【小倉大賞典】小倉11R (人気ランキング)

◎チョウカイファイト 後にG2を2勝し、宝塚記念と天皇賞秋で3着にくるアーネストリー、1年を経て、同様に2つのG2戦を制すトーセンジョーダン、翌年のグランプリを勝ち、世界最高峰の凱旋門賞で2着するナカヤマフェスタ。これらが揃って出走した一昨年中日新聞杯は、ローカルのG3戦としては近年稀なメンバーレベルとなった一戦。そこで上がり最速の末脚を繰り出して、トーセンを抑え3着のチョウカイファイトなら、そのポテンシャルは今回メンバーとの比較でも格負けしない。当時から一年と少し時間は経たものの、休み休みのこの馬自身は3戦しか消化しておらず、能力の衰えをそう危惧することもない。今回ほどではないにしても間隔空けた2走前には、良績無かった右回りを一気に克服して見せており、ここ休み明けで人気落とすならむしろ格好の狙い目に。

  ◎ チョウカイファイト
       単勝20,000円 (→13番人気 14着) 不的中

  ○ サンライズマックス (→5番人気 5着)
  ▲ ナリタクリスタル (→2番人気 7着)
 ……………………………………………
  消 リルダヴァル (→1番人気3着