土曜フラワーC、日曜スプリングS、ともに東のベテランJ達にうまく乗られたなという印象。ここでも“新星”は登場しなかったですね。それでも土曜中京あざみ賞で、一頭強い牝馬が勝ち上がりました。何故かいまひとつ盛り上がらない牡馬クラシック戦線と比べて、牝馬のほうはずいぶんとタレントが揃ってきた感。有力どころが全馬無事なら、オークスあたりは近年稀に見るハイレベルな一戦になりそう。

で、牡馬の東上最終便となる毎日杯。フライングアップルがあっさりとスプリングSを勝った流れもあって、こちらも実績馬ナムラマースにはかなりの人気が集まりそう。フライングアップルを凌ぐ安定感があって、実績そのものもアップルより上。よほどのことがなければ勝てるはずで、万が一“何か”に足元をすくわれたとしても2着は堅そう。こちらとしてはとりあえずその“何か”探しから…。いまのところの候補筆頭にクレスコワールド。前走平場500万下のメンバー相手とはいえ勝ち時計、上がり時計ともに優秀。好位で折り合える点、1800mを連勝してきた点も強調材料。あとは、同様にナムラマースを追う立場の重賞入着クラスの面々と比べてどうか。他にも、一週前の動きが圧巻だった(らしい)マイネルヘンリー、フォーミュラーワンetc...。この辺までも含めて週末までに絞込みを。ブログランキング