CA3A0051


今日、初めて多治見の“信濃屋”に行ってきました。

兎に角、時間のかかる“うどん屋”という話は昔から聞いていました。
うどんが出てくるまでに、軽く1時間は必要というのが、もっぱらの噂。

単なる噂じゃなくて、実際に以前はそれくらい時間がかかっていました。
僕の友人が昔食べに行ったときは、90分ぐらいかかった!

でも今回は、11時15分に入店して、“ころ”と“支那そば”の2杯を食べ、
店を出たときは11時50分。

これくらいなら時間がかかりすぎるってことはないですね。

店は古い、狭い(#^.^#)。

僕は奥の和室に座ったんですが、8人がけに7人の相席。

先ずは、“ころ”が出てきました。

薬味はネギ、胡麻、ショウガ。
ツユは甘め。

麺は柔らかいけど、ちゃんとコシがあります。

個人的な趣味でいうと、メチャ好きなタイプ。
美味い!!!

僕の前の人、ころとかけと支那そばの3杯を頼んでいたんだけど、
最初にころを食べ終えた時点で、美味いと叫んで、ころの追加をしました。
4杯たべるんだ・・・スゲー。

で、お次は“支那そば”。

ツユは基本的にうどんのものと一緒だと思います。
それにラードか何かでラーメン風?にしているみたい。

麺は独特で、きしめんのように平たい。
そしてすごくコシがある。

これも美味い!!!

あとはお値段の問題だけですね。

2杯で1540円・・・。

メニュー↓

ころうどん・・・冷たいうどん  660円
かけうどん・・・温かいうどん  660円
支那そば            880円