ここ2戦で先着を許した分の悪い相手に、格上挑戦のこの大舞台でクビ差逆転トウカイワイルド。他の実績馬が本調子になかったという面はあっても、1600万の身でG2を突き抜けて見せたのは立派。同オーナーで、京都なら引き続きこちらが有利と見て本命にした◎トウカイエリート。まずは力を出し切っての僅差負けでも、勝ち馬との力差はほとんど感じさせない内容。道中の折り合いもつけて、位置取りもほぼベスト。最後の脚も引き出した騎乗は文句の無いもの。僅かな内外の差が明暗を分けたといっても、このクビ差を騎手の差といってしまっては赤木Jが可哀想。ただ、ワイルドと違ってこちらはもう7歳。絶好調での初挑戦となったここが、実は重賞制覇の最大のチャンスだった、というのもなくはない話で…。ブログランキング

  1着    トウカイワイルド(5人気)
  2着  トウカイエリート(4人気)
  3着    ダークメッセージ(9人気)

  トウカイエリート 単勝10,000円 不的中
              複勝10,000円 的中 2.2倍