◎サンツェッペリン 【菊花賞】 好位から不利なく進めたオールカマーが見せ場なしの凡走で、当然に評価は「成長案外」「距離不安」でふたたびの人気落ち。ただレースでは勝負どころで“動けない”と見るやその後は本気で追っている様子もなくて、これをもともと「騒動」で狂ったローテと割り切っての騎乗とすれば、最後に“止めた”判断は叩き台としては悪くない内容。

これと似た記憶が、2年前の神戸新聞杯での横山典鞍上アドマイヤジャパンのケース。絶好の2番手から、(馬券購入側の妄想とはいえ)最後きっちり“手を抜いて”1.5秒差に凡走。狙い通り(?)に人気を下げた本番は、同じ勝ち馬に0.3差まで迫っての2着好走。今回サンツェッペリンが同じパターンを辿れるかどうかは別として、当時横山典Jがどう画策しても敵わなかったディープインパクト“級”がここにはいないのも確か。

松岡Jが『勝てます』と言い切るこのムラ馬をダービーに続いて本命、一度も「弱点」を見せていないことが逆に多少買いづらくさせる無敗馬ロックドゥカンブを対抗に。穴でブルーマーテル。3角から捲って直線で7馬身突き抜けた2走前が強い競馬。タイムもインパクトも同日のニューマーケットカップを勝ったチョウサンより上で、これなら上がり馬に必須の“距離実績”にはちょっと目をつぶってみたくなる好内容。キルトクールはホクトスルタン。血統と鞍上から注目度は高いものの、距離延びて前走の上位馬を逆転可能とも思えなくて。ランキング

  ◎サンツェッペリン
       単勝10,000円 (→8番人気 14着) 不的中
       複勝10,000円 (→8番人気 14着) 不的中

  ○ロックドゥカンブ (→1番人気 3着)
  ▲ブルーマーテル 複勝10,000円 (→15番人気 13着) 不的中