2019年02月07日

どろくい

泥くい?泥を食べる?

名前はわるいけど大浦の郷土料理です。
蕎麦を打つときにでた切れ端やそば粉で作る汁ものです。
里芋、人参、大根、春菊、つけあげなどたくさんの具をいりこだしで煮込んであって、どろどろとした食感なので、名前の通りです。

炙った鰯(ひぼかし)を出汁にする時もあり、昔の大浦の食卓を感じます。
DSC_2095


oura_tayori at 08:51│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ