【京都記念】京都11R (人気ランキング)

◎セラフィックロンプ 3走前府中牝馬Sでは、4角一旦飲み込まれながら盛り返しての2着。前走愛知杯の直線では、一瞬前へ出たブロードストリートを再度差し返してG3勝ち。6歳時のほぼ1年を好調で通し、最後に自身2度目の重賞を制す充実振りは特筆。明け7歳の牝馬とはいえ、調教の動きは未だ下降線を窺わせず、全5勝をあげる直線平坦コースなら、牡馬相手でもここもうひと花があっていい。昨年5着時に先着された内の3頭が、ブエナビスタとジャガーメイル、ドリームジャーニー。いずれも古馬のG1五大競走の勝ち馬で、ビッグネーム相手の好走だけにその価値は大きい。前走が牝馬限定のローカル重賞で、相手強化と見られるここ再びのノーマークも、昨年0.5差時とのメンバー比較なら、逆に大きく弱化という趣きもある。

  ◎ セラフィックロンプ
       単勝20,000円 (→9番人気 9着) 不的中

  ○ トゥザグローリー (→1番人気1着
  ▲ ロードオブザリング (→7番人気 5着)
 ……………………………………………
  消 ヒルノダムール (→2番人気3着



【共同通信杯】東京11R (人気ランキング)

◎ベルシャザール 紛れの少ないコース形態だけに、ダノンバラード、ベルシャザールの2強揃って好走の目は大。道悪が少しでも残れば、素軽さとキレが身上の前者よりも、所謂“重い”スピードを持つベルシャザール有利。割って入ればロビンフット。東京マイルで33.6秒の上がり時計を持ち、過去の当レースで圧倒的実績残す3勝馬。昨秋以降の2戦がやや頭打ちも、タイプ的には距離延びてこそ活路がある。

  ◎ ベルシャザール
       単勝20,000円 (→2番人気 4着) 不的中

  ○ ロビンフット (→7番人気 13着)
  △ ダノンバラード (→1番人気 9着)
 ……………………………………………
  消 サトノオー (→4番人気 6着)