【有馬記念】中山10R

◎テイエムプリキュア 牝馬クラシックで接戦を繰り広げたレッドディザイアが、日本最高峰のレースといえるJCで3着好走。今シーズン惜敗続きとはいえ、一連の比較からブエナビスタのここ1番人気は妥当。前走時書いたように運の無さは気になるも、それでもこれが着外に差し損ねるシーンは浮かばない。大波乱となった今秋エリザベス女王杯で、そのブエナの猛追をクビ差凌いだテイエムプリキュア。2段階比較ならJC4着あたりにいるこの馬が、今回もらうオッズは過去にも増して不条理。3000m超ではスタミナ続かず、2000m以下なら先行さえ危うい。昨年のアルゼンチン共和国杯、5、6歳時2度の日経新春杯が示すように、選手権距離前後が今唯一の好走可能レンジ。外から被せられる展開が懸念材料も、この枠、並びなら先行態勢はスムーズ。「逃げ馬に二番はない」の格言も、逃げずに結果を出したこの馬には当たらない。今回は厳しいとされる展開にしても、そのペースを握りそうな3歳馬の鞍上に武豊。体内時計の正確さで抜きん出る名手に、ここは目をつぶってついて行ってみる手もある。

  ◎ テイエムプリキュア
       単勝10,000円 (→14番人気 14着) 不的中
       複勝10,000円 (→14番人気 14着) 不的中

  ○ ブエナビスタ (→1番人気 2着
  ▲ エアシェイディ (→11番人気3着
  △ リーチザクラウン (→5番人気 13着)
 ……………………………………………
  消 ドリームジャーニー (→2番人気1着



【ファイナルS】阪神12R

  ◎ タマモナイスプレイ
       単勝10,000円 (→6番人気 6着) 不的中

  ○ フィフスペトル (→2番人気 2着
  ▲ エーシンフォワード (→3番人気1着
  △ マストビートゥルー (→7番人気 11着)



【尾張S】中京12R

  ◎ アポロフェニックス
       単勝10,000円 (→6番人気 2着) 不的中

  ○ ヘイローフジ (→2番人気 8着)
  ▲ ファルカタリア (→8番人気 5着)
  △ ワイルドシャウト (→13番人気 15着)