアに「お悩み相談」は溢れているが、中でもいま多くの話題を集めている相談サイトが「hasunoha(ハスノハ)」だ。その人気の秘密は現役の僧侶たちが「有り難い」教えを説いてくれることだった──。

 20数年勤めた会社が倒産。再就職するもリストラ続きで、ついには自殺まで頭をよぎるという51歳(男性)からの相談に答えたのは、臨済宗岩瀧山往生院六萬寺の川口英俊副住職だった。

 川口副住職は、〈これまでのご苦労、ご辛苦を癒される機会が与えられたと考えることもできる〉と、優しく語りかける。

 また、この機会にボランティアや社会奉仕に携わり違う視点を持つこともいいと続ける。

〈善い結果を生み出すための善い原因(ご縁)を少しずつでも積み重ねていくことが大切になる(中略)。善いご縁へ向けて、どのように動かれるかどうか次第で、これからが大きく変わっていく〉

 これはお悩み相談サイト「hasunoha」の一部抜擢である。現役の僧侶が「生きる智慧」をアドバイスすることで人気だ。回答するのは宗派問わず200人で、これまでに2万3000件以上の悩みに答えてきた。

 1日の相談は40件までに制限されているため、現在も1万件以上の回答待ちがあるという。1月30万ビューの閲覧があるというからすごい。

 寄せられる悩みは、冒頭のような「仕事」に関するものだけでなく、「家族・夫婦関係」「友人関係」「死について」「嫉妬」など多岐にわたる。

 サイトを立ち上げた経緯について、堀下剛司代表が語る。

「開設は2012年11月。東日本大震災での人々の行動に感銘を受けたことが、大きな動機でした。非常時でも互いに支え合い、我先にと争わずに並んで順番を待つ日本人の美徳や精神性の根底のひとつに、仏教の教えがあるのではないかと思ったんです。

 仏教で説かれる『慈悲の心』『感謝の心』などは現代社会にも通じる智慧であり、医師やカウンセラーではフォローしきれない。僧侶こそ、日本人の求める答えを持っていると考えたんです」

 悩める人の心情に寄り添うお坊さんの味わい深いアドバイスが評判を呼び、相談者は増えていった。相談者からは「心が軽くなりました」「涙が止まりません」とお礼も多いという。サイト内では僧侶のプロフィールや回答歴なども閲覧できるほか、ユニークな回答にはフェイスブックの「いいね!」ならぬ「有り難し」が集まっていくのだとか。

 相愛大学教授で僧侶の釈徹宗氏は、「hasunoha」が支持される理由をこう分析する。

「お坊さんという存在は『仏道』という一般社会とは別の価値体系の中を歩んでいます。一般社会では“ダメ人間”“モラルハザード”とひとくくりにされてしまいかねない悩みでも、仏教ではそれとは違う価値観を提示してくれるのではないか、そんな“救い”への期待があるのだと思います。そのニーズが、ネット社会の利便性とマッチした好例でしょう」

 仏の教えが、ネットを介して人を救う時代が来たようだ。

※週刊ポスト2016年11月11日号

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

oujyouin_blog at 16:43|Permalink

2016年10月28日

hasunoha・拙1200回答の検証について(副住職・川口英俊)

hasunoha・拙1200回答の検証について・・

副住職参加のhasunohaでの回答1212問(10/27現在まで)をまとめ集へと全て追記させて頂きました。
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/

平成28年1月のソシャゲ問答のTwitterでのバズり以来、ヤフーニュースや、テレビ番組「スッキリ!!」・「バイキング」でも大きく取り上げられたことにより、一気に全国区へと大ブレイクした「hasunoha」。

特に2月5日の「スッキリ!!」放映から、質問が殺到し、大幅な質問制限を掛けなければならないほどとなり、いまだにその質問制限は続いています。

この間の2/5~10/27までで、何とか約580問に拙回答させて頂きました。

この9ヵ月で580問、一日平均2.1問ほどの回答となりました。

しかし、ご質問は、この9ヵ月で1万問近くに上っており・・拙生は、100問中、6問ほどにしかお答えできていないのが現状であります・・

現在の自分の立場では、どうしても一日2問程度がやはり限界・・質問制限が完全に解除されたらと思うと、ぞっとしますが、それでも回答率99%以上を常に堅持できているのは、多くの回答僧侶の法友の皆様のお陰様の賜物であると、誠に敬服、感謝致しております。有り難しでございます。

また、この間においては、書籍化もあり、「hasunoha お坊さんお悩み相談室」( http://hasunoha.jp/docs/pr_0002 )の刊行が、9/21にありました。

拙読了感想( http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52225509.html )

書籍化も更に世間の耳目を集めることになり、質問も色々と以前よりか多様化してきたように思います。

さて、この間において、一番驚いたご質問が、問い「×」 質問内容 × ( http://hasunoha.jp/questions/11420 )だけという衝撃的なものがございました・・

また、励まし、応援のご質問も。問い「ハスノハが 教科書になれば嬉しいです」( http://hasunoha.jp/questions/12352 )

正直、ご質問だけではなく、お礼やTwitter等のSNS上の内容からでも、hasunohaのコアなファンは確実に増えていると実感しています。

一方では、お坊さんへの批判や不満のご質問を頂くことも。問い「坊さん」( http://hasunoha.jp/questions/5136 )のように。

あるいは、「感性」?が試される、問い「私はグラコロです」( http://hasunoha.jp/questions/11987 )のようなご質問まで。

このような中で、この度の検証を端的に述べさせて頂けるようなご質問も。

問い「なぜhasunohaのお坊さんは」
http://hasunoha.jp/questions/12830

【ご質問内容】

相談にのってくれるのでしょうか。 
なにかメリットがあるのでしょうか。 
人の相談に乗ることが自分の修行の為、などと本当に心から思えているのでしょうか? 
自分も色々相談にのってもらいつつも、こうした失礼なことを考えてしまいます。 
基本的にボランティアや、善意ある人を信じられません。腹の中まで綺麗な人なんて本当にいるのでしょうか。

関係ないですが、昔働いていたキャバクラで、お坊さんの団体が泥酔して女の子のお尻や胸を触って馬鹿騒ぎしているのを見かけてから、お寺に行ってもお賽銭をしていません。

【拙回答】

hasunohaは、直球の悩み・苦しみに向き合える場

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「なぜhasunohaのお坊さんは相談にのってくれるのでしょうか。 なにかメリットがあるのでしょうか。 」・・

拙プロフィール( http://hasunoha.jp/users/16 )の中では、それなりのことを書かせて頂いておりますが、大上段に構えて、人の為、世の中の為とはあまり思ってはいません。

ただ、少しでも拙回答にて、癒しや救い、良い気付きやきっかけとなって頂いて、善行・功徳となったのであれば、それはそれで有り難いことである、と思っております。

メリットは、とにかく、直球の悩み・苦しみに向き合える場として鍛錬されるというところでしょうか。

やはり、誰にも面と向かって言えないことでも、匿名で、会わなくても、すぐにネット上で相談できるということで、心の叫び、思いをストレートに表して質問することもできるため、中には、読むに耐えれない厳しい内容もございます・・受けとめるこちらも涙してしまう、数日深く考え込み、落ち込んでしまうこともたまにございます・・

もちろん、有り難しや、嬉しいお礼、感謝のお礼にて、向き合う力も頂けることもできております。有り難しです。

「基本的にボランティアや、善意ある人を信じられません」・・

まあ、ボランティアも慈善活動も、「何もしないよりかはする偽善」ぐらいで、拙生も考えて捉えております。拙自身も昔は「ミスターボランティア」でしたが、ボランティアの世界もドロドロとした人間模様が色々とありますし、あまり一般世間・社会と変わりはないという印象です・・色々な思いの持った人間が集まれば、ある程度仕方なしといった感じです・・

以前に見られたキャバクラでのお坊さんの団体による乱痴気騒ぎに幻滅なさられておられるご様子・・

お坊さんも色々ですが、「他山の石」と致して自省しておきたいところでございます。

川口英俊 合掌


『・・とにかく、直球の悩み・苦しみに向き合える場として鍛錬されるというところ・・」

誠にここです。誰にも、面と向かって言えない悩みを、いつでもどこからでも、ネット環境さえあれば、プライバシーも保護された上で、どストレートに打ち明けられるところ。これがやはり質問される側における一番のhasunohaの利点になっているのではないだろうかと存じます。

それに対してお答えする側においても、ある程度の機能・能力・力量が問われてくることになるため、更なる回答の質の向上に資していけるように、鋭意調えていくことが求められることになります。



次に、拙回答におけるタグクラウドを見てみますと、回答におけるキーワードとして拙生が多用しているタームがよく分かります。

第一が、「因縁」(原因と条件)。その次が、「縁起」。そして、その次に、「空」、「空と縁起」、「不安」、「幸せ」、「恋愛」、「慈悲」、「智慧」、「無明」、「煩悩」、「生きる意味」、「結婚」、「縁」、「自己嫌悪」がほぼ同じ大きさとなっています。

最近の回答において、「因縁」をとにかく意識して多用しているのは、拙自身ももちろん自覚しています。やはり、因縁果の理が、仏教教理の要諦である「四聖諦」の内容を説明する上での基本的原理でもあるため、今後もこの傾向はある程度続けていくことになるのではないだろうかと考えています。

そして、「空」と「縁起」については、世俗諦と勝義諦の「二諦」に関わるところであり、更に「二諦」についても精査した上で、回答においても、それぞれの立場について分かりやすく説明していけるように調えて参りたいと存じております。

今回、拙生が回答させて頂いて参りました中における印象として、「生きる意味」を問われるご質問が結構多いことに気付かされます。

何が「幸せ」の本質となるのかについて、もう少し深掘りして言及していけるようにする必要性を実感しています。

とにかく、今後とも、一日、1、2問の回答ペースはなかなか変えられないため、質問が殺到している中で心苦しい限りではございますが、これからもできる限りお役に立てれますように、法友の皆様と共に切磋琢磨しつつ、連携・協力して回答に努めて参りたいと考えております。

どうかこれからも、浅学菲才の未熟者ではございますが、ご叱正、ご批正の程を賜れますように、何卒宜しくお願い申し上げます。

川口英俊 合掌 2016.10.27

「hasunoha・1000回答に寄せて」2016.6.19
http://goo.gl/7kgkW6

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

「hasunoha」拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/

書籍化『hasunoha お坊さんお悩み相談室』発売中!
http://hasunoha.jp/docs/pr_0002

oujyouin_blog at 13:45|Permalink

2016年09月12日

hasunoha書籍化!『hasunohaお坊さんお悩み相談室』

hasunoha書籍化!『hasunohaお坊さんお悩み相談室』
http://hasunoha.jp/docs/pr_0002

Amazon購入ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4796876340





吉本新喜劇の小籔千豊さん推薦!
http://img.yaplog.jp/img/18/pc/h/i/d/hidetoshi/4/4845_large.jpg

「ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha」( http://hasunoha.jp/ )の問答書籍化「hasunoha お坊さんお悩み相談室」 再度ご紹介。

僭越、不肖ながら、拙寺副住職の回答の問答も収録されております。

Amazonの内容紹介・・

フジテレビ『バイキング』「人には言えない心のホンネ堂」でも話題沸騰中! 

吉本新喜劇 小籔千豊さん推薦! "仏教って、お釈迦さまがめちゃめちゃ考えて閃きはった「人の生き方」を教わるものかなって思います" 

1日1万人、1カ月に30万人が訪れている話題のサイトがついに書籍化! 

回答者はすべてお坊さんという異色のお悩み相談サイト〈hasunoha〉。「お坊さんってこんな悩みにも答えてくれるんだ! 」という意外な問答がネットを中心にじわじわと注目を集め、1日1万人が訪れる人気サイトとなっています。 

本書では〈hasunoha〉の問答のなかから、含蓄あるお坊さんの回答、心に沁みる深い回答、ちょっと笑えるエッジの利いた回答までを選りすぐって収録。恋愛、子育て、仕事、人生……あなたのお悩みにお坊さんがズバッと答える「有り難し」なお悩み相談集です。

・・

印税は、東日本大震災や熊本地震などの災害復興義援金として寄附されると共に、一部、hasunoha運営経費の赤字補填としても活用されることになっています。(hasunohaは、運営者や回答僧侶の皆様の善意寄附・ボランティアによって、ほとんどの運営が成り立っています。)

本をお買い上げ頂きますと、仏教による学び、救い、癒しの一助にして頂けますと共に、震災復興支援、hasunoha支援と、皆様の少しの功徳にもなりますので、どうかご購入によるご支援、ご協力の程も、何卒にも宜しくお願い申し上げます。

皆様のお幸せの一助となりますことを。

合掌

往生院六萬寺ホームページ
http://oujyouin.com/

oujyouin_blog at 13:26|Permalink

2016年09月10日

書籍化「hasunoha お坊さんお悩み相談室」 9/21いよいよ販売開始!!

拙寺の副住職・川口英俊が僭越ながら回答僧として参加させて頂いております「ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha」( http://hasunoha.jp/ )の問答が書籍化されました。

「hasunoha お坊さんお悩み相談室」 9/21いよいよ販売開始!!



吉本新喜劇の小籔さんの推薦文!!

フライヤー拡大↓クリック↓
http://img.yaplog.jp/img/18/pc/h/i/d/hidetoshi/4/4845_large.jpg

印税は、東日本大震災や熊本地震などの復興支援金として寄附されると共に、一部、hasunoha運営経費の赤字補填として活用されます。(hasunohaは、運営者や回答僧侶の皆様の善意寄附・ボランティアによって成り立っています。)

仏教による学び、救い、癒しと共に、復興支援、hasunoha支援にもなりますので、どうかご購入によるご支援の程を宜しくお願い申し上げます。

また、趣旨をご理解賜りまして、サイト・ブログでの紹介、Facebook・TwitterなどSNSによるシェア・リツイート・拡散など、広報へのご協力の程も、どうか宜しくお願い申し上げます。

皆様のお幸せの一助となりますことを。

やがて、全ての衆生が、迷い苦しみの世界から離れて、悟り・涅槃の世界へと至れますように。

川口英俊 合掌

Amazon購入ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4796876340

ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha
http://hasunoha.jp/

・・

往生院六萬寺サイト
http://oujyouin.com/


oujyouin_blog at 10:24|Permalink

2016年09月02日

Amazon予約開始『hasunoha お坊さんお悩み相談室』(小学館集英社プロダクション)

副住職・川口英俊が回答僧として参加させて頂いております「ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha」( http://hasunoha.jp/ )の問答の書籍化

『hasunoha お坊さんお悩み相談室』(小学館集英社プロダクション/1,200円+税)

Amazonで予約注文できるようになりました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4796876340/ref=cm_sw_r_fa_dp_c_1trYxbV9ZTWGW



悩める現代人たちへの仏教の智慧による処方箋!仏教、対機説法の視座!

僭越ながら副住職による回答の問答も取り上げられております。

皆様、どうかお買い求め頂きまして、ご高覧、ご批正、ご叱正の程を賜れますよう、何卒にも宜しくお願い申し上げます。

内容説明

回答者はすべてお坊さんという異色のお悩み相談サイト〈hasunoha〉。「お坊さんってこんな悩みにも答えてくれるんだ! 」という意外な問答がネットを中心にじわじわと注目を集め、1日1万人が訪れる人気サイトとなっています。 本書では〈hasunoha〉の問答のなかから、含蓄あるお坊さんの回答、心に沁みる深い回答、ちょっと笑えるエッジの利いた回答までを選りすぐって収録。恋愛、子育て、仕事、人生……あなたのお悩みにお坊さんがズバッと答える「有り難し」なお悩み相談集です。

往生院六萬寺
http://oujyouin.com/

oujyouin_blog at 16:56|Permalink

2016年09月01日

9/21刊行!!『hasunoha お坊さんお悩み相談室』

副住職・川口英俊が回答僧として参加させて頂いております「ネットでお坊さんがこたえるQ&Aサービス・hasunoha」(http://hasunoha.jp/)の問答が、ついに書籍化、出版されます。

9/21刊行!!『hasunoha お坊さんお悩み相談室』(小学館集英社プロダクション/1,200円+税)



悩める現代人へ、仏教の智慧からの処方箋

是非、お読み頂きまして、悩み事の解決へ向けた一つの参考として頂けましたら幸いに存じます。


古田雄介のネットと人生
第3回:宗教はインターネットに宿るか ―僧侶相談サイト「hasunoha」という回答
https://seniorguide.jp/article/1016494.html

往生院六萬寺
http://oujyouin.com/

oujyouin_blog at 05:51|Permalink

2016年07月21日

『般若心経における「空」について』 

『般若心経における「空」について』 平成28年8月・お盆施餓鬼法要配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/93cd51b49c2264eb00fcc00a904a3392

岩瀧山 往生院六萬寺 副住職 川口 英俊


一、はじめに・・

 本論は、近畿化学工業界・機関誌「きんか」第759号(平成28年7月1日発行)に寄稿させて頂きました拙論「空(くう)について」を加筆修正して、この度、お盆法要の配布資料用として改めて編集したものでございます。

二、「般若心経」・・

深遠なる真実義をお説きになられました仏陀世尊・お釈迦様に敬礼申し上げます。

「摩訶般若波羅蜜多心経」(中村元先生の漢文読み下し文参照)

「観自在菩薩が深き般若波羅蜜多を行ぜし時、五蘊皆空なりと照見して、一切の苦厄を度したまえり。舎利子よ、色は空に異ならず。空は色に異ならず。色はすなわちこれ空、空はすなわちこれ色なり。受想行識もまたまたかくのごとし。舎利子よ、この諸法は空相にして、生ぜず、滅せず、垢づかず、浄からず、増さず、減らず、この故に、空の中には、色もなく、受も想も行も識もなく、眼も耳も鼻も舌も身も意もなく、色も声も香も味も触も法もなし。眼界もなく、乃至、意識界もなし。無明もなく、また、無明の尽くることもなし。乃至、老も死もなく、また、老と死の尽くることもなし。苦も集も滅も道もなく、智もなく、また、得もなし。得る所なきを以ての故に。菩提薩埵は、般若波羅蜜多に依るが故に。心に罣礙なし。罣礙なきが故に、恐怖あることなく、一切の顛倒夢想を遠離して涅槃を究竟す。三世諸仏も般若波羅蜜多に依るが故に、阿耨多羅三藐三菩提を得たまえり。故に知るべし、般若波羅蜜多はこれ大神呪なり。これ大明呪なり。これ無上呪なり。これ無等等呪なり。よく一切の苦を除き、真実にして虚ならざるが故に。般若波羅蜜多の呪を説く。すなわち呪を説いて曰わく、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。般若心経。」

 般若波羅蜜多心経は、サンスクリットで、「プラジュニャー(般若)・パーラミター(波羅蜜多)・フリダヤ(心)」なるお経として、「最高の智慧(ちえ)の心髄なるお経」ということになります。仏教では、悟りを得るためには、仏道を歩む中で、大きく分けて二つの実践が必要となり、その一つが「智慧」の修習で、もう一つが、「福徳」(方便行・善徳行・功徳行)の集積となります。
 「般若心経」は、その前者の代表格となる「空」(くう)を理解するための「智慧」を説くお経となっております。その内容は、観音菩薩様が、お釈迦様の十大弟子のお一人、シャーリプトラ(舎利子)との問答において「空」の教えをお説きになられ、お釈迦様がそれをご承認なさられているという形式となっています。
 お釈迦様の教えは、「八万四千の法門」と言われますように、たくさんの教えが説かれておりますが、それは、説く相手の人、それぞれの苦しみ、迷いに対して的確に応じて、対機説法(たいきせっぽう)・方便(ほうべん)として、仏教をお説きになられたためでございます。そのたくさんの教えが、お経としてお釈迦様がお亡くなりになられた後代にまとめられて、現代にまで伝わっています。
 「般若心経」も、その一つの教えとなりますが、実は、「大般若波羅蜜多経」という膨大なお経のエッセンスとして、更にまとめられたお経となっています。
 お釈迦様の教えとなるお経は、その内容を理解して、悟りへと向かうための実践として活かしていくことが大切となります。「般若心経」も同様に、ただ読経するだけ、ただ写経するだけではなく、その「深遠なる空の智慧」の内容を理解して、生きる実践、仏道の実践に役立てていかなければならないものとなります。

三、「空」(くう)とは・・

 「空」とは、端的に述べると「実体の否定」ということになります。「実体」とは、「独立自存として成り立っていること」を言いますが、その「実体の否定」とは、簡単には、モノ・コトが、それ自体の側において、永久永遠に変わらずに存在し続けているような、「独立自存」なる何かによって成り立っているのかどうかと言えば、そういった「独立自存」なるものは、何らとして見当たらないということになります。
 つまり、それ自体が、それ自体の側で、それ自体によって成り立っている何かが、どこにも見当たらないとして、例えば、分子一つについて、どんなに分析して分解していって、原子、電子、中性子、陽子と、その単体としての構成要素の根本を更に探し出そうとしても、実は見つからない、見つけられないということになります。
 おそらくは、どんなにこれから文明が発展して、研究が進んでも、そのようなものを見つけるのは難しく、しかも、この宇宙の構成要素・物質の九十五パーセントが何かさえも、まだ解明されていませんので、仮に構成要素の根本的なものが何かあったとしても、今の地球の人類が存在している間において、その何かを見つけることなど、多分、到底無理になるのではないだろうかと思われます。
 さて、ただ、「実体が無い」といっても、「何も無い」という「絶無・虚無」ではありません。「般若心経」でも、「無・無・無・・」と否定辞となる「無」が多用されているため、「何も無い」と勘違いして「空」を理解されてしまう方がおられますが、実はそうではありません。「何も無い」のであれば、私も皆さんも全く存在していないことになりますが、そんなことはないですよね。
 確かに、私たちは、現に、今、このようにして存在しています。目の前のモノ・コトも、もちろん存在しています。ただ、それらは存在してはいますが、そのありようは、あくまでも「空なるもの」ということになるのでございます。

四、「縁起」(えんぎ)とは・・

 では、「空」ではあるものの、モノ・コトというものは、どのように存在して成り立っているのかということを、それらは、「必ず何らかの他に依存して成り立っている」と説明することになります。それを仏教では「縁(よ)って起こっている」ということで、「縁起」(えんぎ)と申します。
 その縁起についても、いくつかのレベルがあり、例えば、「原因と条件と結果のそれぞれとの依存関係」(簡単には、種(たね)という原因があり、養分や水や光といった条件があって、結果としての花が咲き、実が成るということ)、あるいは、「部分と全体との依存関係」(タイヤや車軸、エンジン、座席などの色々な部品が集まることによって、全体としての車があるということ)、更には、私たちの「意識作用・概念作用・思惟分別作用により、仮名・仮説・仮設されることによっての依存関係」(世間一般・通例・慣例で広く認められている概念上によって、一応、仮に名付けられたものとしてあるということ)として、大きく三つに分類されることになります。

五、「空と縁起」について・・

 この「空と縁起」としてあるモノ・コトのありようを正しく理解することにより、私たちが普段、間違って、何かそのモノ・コトに実体があるかのように、とらわれを起こして、迷い苦しんでいることをよく知り、その迷い苦しみから離れていけるように調えていかなければならないとして、「般若心経」の中でも「一切の顛倒夢想を遠離して涅槃を究竟す」と述べられているのであります。
 さて、「空と縁起」について、もっと分かりやすく申しますと、私たちは、独りで生きていられるような存在ではありません。
 もしも、私たちが存在していくにあたり、永久永遠に変わらずに存在できていける何かがあるのであれば、別に何も食べなくても、空気を吸わなくても、他の生命がいなくても、地球が無くても、宇宙が無くても、他に人がいなくても、それで存在していけるはずですが、そんなことはあり得ないでしょうし、そんな実体は無いということになります。
 私たちは、地球があり、空気があり、自然・生命の営み、人の営みがあって、色々なものに依存することで、支えられて、助けられてこそ、何とか存在していけるのでございます。
 ですから、自分自身に実体があると、自己中心的に自分にとらわれての「我執」(がしゅう)や、モノ・コトのそれぞれに実体があるとして、それらをいつまでも抱えておこうとしてのとらわれとなる「法執」(ほっしゅう)を取り除いていくことで、簡単には、お互い様の配慮の心、有り難うの感謝の心、助け合い・支え合い・分かち合いの心において過ごしていけるようにしていくことが、この世界でより良くに過ごしていくために必要となり、また、「情けは人の為ならず」、仏教的には、「自利利他」(じりりた)の精神として、他のためにできることで、助け、支えになっていけるように調えていくことも大切となる次第でございます。

六、「色即是空 空即是色」について・・

 「般若心経」と言えば、最も有名なフレーズが「色即是空 空即是色」でございますが、この場合の「色」とは、「物質的な現象のこと」であり、「物質的な現象の本質は、空なるものであり、また、空なる本質であるがゆえに、物質的な現象は、縁起なるものとして立ち現われているのだ」として、つまり、「物質的な現象は、実体、独立自存として成り立っているものではないが、空にして縁起なるものとしては成り立っている」ということ、また、「縁起なるものとして成り立っているがゆえに、空なる本質であると言えるもの」として、更に、私たちの色(物質)以外の「受・想・行・識」の各作用なども、そのようなものであると続けられています。
 いずれにしても、この世の全てのモノ・コトは、必ず他に依存することによって成り立っており、他に依存せずに成り立っているものなどどこにもなく、それがゆえに、全てのモノ・コトは、「縁起」なるものとしてあり得ており、そして、それら「縁起」としてあり得ているものは、実体が無く、「空」なるものと言い得るのであります。

七、「般若心経の真意」について・・

 そして、「般若心経」では、お釈迦様の重要な教説である、「無明(むみょう)から老死」へと私たちの迷い苦しむ過程を説いた「十二の因縁(原因と条件)」の各それぞれにも実体は無い、四つの聖なる真理「四聖諦」(ししょうたい)としての「苦諦・集(じっ)諦・滅諦・道諦」の各真理にも、それぞれの実体は無い、そして、「智慧」にも実体が無いと続いていますが、それらは、あくまでも「実体が無い」ということであって、「縁起」としては正しく成立しているということでもあり、各それぞれの実体にとらわれてしまうことなく、教えに基づいた実践をすることにより、悟り・涅槃へと至るための確かなる道を歩まなければならない、ということになる次第でございます。
 特に仏教における教えの中でも、その要諦となるのが、何よりもお釈迦様が最初に教えを説かれた「初転法輪」の中での「四聖諦」であり、それは、例えば、私たちは、代表的に八苦[生・老・病・死、愛するモノ・コトとも別れなければならないという苦しみの愛別離苦(あいべつりく)、憎しみ怨むモノ・コトとも出会っていかなければならないという苦しみの怨憎会苦(おんぞうえく)、(実体的に)求めても得られず満足できないという苦しみの求不得苦(ぐふとっく)、心身共の作用が盛んに働いていることによる苦しみの五蘊盛苦(ごおんじょうく)]する中にありますが、それらの苦しみには、その苦しみという結果へと至らしめている因縁(原因と条件)が必ずあって、苦しんでしまっているのであって、その苦しみをもたらしてしまっている因縁を何とか解決して、より良い結果へと向かわしめるための因縁へと変えていくことができれば、やがて、苦しみを滅することができ、更に、仏道の実践によって、悟り・涅槃へと至るための因縁もしっかりと調えていくことで、いずれ、悟り・涅槃へと至れることになるものであるとして、そのための方法論を、お釈迦様が、対機説法、善き巧みなる方便(善巧方便)を駆使なさられてお説きになられたのであり、実は、「般若心経」の内容も、この「四聖諦」を基本として説かれている教えになるのでございます。
 ですので、「無苦集滅道」と「般若心経」の中にございますが、それは、「四聖諦」を否定しているのではなくて、「十二因縁や四聖諦の教えというものも、空であり、実体としては成立していないが、縁起なるものとしては正しく成立しているので、そのこともしっかりと理解した上で、実践に努め励みなさい」ということであると考えることができる次第でございます。
 「般若心経」についての注釈書や解説書は、これまでにも数多く出版されていますが、このことについてしっかりと言及されている内容は、あまりないのではないだろうかと思われます。

八、「二諦」について・・

 もう一つ仏教を理解していく上で大切となるのが、「般若心経」において説かれているような「空」による最高の真理を示す教えとしての「勝義諦」(しょうぎたい)と、世間世俗の真理に留めて説かれている教えとしての「世俗諦」(せぞくたい)という、二つの真理に基づいて、仏の教えが説かれている、ということでございます。
 数々のお経の内容においても、それが、世俗的、便宜的な「方便」の教えとしてであるのか、あるいは、「空」という最高の真理を示すための教えであるのか、このことを意識して理解せずに学び進めてしまっては、混同、混乱し、それが間違った学び、実践へと繋がりかねないため、十分に注意することが必要となります。
 特に、「二諦」においては、「無明」(根本的な無知)を対治していく中で、「ある」ものを「ない」としてしまっている錯誤、「ない」ものを「ある」としてしまっている錯誤について、いったい、何を否定して、何を肯定するべきであるのか、あるいは、何を否定するにしてもどこまでとなるのか、何を肯定するにしてもどこまでになるのか、そのことを明確にすることによって、一切のモノ・コトについて、正しく設定することができるようになるため、それにより、仏教の場合では、迷い苦しみのありようから、悟りのありようまでもを正しく設定した上で、正しい悟りへと向けた階梯(修行段階)に取り組み、しっかりと励んでいけるようにすることが、何よりも大切となって参ります。
 仏教を学び進めていただく際には、少しだけこのことを頭の片隅に置いておいていただけましたらと存じます。

九、最後に・・

 私は、三年半前から、お坊さんが悩み事や相談にお答えするQ&Aサイト「hasunoha」(ハスノハ)[ http://hasunoha.jp/ ]に回答僧侶として登録し、参加しています。
 日々、ご質問と向き合いながら、少しでも皆様の悩み苦しみに寄り添い、解決のきっかけとしていただく回答を目指し、仲間の同志の僧侶たちと共に精進しております。
 読者の皆様方におかれましても、もし、何か悩み事や相談事、あるいは、仏教全般におけることでの疑問がございましたら、是非、活用していただけましたらと存じます。匿名でも質問できますので、どうぞ気軽にご利用下さいませ。

 「やがて、全ての衆生が、迷い苦しみの世界から離れて、悟り・涅槃の世界へと至れますように」

川口英俊 合掌


往生院六萬寺
http://oujyouin.com/

最近の配布資料・・

「Amazonお坊さん便」の抱える問題について/平成28年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/d339cd6c14be7db57860f241caf4984d

「仏教と戦争 ~ 戦後70年と仏教 ~」平成27年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/c479dc1d59328df2708ba23499b4d92b

「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c

「死後について」平成26年9月・秋彼岸墓前回向・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f

「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76

oujyouin_blog at 09:51|Permalink