ウェリントンワーホリブログ またチキン食ってる〜32歳 関西人がNZ移住したら〜

名古屋生まれのゲイのFtMのアメリカ人夫と、バリバリ関西育ち、英語力ゼロ 女子力ゼロの32歳の舞子の国際結婚夫婦。 うっかりニュージーランドのウェリントンに移住目指して住むことに! また今日もチキン食ってるよ!NZワーホリ・留学・生活情報! 国際結婚のことなどなど…

ずっと書こうと思ってた「全部見せます!ウェリントンの1ヶ月の生活費!」を
やっと公開する時がきたぜ…

書こうとして、もう一年が経っていた…!摩訶不思議!
てなわけで、まいこファミリーの1ヶ月にかかったお金!見せちゃいます!

★まいこファミリーのプロフィールおさらい
うどん
*まいこがジャパレスでバイト+ベビーシッターのダブルワーク
*ウィルくんはフルタイム学生
*光熱費・食費などはかなり節約している方
*趣味は服を買うこと+外食+旅行
*お酒は飲まない・タバコ吸わない
*日本からの初期の資金は250万


上記を踏まえてみていただければと思います!

では見せます!せーのっ!ドンっ!
ウェリントン生活の出費
ででーーーーん!
え、安いって思いませんか?これで2人暮らしですよ。

これは12月分なので、比較的暖かいし、ヒーターを使わない時期であることと
ご飯も煮炊きしないので、お安いってのはあるかと思います。

入った分は出て行っている計算になりますわね。

でも言えるのは「いかに、固定費を抑えるか!」にかかってくるのかってことよね。
家賃はできるだけ、パワーincludingがいいと思うし、ニュージーランドは酒税と
タバコがバカ高いので、習慣化させないことが大切。

ニュージーランドに来たんだから(しかも空気が良い首都ウェリントンならなおさら)
もっと肺に、美味しい空気いっぱい入れればいいと思うよ!
スクリーンショット 2020-04-30 16.13.59
ちなみに、このビルに住んでいたんですけど、都心の割にオーナーが頑張ってくれた
お値段だったよね、お湯が家賃に含まれてた。

でも使ったよ…すごい使ったよ。お金な。
とにかく、ニュージーランドは物価が高いので仕方ない!

その代わり給料も高いんでしょ?って思うかもしれませんが、それが、違うんですよ。
どんなに頑張ってても、2000ドルくらいしか!ないんですよ!

まあ、ジャパレスでバイトだけではなくて、ピッキングだとか
ファームでジョブしている方だと、もうちょっとお金もらえるし
運が良ければ、フラットのレントいらないとか、ご飯付きとか!あるしね!

ちなみに今ウェリントンは、家賃が高くて学生さんや、ワーホリの方が
離れちゃってるらしいのです。おうち探しは難航しますが、根気強く探してみてくださいね!

というわけで、大公開でした。


おもしろかったら、ポチッとするのも、忘れないでくださいね〜!
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


学校、行ってきました。つかれました・・・。

まだ1日目なんだけども普通に、クラスメイトうまく話すことが出来なくて、悔しかったです。クラスには
フランス、チリ、タイ、スイス、韓国、中国、イラン、コロンビア人がいます。日本人も一人います。でも全然聞き取れない。

ふつーにショックだったこと。それは「理解できない」と言われたこと。
旦那ちゃんと普通に話せている英語ですら、他のひとに伝わらない。そういう経験をしました。

先生は、言っていることを理解してくれるのに生徒同士は理解ができません。
それは、個人の話し方の癖もあるしそもそも、人間的に性格合わないのもあるし
(私はパーティ好きじゃないので、仲間にはなれないのです)
20180409_142644485
日本人は「伝わらないのは、私の責任」と思いますがそういう人ばかりではありません。かなり、偏見ですが「自信を持っている性格」の人もいて「なんでお前が理解できないねん」「あなたの英語がわかりづらい」「お前、よくこのクラスにいるね!」とか言われたりする。これがかなり精神的に堪える。

しゃべるのがうまい、ヨーロッパ人にくらべて、しゃべれないけど、リーディングやヒヤリングが得意な日本人。うっかり、いいクラスに入れちゃったりするんです!!!←今ここ

そうやって、うっかり実力以上のクラスに入れてしまった私です!!!
DSC_0151
あ~あ~ここに来て初めて、日本帰りたいな~って、思って悲しくなってしまって…。無駄にビーハイブとか、見に行ってきました。ビーハイブはニュージーランドの国会議事堂的なものなのですが、そこの芝生におこたわり、遠い日本に思いを馳せました。

お昼寝を楽しむ人、いちゃつくカップル、楽しそうに話す生徒たち…こんなに人がいるのに…孤独なものですね…

おもしろかったら、ポチッとしてくださいね~
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 

私の最近友達になった子が、ずっとバックパックに住んでいて
おうちがないよ〜と、嘆いており
わかるよ、わかる〜すげぇ家がないって不安だもんね。

他のワーホリ生活1〜から見ていただくと、よりわかりやすいです★

なので、彼女のために出来るだけ力になりたくて一緒に探してました。基本的にウェリントンは、一人で住めるってのはなくてフラットで誰かと一緒にシェアするのが普通。

別の名を「独身の人、家探すの難しすぎるやろ in ウェリントン 」
これは私が勝手につけたんやけど、一人でワーホリする人は大抵来てすぐに家探しの難しさに、ぶち当たる。いや、確実に・・・。

そして家賃が高すぎるので、食事なしにしてもらったり最初のうちは、ホームステイするのもいいと思う。つまりは交渉次第やねん。
842498110
*家具なしも当たり前。色々探していたのですが、返事返ってこないことが本当に多くて、半ば諦めモードでしたが「探し続ければ絶対家見つかる in ウェリントン」なので、いろんなところに目をシャッキンシャッキン配らせていたら

アパートの壁におもむろに「フラットメイト募集170ドル」というのを発見。
そのほか、偶然行ったNEW WORLDの掲示板にも「フラットメイト150ドル」と
書いてあったので、すぐにお友達にメールすると

「今日見に来てって〜」とオーナーからメールが・・・。まじで早い展開に、私もびっくりしながら同行することにしました。

そのフラットは、かなりシティからも近く、閑静な住宅街。中身もシェアハウスの割に綺麗で、住んでいる人も穏やかなKiwiでした。一緒に住んでいる日本人も静かな方で、なんとボンドもなし!

今週末から入れるよ!という奇跡的な出会いでした。オーナーと一緒に住むので、不便があれば言えるし地元民なので、相談もできるし!何よりも150ドルの物件なんてほとんどないですし、彼女のお役に立てて何よりでした。
emily-wang-735308-unsplash
フラットのチェック項目!
・共有費(電気、Wifiなど折半か?管理方法は?)
・消耗品(トイレットペーパーやその他雑費)
・ボンド(退去時返ってきます)
・家賃の前払い分
・保証人の有無
・パーティーの有無
・掃除当番など
・オーナーが誰か
・鍵の管理(一人一個もらえるのか)
・Wifiの速さ(5Gまたは無制限か、制限有か?)
・住人の生活時間


でもその子は、結局そのフラット気に入らなくて、日本に帰っちゃったよ。オーナーがケチだと、暖房やシャワーの温度が低く設定されていて、家もお風呂もクソ寒い!ってことがあります。こっちの電気代が死ぬほど高いからね。まあね、そういうこともあるってね。

みなさんが思っているよりも、ウェリントンフラットが見つかりにくいので、早めに準備して、街を歩くときも目をシャッキンシャッキン!配らせて頑張って見つけてください!

おもしろかったら、ポチッとしてくださいね~
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 

外国のお菓子って、すごい意見分かれるやんな~

私はクッキーとか、クラッカーとかやったらいいけど
他の甘すぎるケーキとか、砂糖使いすぎて頭痛くなるお菓子は苦手。
こっちのひとは、結構太っている人多くて、そらそうやろう・・・

7時にブレックファースト、10時にブレイクタイム。
ランチして、3時にまたコーヒーブレイクして、カフェよって帰る。
そりゃ~~~~~~太るやろ。
ということで、ウィルと一緒に食べてるお菓子。紹介。

お腹すいたら、基本的にはフルーツ食べてます。
りんご、バナナ、缶入りのラフランス、アプリコットに
ヨーグルト1L で4ドルを混ぜて食べたりしています。

1.Wheat Biscuts
snacks (3)
栄養価が★5つという高栄養食品。オートミールよりも食べやすい、シリアルです。
バーのようになっており、フルーツやヨーグルト、牛乳と混ぜて食べます。朝食とか消化にいいので、よく食べます。

2.Shapes
snacks (1)
旦那が大好きなシェイプス!これ、ほんと永遠に食べてます。お値段は2.5-3.0ドルほど。二つで5ドルセールよくやっています。お味はチェダーチーズ、ピザなど。

3.Cravers
snacks (4)
さっきのシェイプスのパクリ盤(ひどい)でも、こっちの方がちょっと薄くて食べやすい。
味も、ベーコン、チーズ、サラダ?味があったはず。個人的には、こっちの方がすき。特にスモークベーコンは、本当にスモークベーコンの味。。。。ちゃんとします。

パクリなだけあって、お値段1.8ドル(countdown)でしかもシェイプスよりちょっと入っている量多い。

4.チョコレートバー

snacks (2)
小腹すいたときに食べるのは、これ。チョコチップ、アプリコット、ラズベリー、ホワイトチョコもあって6個入で2.5ドルほど。忙しくて、ご飯食べられないときとかも、これポケットに入れていきます。
スニッカーズよりもカロリー少ないし、お腹にたまります。

5.プレッツェル
okashi (2)
これはニューワールドで1.99ドル。セールの時には、500gで3ドルとか永遠にウィルは食べています。
塩っけがあるので、これにピーナッツバター(無糖)を食べるのがよい!

6.ティムタム

okashi (1)
ファミリーパックで2.5ドルやった!こっちはミントチョコのお菓子があるので、チョコミン党としては
うれしい♥

7.ケーキ(countdown)
okashi (3)
たま~~~~に、自分へのご褒美として、買うのがあまあまケーキ。キャロットケーキと、チョコケーキがあるんやけど賞味期限近くなると、半額になるんです~^^!
さ い こ う か !

普段3ドルって高く感じる・・・(アイス2Lが3.5ドルくらい。)スーパーで、チップスやチョコ買うのもおすすめですがマーケットで小ぶりのリンゴとか、バナナが1キロ99セントで売っています!
お腹がすいたら、フルーツ食べるのもおすすめです!

おもしろかったら、ポチッとしてくださいね~
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ 

行ってきました、ニュージーランドのビザの為のレントゲン・・・!ビザを取得するためには、ビザの申請から15日以内に指定医による、健康診断を受けなきゃいけないんです!!!!
ミスったら、やり直しになっちゃいます!ので!

手順などなど詳しくまとめときます!公式のやり方とは、少し違うのでご注意!

1. ワーホリ可能年齢、 18~30歳かを確認する。
→申請時に30歳でも、31歳になる一日前に入国したらOK

2. 指定病院に電話する
→関西在住なので、大阪回生病院に電話しました。
「必ずa chest X‐ray 」を選んでください。間違えたら終わりです。
・「いつにしましょ?」って言われたので「月・水・金」から予約する日を決めて、予約。
・病院のHPにアクセスして、パスポートとかい~ろいろ、入力。予約した日か、翌日中には入力してね!

※この時点で予約してもいいと思います。パスポートを保有していることが条件です!
パスポートがない人は、取得から!!!

3. ニュージーランドのビザのページにアクセスする。

https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visasへアクセスします。
☆パスポートを手元に用意してください!

4. まずは、会員登録!
アカウントがないと、ビザが取得できません。
会員登録自体は、簡単なのです!わたしでもわかったのです!

5.レントゲンへGO!!
絶対パスポート忘れないでください!(笑)
受け付けに行って、簡単な問診票を書いて、検査を受けます。

検査自体は5分もかからないです。
ちなみに、白のTシャツで行くのが、おっすすめ!すぐ終わる!着替えなくていいから!

6.代金支払い
検査後支払いを済ませます。

代金14000円!税込み!
まあ、ニュージーランドに関しては、ビザ申請は無料ですからね~・・・

7.結果をもらって帰宅!
問題がなければ、結果をもらって帰宅します。
そのまま、ニュージーランドのビザのページにいき、検査結果に書かれたナンバーを報告します。

ここまでこれば、すぐにメールで返事が来て、ビザの担当がきまり、ビザが取れます!!!
もう少しですよ~!!

おもしろかったら、ポチッとしてくださいね~
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 


私はニュージーランドの英語学校を卒業してから、ベビーシッターのお仕事をしていました。
ベビーシッター

ベビーシッター2
ベビーシッター3
ベビーシッター4
ベビーシッター5
子供たちのこと漫画にしてみたよ・・・ワーホリで入国した週には、もう仕事を探し出していて、運よく見つかったのが、ベビーシッターのお仕事でした。このことをつらつら書いていきます。
welly2days (8)
ウェリントンにきて、初めてのお仕事で当時はバスに乗るのも、隣の街に出かけるのさえも
緊張していた30歳だったんだけども、ちゃんと仕事見つけられて、
本当に嬉しかったことを覚えています!(他にはお寿司屋さんでも!)

NZ大好きのサイトで、ちょうど募集していて
一番最初に面接に行った時も「履歴書いりますか?」と聞いたら
「昔の友人を訪ねるような感じで来てね〜〜〜〜」と言われて行って、
お仕事をゲットしたのです!
andrew-neel-ute2XAFQU2I-unsplash
私は全然、子供に好かれるタイプではないんだけど、一応仕事には信念があって、子供だからって子供扱いしないってことだけは大事にしてきたんよね。

というのは、子供だからこれだけしか食べられないとか、ここまでしか出来ないっていうのを、大人が決めてしまうのが本当失礼というか、子供のポテンシャルを奪ってはいけないって思ってた。

だから、2人には大人みたいに喋ってきたし、接してきました。
2
そしたら、2人とも私のことを大好きになってくれて、本当の兄弟のように思ってくれたのが嬉しかった!

しかし、現地の小学校へのお迎えだとか、イベントだとやはり現地のママさん、パパさん、おじいちゃんエトセトラ・・・英語で話す機会もかなり多く、自分のスキルがないとダメなんですね。

Yes Noのお返事なら、秒でしないといけないし、子供の病気や、症状からも説明しないといけない。
なので結構!鍛えられました!メンタル!

私が日本に帰ることになって、このお仕事大好きだったけど、子供たちも泣いて、私もベビーシッターできなくなって、本当に悲しかったなあ。。。。だけど!地球は丸いさ、いつか会えるさな気持ちで!帰国してきたよ!

もしベビーシッターや、小学校などでボランティア活動したり、するのは英語力とか現地の生活にドップリ!入ることになるので、チャンスがあれば、やってください!

絶対損はしないよー!というわけで、今回はつらつら書いてみました。

おもしろかったら、ポチッとしてくださいね~
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
 



わたしは、アメリカに行ったときに考えたことがあります。

英語はコミュニケーションの為の武器であること!!!
RUN2
私は自分の自己紹介が出来、多少の疑問文をぶつけることが出来、わからないことを質問することができます。しかし、質問することはできても、返事を聞き取ることがまったくできないのです!

例えば、What kind of Japanese food do you wanna eat in Kyoto ?と、アメリカ人の友人に聞きます。

アメリカ人は答えます。

「SUSHI! TEMPURA!」
これならわかります。でもそう簡単にアメリカ人は答えてくれません。

「anything is Ok」とか

「What's your recommendation?」と聞き返してきます。

recommendation
!!!!!!!
この時点で、recommendation の意味が分かっていないと、会話にならないのです。


レコメンデーションの意味、なに?という具合に聞き返せばいいのですが、
そんな勇気は私にはありません。というか、もっとわからんくなる確率が高くなり、頭がごちゃごちゃになるからです。

大切なのは、「それ、なによ」と聞き返すためのコミュニケーション能力と聞きとることができる、リスニング能力が必要なのです。

それを、ウィルに相談。

あながち間違ってはいない模様。

そしてウィルはいいます。

「発音は気にしなくていいんやで」(なぜか関西弁)

ええええええ!気にするやろおおお?

彼曰く、日本人に足りていないのはアウトプット。

ニュージーランドに行ったときに、語学学校の先生が、日本人はライディングやリスニングのテスト、長文読解などのテストで高得点をたたき出すのが上手いねって言っていた。だから一番レベルの高いクラスに日本人は配置されがちやけど、クラスに入ると全く話せない!

ドイツ人や、韓国人はライディングはできなくても、話すことが可能なのでコミュニケーションがうまくできるというわけです。

ドイツ人に言われます。

「お前、クラス間違ってないか?」

キッツ~!!!!本音で話しすぎちゃうか?きついです。第一!大切なのは、発音ではないそうです!

しゃべれば、自然に発音はうまくなる!

結局、話せよ。ってことらしいです。

おもしろかったら、ポチッとしてくださいね~
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ