2007年01月

2007年01月31日

「期待権」って……

 キーボードで「きたいけん」と打ち込んだら「来た意見」としか変換しなかった。とにもかくにも、やっぱり「期待権」なる言葉はあんまり耳慣れないし、概念としても個人的に今ひとつピンとこない。

 いや、NHK「ETV2001 問われる戦時性暴力」をめぐる裁判の話だ。東京高裁で一昨日、上記の番組改変に関するNHKの関与と責任、および原告側の「期待権」を認める判決が下ったのは既に御承知の通り。

 少なくとも、NHKの関与と責任を認めたという部分においては至極まっとうな判断だったと思う。そもそも番組制作会社のドキュメンタリージャパンの責任だけを認めてNHKの責任は問わないとした地裁判決については、テレビ局と番組制作会社との関係という、基本的な前提からしてわかっていないトンチンカンな判決だなと私も感じていたからだ。加えて、一審判決後に例の長井暁プロデューサーによる内部告発が出てきた以上、あれで再び制作会社だけに責任があるとの判決が控訴審でも出てきたら、それこそ裁判所の正常な判断力が疑われるところだった。

 ただし、である。それはそれとして、やっぱりこの「期待権」というヤツには少々引っかかるものを覚えた次第だ。

 そういえば、この判決について読売新聞がさっそく疑義を唱える社説(1月30日付「NHK番組訴訟・報道現場への影響が懸念される」)を載せていたのを読んだ。その末尾部分の、例の「朝日vsNHK」論争に言及した部分については、この判決に絡めて言うのは負け惜しみの類いだねえ(とはいえ、あの程度の遠吠えならさせてあげてよいかな?)という感じだったが、真ん中あたりにある「期待権」についての、

>ただ、懸念されるのは、編集の自由の制約に関する司法判断が
>拡大解釈されて、独り歩きしないかということだ。

 ――との下りについては、実は私も読みながら「そうだよなあ」と思ってしまったのだ。

 というか、そこで私のような人間が、思想や体質においては真逆の立場にあるはずの読売新聞の社説に思わず頷いてしまうところに、この件を含めた「NHK問題」の一番やっかいな側面があるような気がするのだ。

 だって考えてみてほしい。今回の控訴審判決でも、番組制作にあたったドキュメンタリージャパンは再び「被告」として「有罪判決」を受けている。だが、伝えられている「NHK幹部が番組内容の改変を指示した」ことが問題だとするなら、本来ドキュメンタリージャパンは「被害者」として原告側の席に座っているべき存在だった。にも拘らず、同社は今回もNHKと「共犯」にされた格好になっている。

 いや、だから――これは今さら言っても仕方がないことなんだろうけど――件の番組改変について、番組制作にあたったNHKおよびドキュメンタリージャパンのスタッフ自身が、改変を指示したNHK幹部や経営陣を「言論・表現の自由を侵害した」と訴え、それを被取材者であるバウネットなどが支援する、といった格好で裁判が展開されていたなら、はるかに筋も通って分かりやすい展開になっていたと思うのだ。もとより、その場合にはNHKの責任を認めさせるのに「期待権」なんてものを引っ張り出してくる必要も生じなかったはずだ。

 ところが実際には上記のような形の判決になったうえ、上告したNHKの側から「番組編集の自由を極度に制約するもので、到底受け入れられない」というコメントが出されている。つまり制作スタッフに無理やり番組の改変を命じたとされる側のほうから「俺たちの言論・表現の自由を侵害する判決だ」といった反論が出てくるという、実に倒錯した構図になってしまったのだ。

 もちろん、念のために言っておくが、私も「取材された側」の「取材した側」に対する「期待権」というものを決して認めないわけではない。私自身も普段からあちこちに取材したり記事を書いたりする中で「こないだ取材した○○さんは、この記事を読んでどう思うかなあ。なんか妙に期待されちゃったみたいだし……」といったことはよく思うほうだし、結果的に出た記事を読んだ相手が気分を害したという場合には申し訳なく思ったり、時には謝罪だってすることもある。

 とはいえ、時には面と向かって話を聞いた相手に対して結構厳しいことを書かなければならない局面だってある。当然、そうした時には批判や反論を受けることになるし、それに対しては書いた者の責任としてきちんと応対していくべきだろう。けれども、そこで相手側が「俺には法律で認められた『期待権』があるんだ」という論法を持ち出してくるのだとしたら、ちょっと待てよと言いたくなる。無論、それに対して「俺にだって憲法で保障された『言論・表現の自由』がある」とも言い返せるわけだが、そんなことをしたところで、後は延々と不毛な論戦が続くだけだろう。いずれにしても、取材を通じて得られた先方とのご縁は、その過程を通じてもはやボロボロに破壊されてしまうに違いない。

 などとグチグチしたことを延々と書き連ねるのも、上の読売社説にもあった「拡大解釈」への懸念が私自身にも捨てきれないからだ。また、そのことは、おそらくこの後に書くことになる例の「オリコン問題」をめぐる「訴訟の自由」の問題ともあいまって、今のうちからジャーナリズムに関わる者たちがきちんとした議論をしておくべきテーマなんじゃないかという気がするのだ。

 この「ETV問題」そのものについては個人的に取材をしたわけでもなく、報道や、知人を介した話を通じてしか私も事情を知らないので、ここではあまり多くを語るべくもない。ただ、現在のNHKという有り様が抱える構造的な問題(毎年の予算について国会で審議を受ける必要がある←政府・与党の顔色を気にしなければならない 等)が、本来ならばもっとすっきりした形で論じられるべき部分や、あの番組に関わった人たちの間の関係性を極めてややこしくグチャグチャにしてしまったんじゃないか――と、なんだかそんな気がしている。

(「岩本太郎ブログ」と同時掲載)

ourplanet_iwamoto at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ジャーナリズム論 

2007年01月28日

下請け構造の問題か?

 で、「あるある」の件で取材がきた(笑)。どこからって? 『赤旗』から(続笑)。

 以前から面識のあった「しんぶん赤旗・日曜版」の記者さんから、問題が表面化した直後の週明け早々、メールで「テレビ番組制作の下請け構造に一因があるのではないか?」といった趣旨からコメント依頼のメールが届いたのだ。ちょうど今発売中の『GALAC』2月号に私が書いた記事(「制作会社40年間の死闘」)を読んでいたところにこういう問題が持ち上がったということで、さっそく問い合わせてきたらしい。翌日の昼に『赤旗』編集部に電話し、30分ほど記者さんから電話ごしにあれこれ質問を受けた。

 そんなわけで、本日28日(日)発売の同紙に岩本のコメントが載ります。もし御目に留まるようでしたら、是非御笑覧のほどを。それにしても、記者さんが事前に掲載コメント確認用に送ってくれたゲラを見たら、なみいる放送業界の大先輩方に混じって岩本の発言が何とも肩身が狭そうに収められていたのに思わず恐縮してしまった次第。

 ところで、上記の「テレビ番組制作の下請け構造に一因があるのではないか?」という質問についてなのだが、実は私はその記者さんとの電話取材の際、「現時点でそこに問題の原因を全部帰結させることはできないんじゃないでしょうか」と述べた(説明がややこしくなるので記事にはならないだろうと思いながら話したし、実際にもコメントとして載らなかったが)。

 もちろん、上記『GALAC』の拙稿を含む特集の中でも「下請け構造」と呼ばれる実態が孕む問題点については指摘されているし、それらが例えば今回の「あるある」におけるケースのような事件を引き起こす可能性は、私も否定しない。というか、報道を通してしか知らない範囲であれこれ想像するに、何かそれが原因だったんじゃないかなあ……という気が正直しなかったわけではない。

 にも拘らず、なんでそんな捻くれたような答え方をしたのかというと、たぶん「テレビ業界の下請け構造が問題だ」と納得してしまった途端に、みんながそれ以上のことを考えなくなるだろうと思ったからだ。

「『捏造したのが問題だ』とかってみなさんおっしゃいますけど」と、私は電話口で記者さんに言った。「じゃあ『下請け構造』がない業界では『捏造』が生じないのかといったら、全然そんなことはないでしょう? だって、一昨年の総選挙の時にも朝日新聞の長野の記者さんが田中康夫のコメントを勝手に『捏造した』なんて話があったじゃないですか。古くは『サンゴ事件』ってのもあったし、ああいうのは『下請け構造』だから出てきた話でしたっけ?」

「確かにそうですよねえ」と、『赤旗』の記者さんは受話器の向こうで頷いているような様子だったが、これが当の朝日とか読売の記者が相手だったら一体どんな反応が返ってきたかなと思うところだ(まあ、『赤旗』ゆえ「これは大手のテレビ局による下請け業者への搾取が根底にある!」という問題認識が先にきていたのかどうかまでは知らないけど)。

 これはメディア業界ネタをフリーランスという立場で取材・執筆してきた経験から思うことなのだが、新聞関係者には「自社が出すメディアに載せる中身(記事や番組)を、自社の社員以外の人間の手に委ねる」ということへの嫌悪感が強いようだ。なにしろ記者から各地の支局から印刷部門から販売部門まで、一通り自社系列でワンセット抱えないと気がすまないような業態で長年やってきたせいもあるのだろうが、そうした生い立ちから来る生理的な嫌悪感が、「外注」が当たり前の業態であるテレビ業界や出版業界(それこそ私のようなフリーランス「自社商品」であるはずの記事を書かせる世界)への一種「差別的」な視線につながっているところって絶対あるよなあ……と常々思っていたのだ。

 そのうえで、これも電話取材の際には強調したことなのだが「高度に分業化が進んだ現場」においては、新聞社だろうがNHKだろうが民放だろうが、はたまた一般企業(それこそ不二家だろうがアパだろうがヒューザーだろうが日本一になった日本ハムだろうが潰れた雪印食品だろうが自民党だろうが創価学会だろうが日本共産党)だろうが、こういうことはいずれ絶対に起こりうるのだ、と。だから問題の核心は、どんな組織であろうが不始末を未然に防いだり事後の対応もきちんとできるような「品質管理」の体制を、普段からいかに構築しておくかということなんじゃないかという気がするのだけれども。

 んで、以上を踏まえて言うならば、今回の件では「あるある」関係者たちが脇の甘さをつつかれたという側面はあるにしても、「ちょっと可哀想だよなあ」などと私は思ってしまったりもする。

 だって「下請け構造」云々を言うんであれば、ゴールデンタイムで全国放映され、なおかつ日本テレワークという制作会社の中では老舗大手の企業が手がけていた番組などは、低視聴率かつ低予算で毎日(だよ? 週1回じゃないよ?)放送されるワイドショーとか「人材育成のためには収益度外視」が暗黙の了解である深夜番組あたりに比べればはるかに恵まれていたであろうにと思うからだ。

 っていうか、そんなに「捏造」が問題だっていうなら、今言ったような深夜番組あたりで、そういうことが日常的に絶対起りえないとでも思っているのか? という話だろう。むろん、低視聴率が当たり前な深夜番組で少々のやらせや捏造が発覚したところで新聞や雑誌も大きく記事にしたりはしない。「そんなテレビごときのいい加減な連中のことで……」と黙殺されるのが関の山だろう。ところが、そんな「我こそがジャーナリズムの王道」といったプライドにふんぞりかえっている連中が、自分は見下しているにも関わらず大衆からは自分を遥かに上回るリスペクトを獲得している人気テレビ番組において、こうした不祥事が持ち上がるや否や、プライドとコンプレックスの入り混じった大キャンペーン(それこそ普段から非の打ちどころのないクラスの優等生が、時たま失敗して先生から怒られるのを見て大喜びするガキんちょのような)に打って出ているんではないかな……とも思ってしまう。ま、それである種の「ガス抜き」になるのであれば「それもまたよし」ってことなのかな?

 だから背景を云々するんであれば、むしろ「何でこの件が『週刊朝日』で取り上げられるにいたったのか?」というところのほうだろう。まあ、「あるある」は人気番組だったし、それでなくても世間からのチェックが厳しかったからだ……という見方もあるだろうけど、むしろ「陰謀史観」が好きな人はこういう時こそ別の「邪推」をしなきゃ(笑)。業界関係者の中でも既に「関西テレビ潰しを狙ったフジテレビの陰謀では?」という見方もあるわけだし。

 ようするに、この「あるある」問題をめぐって「建設的な議論をしましょう」という側も、「いい加減でもいいから、いろんなことを言って楽しみたい」という側も、現状では「お前らどっちもハンパなんだよボケ!」と言われても仕方がない状況なんじゃないか――などとぼつぼつ考えながら過ごす今日この頃なのでした。妄言多謝にてすみません。ではでは!

(「岩本太郎ブログ」と同時掲載)

ourplanet_iwamoto at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) テレビ | ジャーナリズム論

2007年01月27日

短波放送は永久に不滅です(?)

 う〜ん……油断大敵だ。いや、ちまたでは折りしも「捏造」だの「やらせ」だのとか再び言われているところにいささか告白しにくいのだけど、「誤報」をやらかしてしまったのですよ、しかもこのブログで(苦笑)。以下、おわびと訂正を兼ねて御報告。

 発覚したのは『GALAC』の仕事をしている最中だった。実は次号(3月号=2月6日発売)の『GALAC』は例のNHK「命令放送」の件に絡めて、世界各国の「国際放送」についての特集を組んでおり、その関連から短波放送について少々調べ事をしていたのだ。

 かれこれ2年近く前になるが、私はこのブログに「さよなら短波放送」(2005年4月24日付)という記事を載せている。その中で

>短波放送って確か2015年を最後に放送そのものができなくなるんだよ。
>ITU(国際電気通信連合)ってとこの申し合わせで、世界規模で
>そうなるってことが、確かもう10年以上前に決まったんだ。
>競馬や株式市況の放送でおなじみの「ラジオたんぱ」が
>「日経ラジオ社」なんてベタな社名に最近変わってしまったのもこのためだ。

 ――と書いたのだが、実はこの中の「短波放送が2015年でなくなる」という話が「誤報」だったことが、このほど判明したのでした……。

 誠に申し訳ありません!!! m(_ _;)m(←と、記者会見で頭を下げる社長のように謝罪)

 ……ただですねぇ <(-〜-)/ (←途端に開き直りモード)

「2015年に短波放送が終わる」という話は、別にちまたに出回っている妖しげな噂話をもとに書いたわけではなくて、十数年前にほかならぬ「ラジオたんぱ」の社員の方への取材時に先方から聞かされた話なんですよ。

「まだ先の話ですし、正式にどういう形になるかわからないのですが……」と言いながら、その方は教えてくれた。要は通信の需要が増えて世界的に電波事情がひっ迫する中、単一の周波数が国境を超えて世界規模に届く短波放送は混信を引き起こしやすい。そのために国際組織での一律の申し合わせにより、ある時期を境に現行の周波数帯の使用をやめようという話になったのです……といった説明だった。

 しかも上記の通り、その「ラジオたんぱ」自身が2003年には社名を「日本短波放送」から「日経ラジオ社」(愛称は「ラジオNIKKEI」)に改めた。当時これを聞いた私は「いよいよ2015年の短波放送中止に向けた準備なのだな」と合点したまま疑いもしなかったのである。ところが――。

「え〜、そんな話、初めて聞きましたよ。違うんじゃないの?」

 と、アワプラ共同代表で、他ならぬNHKの短波国際放送にかつて職員として務めていた小林りかさんに、今回の『GALAC』特集に関連した相談を持ちかけた際にそう言われてしまったことで「はた?」と考え込んでしまったのだ(後日、りかさんから改めて「やっぱそれって違うみたいですよ」と、確認したうえでの返事が来た)

 上記の特集では私はもっぱら編集作業がメインで、短波放送や国際放送に関する解説記事は他の寄稿者の方に委ねていた。ただ、上がってきた原稿を見たところ、やはり私と同様の「短波放送2015年終了説」を採っている記述があったのだ。

 そんなわけで、私のほうでも改めて調べてみることにした。もっとも、この「短波放送」というテーマについては頼りになりそうな文献の類いが「紙」の資料にもウェブ上にも極端に少なく、かつその内容たるや専門用語のオンパレードであるため一般人には読解しにくいものばかり。おかげで結構テコずらされた次第であったが、ひとまず結論的に到達したのは

「過去に『現行の短波放送は2015年で終了』との決議が国際的になされたのは事実。しかしそれは2002〜2003年に再び正式な議決を経て撤回された」

 というものだった。

 すなわち、昨今テレビの地上波やBSなどでも言われている「デジタル化」の技術を応用することによって、短波放送も以前のような混信の心配を気にせずに行えるようになったというのだ。したがって、NHKが短波でやっているラジオ国際放送とか「ラジオNIKKEI」、あるいは海外各地域発の短波放送は「2015年」というデッドラインを超えて存続できることが当面保証された格好だ。

 ただし、国際的な申し合わせの中では、短波放送を「DRM」というデジタル対応の国際標準方式に切り替えることも確認されたらしい。つまり、ここ数年の間に日本国内でも地上波やBSを舞台にさんざんぱら揉めた「アナログからデジタルへの移行」に伴なうゴタゴタが、短波放送でも今後繰り返される可能性があるというのだ。

 だから地上波やBSと同様、今後は受信者側がデジタル対応の受信機を新たに買い換える必要が出てくるのだが、今のところ、これについてのスケジュールは何ら定まっていない。というか、日本政府がこの措置にどう対応するのかが未だに示されていないため、放送局側も現時点では身動きがとれなくなっているというのが実情らしい。

 ただし、仮に今後、短波放送のアナログ→デジタル移行をやるとしたら大変だ。国内外にある短波受信用ラジオ機器はもちろん、放送局側の設備対応も必要になる。ましてや、地上波テレビのように当面は移行措置としてアナログとデジタルの双方で同じ内容の放送を流す(サイマル放送)といった芸当も、世界レベルで周波数が混み合った短波では難しそうだ。つまり「いっせーの、せっ!」で一夜にしてアナログからデジタルへの切りかえをすることが必要になりそうなのだが、はたして今のNHKがそんなめんどくさいことを敢えてやろうとするのかな? という疑問は残る。

 ――とまあ、言い訳めいたことをグダグダ書いたが、要するに「俺が『短波はなくなる』って書いたのは、少なくともその話を聞いた時点では「正しかったんだぞ!」と言いたいということなんだろうか。我ながら、なんだか潔くないなあ(苦笑)。

 しかし、放送業界(特にテレビ)に関しては一般からの注目度も大きい。だからその動静を伝える我々のような立場の物書きの責任も重大だというのはわかるのだけど、その一方で「短波放送」という分野(国内にはNHKとラジオNIKKEIの2者のみ)になると、業界内部からの注目度も高くないぶん、専門的な立場からその動静を追うジャーナリストや研究者も極めて少ないというか「絶無」に近い。

 だから「2015年に短波がなくなる」などという10年以上前の話を今なお知らない人たちがほとんどだという今の世間に対して「それは間違いでした」などと、メディアが逐一細かい事情をどんなに噛み含んで説明していったとしても、自ずからそこには無理があるんだよなあ……。

 実のところ、これって「メディア業界ジャーナリズム」をやる人間が必然的に直面せざるをえないところでもあるのだ。つまり「業界関係者ならわかる、今の業界にとって一番問題な部分」を突き詰めて書いていこうとすればするほど、それ以外の一般の読者はついていけなくなる。

 例えば今の「あるある」事件にしても、目下の段階では旬の話題として週刊誌その他でもバンバン話題として取り上げられる。
 ところが、事件の深層部分に、極めて純業界的な要素(一般人が聞いたら専門的で何が何だかわからん)が絡んでいたのだとしたら、そこを追及しようとする記者に雑誌の版元側はこう言うだろう。「もっと『テレビ局のプロデューサーが下請けの社員にウソでもいいからやれとか言った、一般受けする話はないの?」と。

 結局「視聴率至上主義」「放送の公共的使命があるのに利益に走る放送局はけしからん」とか書いてる新聞や週刊誌にしたって、そういうことを書けば正義の味方面ができると同時に部数や注目度が集まる(=収入が確保できる≒自分の家族の生活を保証できる)といったところの動機に終始しているんだろうし。

 おっと、話題が外れた。ただ、結局のところメディアが取り上げる話題の優先順位なんていうのは、たとえそのメディア自身にまつわる話題であっても「それが部数や視聴率や広告収入につながるか否か」というところに帰結してしまうのだよな……。まあ、その空しさをわかったうえで、おそらくそのおこぼれに預かれる機会が生涯なさそうな私は、これからも儲け度外視で好きなことを好きな時に好きなように書いてければ幸せだなと思うのでした。ではでは。

ourplanet_iwamoto at 03:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラジオ 

2007年01月26日

突然イヌネコ話だぞー!! FMわぃわぃ『恋するNPO/東京ラブレター』今夜放送!

FMわぃわぃ」にて毎週金曜の夜に放送中の『恋する! NPO』、その月1回、第4週の東京「OurPlanet-TV」の制作枠で、不肖・岩本がパーソナリティを務めております『東京ラブレター』が、今月も本日26日(金)の21:30〜22:00に放送されます(再放送は28日(日)16:30〜17:00、どちらも同時にインターネット配信=前回はリンク切れしてましたが既に復旧したようです)。

 相方のパーソナリティ・金山智子さんが久々に復帰した今回は、ゲストに茨城県取手市を拠点に活動するNPO「ポチタマ会」の川上郁子(ふみこ)さんと梅津冬樹さんが登場。遺棄された犬や猫を対象にした飼い主探しなどを行っている同会の活動、さらには最近のペットブームの裏側で進行している「動物虐待」の由々しき状況などについて、普段からペットを飼う習慣がないため犬猫のことがまるでわからないという岩本が(汗)、とんちんかんなのは覚悟のうえで、あれやこれやと質問しながらお話を伺っております。ぜひお聴きください!(――なんだけど、今回は最後のほうが完全にしどろもどろになっちゃってるんで、ちょっと恥ずかしいなあ……)

ourplanet_iwamoto at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラジオ | アワプラ話

2007年01月23日

あるある そのまんま

 目下仕事の追い込みにつき、こっちへじっくり書き込んでる余裕もないんだけど、それでもこういうタイトルにしとけば今は自動的にアクセスも増えるのかな?

 しかしまあ、そんなこんなでここ数日の新聞の一面トップなんかを見てると、やっぱこの国って「美しい国」だとは思うけど、同時に「軽い国」だなあ。これじゃあ韓国や中国みたいな見るからに「重い国」に舐められても仕方がないですよ。どうか「反日マスコミ許すまじ!」のみなさん、今こそ頑張ってください。軽い私はみなさんにおまかせして、いそいそと自分が食ってくための仕事に励みます(笑)。

 それにしても「あるある」にしても「そのまんま」にしても、それを書き立てるメディアの文脈たるや、ほとんど不二家並みに「期限切れ」の使い古されたネタばかりじゃんかよ。

ourplanet_iwamoto at 01:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)