日曜高松宮記念、いまのところはスプリント実績ない上位人気馬は全部疑ってかかる予定。ただ今日の2重賞に関してはあまり荒れそうにないかなと。毎日杯は週中の展望通りにクレスコワールド。で日経賞はトウショウナイト…、だったはずがギリギリまで迷ってネヴァブションを。

◎ネヴァブション 【日経賞】 天皇賞シンボリクリスエス並みの時計で前走OP戦を差し切ったネヴァブション本命。そのタイムは別にしても、自身初めて馬の間を割ってこじ開ける競馬を成功させたのは大きい。元々がベストとは言えない東京コースと2000mでのパフォーマンスだけに、陣営が言う“能力に体力が追いついた”という表現がそのままあてはまりそう。今回舞台が大きく変わるとはいえ、それはこの馬にとってコース、距離ともにプラスのほうへの話。2走前にその同舞台で記録した2分32秒6の勝ちタイムにしても、例年の当レースにあてはめれば確勝(圧勝)クラスの時計。この高レベルでの2連勝はかなり信頼できそう。難敵はトウショウナイト。“適鞍”といえばこちらかという気はするものの、今回は2kg差の分。キルトクールはマツリダゴッホ。この距離に延びて良いことは何もなさそうで。ランキング

    ◎ネヴァブション 単勝20,000円 (→3番人気 1着) 的中 5.1倍
    ○トウショウナイト (→2番人気 2着)


◎クレスコワールド 【毎日杯】 日経賞トウショウナイト同様に、ここでのナムラマースにも2着の匂い(笑)。前走スローとはいえ、直線では伸びに伸びたクレスコワールド。下手くそ?なコーナーワークでずいぶんと膨らんだ外を回しながら、最後渋太く粘るザレマを2馬身突き放して見せた好内容。勝ちタイム、上がり時計ともに出色で、未勝利勝ち直後にあの競馬が出来るなら、オープンやら重賞やらにも意外と壁はないのかも。相手は順当にナムラマース。直線延びてこのメンバーなら、今度こそ届く可能性も十分。3着候補の大穴にフォーミュラーワン。この調教駆けに一度ダマされてみる手も。キルトクールはヒラボクロイヤル。ここ2戦の接戦相手とはメンバーが一変して。Bランキング

    ◎クレスコワールド 単勝20,000円 (→2番人気 9着)
    ▲フォーミュラーワン (→11番人気 14着)