ブログネタ
DVD・レンタル鑑賞レビュー に参加中!
レイヤー・ケーキ(2004)
LAYER CAKE


上映時間 105分
製作国 イギリス
初公開年月 2006/07/01
映倫 R-15

監督: マシュー・ヴォーン
原作: J・J・コノリー 『レイヤー・ケーキ』
脚本: J・J・コノリー
 
出演: ダニエル・クレイグ / XXXX
コルム・ミーニイ / ジーン
ケネス・クラナム / ジミー・プライス
ジョージ・ハリス / モーティ
ジェイミー・フォアマン / デューク
シエナ・ミラー / タミー
マイケル・ガンボン / エディ・テンプル
マーセル・ユーレス / スラヴォ
トム・ハーディ / クラーキー
テイマー・ハッサン / テリー
ベン・ウィショー / シドニー
バーン・ゴーマン / ガザ
サリー・ホーキンス / サシャ
ナタリー・ルンギ / チャーリー
フランシス・マギー
ジェイソン・フレミング

麻薬ディーラーとしてロンドンの裏社会を
着実に駆け上ってきた名もなき一人の男。
好調なうちに引退しようと決意を固めた矢先、
ボスのジミーから新たな仕事の依頼が舞い込む。
それは、大物エディ・テンプルの娘を探し出すことと、
ギャングのデュークが手に入れた大量の
エクスタシーを売り捌くというもの。
どちらも簡単に片づくと思いきや、
エディの娘はなかなか見つからず、
エクスタシーにいたっては超訳アリのブツだったため、
男はいつの間にか殺し屋に狙われるハメに陥ってしまう…。


いかにも英国らしい犯罪サスペンス映画の佳作。

お金をかけなくても(CGに頼らなくても)、
面白い作品はできるという、いい見本です。

オススメ!!!

ただ出演者が知らない人が多くて、
(顔の区別が付かない)
分かったころには映画が終わっていた(笑)。
でもスピーディーでよろしい。
たったの105分(!)ですから。

新ボンドのダニエル・クレイグの
困った表情が意外とあっていて面白かった。

シエナ・ミラーはちょっとしか出番がなくて
残念ですが綺麗ですね。

ラストは3パターンあるんですが、
ソニー(映画会社)を説得して、
一番ビックリするのになっています。
賛否両論か?