2007年02月

2007年02月24日

“23日、わかった”月刊『少年ジャンプ』休刊!

 ――なんだそうです。私も初めて知りました。ただ、なんかこれも、ここにニュースは出てるけれども「23日、分かった」って書き方がねえ(苦笑)。

 もしかして、これ自体はコミック雑誌関係者の間ではずっと前から周知の事実だったのを、なんかの弾みで知った大手メディア関係者が慌てて、自分がそれを知った日付でもって「23日、わかった」とか書いてるんじゃないかと邪推したくなる私です(笑)。

 というのは、以前に光文社の月刊誌『宝石』が休刊になった際、業界紙などでは数ヶ月前に報じられていたその話題をもとに私が関係者たちに取材し、8日発売の某月刊誌にその話題を記事として書いたところ、翌9日付の朝日新聞朝刊にベタ記事で「『宝石』が休刊になると、8日までにわかった」とかいう記事が出たのを覚えてるからだ(笑)。

 まあ新聞ってやつは「自分がその事実を認識するまでは、そういう事実はこの世になかったのと同じだ」って発想なのかも知れんけど(もっとも欧米の新聞はこういう時にも「『××』によれば――」と記事が出た媒体の名前をライバル紙であろうが素直に書くそうだが)、それにしてもこの「23日、わかった」とかいう「どうして自分がその情報に行き当たったのかを伏せることが当たり前だろう」的な記事の書き方は、そろそろやめにしたほうがいいような気がする。別に「取材源の秘匿」だ何たらに関係ない話だろうしさ。

 それはともかく、本題の『月刊少年ジャンプ』休刊の件だ。今なお42万部も売れている雑誌(上記報道による)がどうして休刊しなきゃならんのかと思う向きもあるだろうが、コミック誌の場合、一般の活字系雑誌とはまるで異なるビジネススキームで成立していることを、まずは前提として押さえておく必要がある。

 というのは、集英社にとって看板媒体で、最盛期には600万部もの部数を誇った『週刊少年ジャンプ』でさえ、雑誌それ自体が生み出す利益は版元にとってさほどのものではないからである。というか、むしろそれを維持するためのコストが半端じゃなかったと思われるのだ。

 御承知の通り、コミック誌の定価は200〜300円と安い。若年層の読者から気軽に手にとってもらうためには値段は上げられないからだ。しかしその一方で、掲載される作品の質や数が落ちればたちまち読者からそっぽを向かれる。だから経費を浮かそうと思えば、雑誌制作に掛かる費用を切り詰めるしかない。だからこの御時世にあって、商業媒体が使うものとしては普通ありえないような質の悪い紙を各誌とも今だに使っている。

 また、他のジャンルの雑誌であればここで必然的に「売れないのは仕方なくても、広告収入で稼げれば」という発想が出てくる。ところが――実のところコミック雑誌という奴は、部数は活字系雑誌よりも出ている一方で「広告媒体」としてはまるで使えないのだ。これは業界紙記者時代に私も各出版社の広告担当者への取材の席で「コミック誌は売るのが難しくて……」といった話を聞かされていたからよくわかる。

 では、そうした「雑誌単体としてはいくら売れても儲けにならない」コミック誌を、なんで大手出版社が出し続けてきたのか。

 ひとつには――これは古今どのメディアについても言えることだが、ようするに掲載作品を「パッケージ化」して売っていくための先行投資だ。つまり、連載作品をコミックの単行本にして売っていくことによる収益、あるいはアニメ化やキャラクターグッズ化のロイヤリティで稼げるのであれば、雑誌での薄利や赤字には目をつぶろうという発想である。一昔前の文芸誌と作家との関係性と、ある意味では似ている。つまり、文芸誌自体は儲けにならない(「発行した部数が完売して広告スペースが全部埋まっても赤字です」と、大昔に文藝春秋の広告局長さんから聞かされたことがある)が、そこに執筆する作家の生活費用に原稿料を振り込むことができるし、ゆくゆくは掲載作品が単行本化されてベストセラーになるのであれば報われますよという割り切り方だ。

 もうひとつは「書店対策」だろう。出版社にとっては儲けが薄いコミック誌であっても、街の書店にとっては、それこそ毎週『少年ジャンプ』連載作品の続きが気になる子供たちを惹きつけるアイテムとして書店営業上重要だし、売れれば売れるだけマージンも手に入る。また、ここで部数を稼いどけば、版元の集英社が発行する他の媒体(女性誌など)やコミックの単行本を仕入れて売って行くうえでプラスのメリットが生まれるかもしれない。

 実際、集英社の書店対策なんてのは我々部外者の想像を超えるものがあった。

 あれは確か私が業界紙記者になって数年目のことだが、会社から言われて集英社の「書店様感謝パーティ」なんてやつに出席したことがある。ちょうどバブル真っ盛りのことだ。

 全国各地の「優良」書店の社長婦人と女性社員(お手伝いさん?)を東京に招き、帝国ホテルの一番でっかい大広間で集英社の若菜社長(当時)ら経営陣が自ら席をまわって表彰状を渡するという代物だった。私も来賓の業界関係者(?)みたいな形でスポットライトを浴びせられ、おずおずとお辞儀しながら満場の拍手を浴びた(苦笑)。セレモニーが終わった後は同じフロアで染之助染太郎とかメジャーな芸人たちの余興があり、帝国ホテルに一泊した書店の奥さんや女性店員さんたちは東京見物ツアーを楽しんだらしい。

 後日、会社の上司に「行ってきました」と報告すると、彼は「集英社って親会社の小学館より儲かってるけど、社員の給料は親会社より押さえなきゃいけないし、だから金が余ってんだよ(笑)」と言われたものだ。

 以来十数年、そんな集英社ですら、あの「ジャンプ」ブランドに傷がつくことを織り込んだうえで『月刊少年ジャンプ』の休刊(実質廃刊)に踏み切った。今でも40万部以上売れているとはいえ、集英社社員の給料が小学館社員のそれより低いかもしれないとはいえ(笑)、大手出版社の人件費をベースにした高コスト体質では、もはや存続不可能ということになったのであろう。かつて『ジャンプ』をささえてくれた子供たちの数も少子化で減少し、彼らが通っていた街中の“パパママショップ”――集英社に呼ばれて年に一回帝国ホテルにきていた人たち――も、もはや街角から姿を消しつつある。

 さて、この次には何が起こるんだろうか。楽しみだな。

ourplanet_iwamoto at 02:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出版界 

2007年02月23日

今回は”炎のランナー”だ! FMわぃわぃ『恋するNPO/東京ラブレター』今夜放送!

 というわけで今回は“炎のランナー”だ! ファイヤ―――――――――――――――――ッ!!! などと一人で盛り上がっておりますが(なぜだ)。

 ともあれ「FMわぃわぃ」にて毎週金曜の夜に放送中の『恋する! NPO』、その月1回、第4週の東京「OurPlanet-TV」の制作枠で、金山智子さん(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所助教授)とともに岩本がパーソナリティを務めております『東京ラブレター』が、今月も本日23日(金)の21:30〜22:00に放送されます(再放送は25日(日)16:30〜17:00、どちらも同時にインターネット配信あり)。

 今回のテーマは、さる18日(日)に約3万人もの参加者を都心に集めて開催された「東京マラソン」。ゲストには、東京での市民マラソンを実現させるべく長年取り組んでこられたNPO法人「東京夢舞いマラソン実行委員会」の理事長・大島幸夫さんと、市民ランナーとして今回のマラソンにも参加された田中敬子さん(およびその息子さんで生後11ヶ月の鈴太郎くん!)をお招きしました。

 昨年まで市民ボランティア主体で「夢舞いマラソン」を7回にわたって開催されてきた大島さんは、ついに日本でも首都・東京を舞台にした市民マラソンが実現したことへの喜びを語る一方、今回の運営面において主催者側に見られた数多の問題点や、やれ「何人病院にかつぎこまれた」だの「商店が迷惑した」だのといった斜に構えた報道ばかりで市民マラソン開催の本質的意義にはほとんど見向きもしなかったマスメディアの姿勢に対しても容赦なしにビシバシ苦言!(ほんと30分じゃ全然足りなかったくらい)

 出産後初めてのマラソン参加となった田中さんは、沿道の人たちから受けた声援や励ましを思い出しながら語るうちに思わず感極まって目がウルウル状態という、実に素敵なトークになりました。ぜひお聴きください。鈴太郎くん、いつか一緒にマラソン走ろうな!

ourplanet_iwamoto at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お知らせ 

2007年02月16日

ぎゃ、『GALAC』完売!!!

 す、すごいですね(汗)。いや、下記をアップした後に新宿5丁目の放送批評懇談会事務局(兼『GALAC』編集部)まで所用で出向いたら「そんな今ごろ告知してくれたって、もう在庫がないんだってばー」とのお叱りが!(よく見たら公式サイトにも既に「※在庫なし」と書かれてあるではないか。マジ?)

 ななななんと『GALAC』3月号は、表紙および巻頭グラビア「旬の顔」に登場した大泉洋が、まさしくここぞとばかりにツボにハマッてくれたらしくて購入申し込みが殺到!! その結果、2月6日の発売日から僅か3日間のうちに在庫がすっかりなくなってしまったというのだ!!!

 発売3日目で完売って……週刊誌ならともかく『GALAC』は月刊誌だぜ? ってまあ、確かに書店であまり売られていない発行部数4000部(←ただしサバ読みなしの実数。販売窓口の角川も全媒体これが原則)の専門誌ということで、もとの品数が少ないからだということもあるけれど、それにしたって3日間で4000部が捌けたってのはスゴいよね。なまじ書店ルート経由ではあんまり出していないぶん、流通在庫が忘れた頃にどどっと返ってくることもないという、文字通りの「完売御礼」なのであった。

 あ、ただですね。『GALAC』はこれまでもこういうことがちょくちょくあったりはしたんですよ。ジャニーズ系の人気タレントが表紙を飾った時とかにもバカ売れして、後から増刷した(←普通は雑誌でこんなことしねーぞ)なんてこともあったんだけど、今回ほどの反響は今まであんまりなかったんじゃないかなあ。しかも、それがジャニーズ系とかをさしおいて、大泉洋という北海道テレビの人気番組(いわずと知れた『水曜どうでしょう』)から出てきたタレントによって達成され、さらには大半が書店ではなくネット経由による完売だったというあたりにも、何やら示唆的なものを感じてしまうところだ。

 ちなみに、放送批評懇談会は来たる2月20日(火)午後に都内でシンポジウムを開催する予定(白石さんもパネリストで登場予定!)なのだけど、先月末には「参加申し込みが少ない。どうしよう……」と主催者側が頭を抱えていたこの企画が、何と今では申し込みが定員オーバーの大人気になっているんだとか。

 そりゃ確かに御同慶の至りではあるけれども、つい先月の末まで事務局でみんなが「大丈夫なのか……」と頭を抱えていた様子を目の当たりにしていただけに、何だか信じられないような気がしてくる。どうか夢なら醒めないでくれ。いったい全体、私が少し東京を離れていた間に何が起こったというのだ。もしかして帰ってきたと思ったら別の世界に紛れ込んでしまったとでもいうのか……。

(「岩本太郎ブログ」と同時掲載)

ourplanet_iwamoto at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 出版界 

2007年02月15日

『GALAC』3月号(+『宝島』3月号)

 おっと、忘れないうちに。『GALAC』(放送批評懇談会発行)3月号が発売中です。あの大泉洋が表紙を飾る今号の特集は「国際放送」。

 例の菅義偉総務大臣によるNHK国際放送への「命令放送」の件に絡めて「んじゃ『国際放送』ってのはいったい今どうなってるんだ?」というあたりを一回きちんと押さえておこうということで特集を組んでみました。岩本は特集冒頭の国会議員インタビュー(自民党・佐藤勉氏、民主党・武正公一氏。ともに衆議院総務委員会所属)を担当。

 なお、同特集ではジャーナリストの小田桐誠さんによるNHK国際放送への取材記事、清水真さん(立教大学社会学部助手)の「国際放送の歴史と役割 ヨーロッパRFEからNHKが学ぶべきこと」、編集委員の田北康成さんによる「ようこそ『短波』の世界へ」&「世界の国際放送MAP」など、資料的価値からみてもなかなかイケてる記事が並んでおります!

 ちなみに連載「岩本太郎の青春18メディア紀行」では、昨年末にCANフォーラムが都内・六本木で行った「CAN TV」の開局記念公開生放送(というかセミナーの中身をそのままインターネットで映像生中継!)の模様、およびそこに出演した上方漫才界の大御所・若井ぼん師匠が参画した「佐渡、お笑い島計画」の概要について紹介しました。島の発展には不可欠な本州との交通手段が冬場の荒天により途絶しがちな現状を見かねた若井ぼん師匠の画期的提案「定期航路に潜水艦を導入できないか?」については私としても関係者諸氏には是非検討していただきたいと思っております!!

 それともうひとつ告知。すでに発売されてから日が経ってしまっていますが(来週の末にはもう次号が出ちゃうのかな?)、現在発売中の月刊『宝島』3月号のP.19に、岩本が何と顔写真(また眠そうな顔で……しかも無意味に四色だ)入りでコメントを出しています。テーマはおなじみ「共謀罪」。「共謀罪に反対する表現者たちの会」から誰かコメントしてくれとの依頼が同誌ライターの安濃直樹さんより寄せられ、先月半ばに拙宅近所の喫茶店および公園にて取材および撮影(笑)。

 これまでの国会における真偽の流れや、同法案の持つ問題点についての基礎知識的なことを生意気にもくっちゃべっておりますので、関心のある方は是非御一読を。

 それにしても「共謀罪」、ここにきて与党が「2月末までに大幅な修正案をまとめる」とのことで、とりあえずは一旦動きが止まった格好になっているのだが、はたしてどうなるやら……。

ourplanet_iwamoto at 14:12|PermalinkComments(0) お知らせ 

2007年02月06日

んでさらに明日“ガイジン”記者クラブで『オリコン』問題会見

 しかしだんだん賑やかになってきたなあ。以下(↓)またまた転載!
--------------------------------------------------
みなさま いつも心温まるご支援ありがとうございます。

2月7日午後6時半から、東京・有楽町の外国人記者クラブで、オリコン訴訟について烏賀陽弘道、弁護団、揖斐憲・サイゾー編集長が講演を行います。

(英語がわからなくても大丈夫!通訳がつきます!そして、飯代を払えば誰でも入れます!)

場所はこちら。
http://fccj.or.jp/static/aboutus/map.php

テーマは欧米でも問題化している「SLAPP」(Strategic Lawsuit Against Public Participation=スラップと発音)について。もちろん、オリコン訴訟について生の報告もいたします。

http://www.answers.com/topic/strategic-lawsuit-against-public-participation

SLAPPとは、大企業が批判封じや開発行為の強行のために、反対勢力の個人を高額訴訟(名誉棄損、業務妨害、共謀罪など)で訴え、金銭・肉体的に疲弊させることで相手を押さえ込んでしまう「恫喝訴訟」「いじめ訴訟」のことです。

アメリカでは70〜80年代から開発行為や環境問題がらみで問題になり始め、1984年にSLAPPという言葉がデンバー大学の法学者によって作られました。現在首都ワシントンを含む25の州・地域でSLAPPを禁じる法律があります。

つまり、オリコン訴訟は日本初のSLAPPである可能性が高いのです(武富士訴訟では出版社など企業も訴えていたので厳密にはSLAPPではないのですが、目的や手口は同じです)。

ちなみに、SLAPPは「ビンタ」(SLAP)と同じ発音です。どうやら、烏賀陽は栄えある日本のSLAPP被害者第一号になっちゃったようです。(笑)

武富士訴訟の弁護団も務められた釜井英法弁護士、三上理弁護士が出席の予定です。

また、オリコン訴訟が言論・表現の自由を侵していること、報道の自由を妨害していることについても、世界中のジャーナリストが参加する中で活発な議論が行われる予定です。

それではみなさまをお待ちしております。

烏賀陽

--------------------------------------------------
(以上、転載終わり)

ourplanet_iwamoto at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お知らせ