2011年03月

2011年03月31日

BSで放送『いま私たち市民にできること』

 というわけで先日の日記でちらりと紹介したプロジェクトの概要が固まり、本日広報発表されました。

 4月5日(火)夜10時からBS11にて全国放送の予定です。私自身はこれまで会合にちょこちょこ顔を出してるだけで、まるでお手伝いもできていないんですが、せめて告知にと思い、以下に正式告知文より転載いたします。どうか宜しく御覧ください。

--------------------------------------------------
パブリック・アクセスによる全国テレビ放送
「いま私たち市民にできること」4月5日(火)スタート


 「いま私たち市民にできること」運営委員会  2011年3月31日

 これまでに経験したことのない甚大な被害をもたらした東日本大震災。国内外のさまざまな市民団体・NPO・NGOが、各地で被災者への支援活動を展開し、多くのボランティアが被災地に駆けつけ、さまざまな人が自分にできることは何だろう、と考えています。
 このような「いま」を市民の力で全国に伝えたい。そして、この先、テレビや新聞のニュースが減ったとしても、継続的に被災地や支援活動を伝えていきたい。このように考えた有志が、市民によるテレビ放送を企画し、全国無料で視聴できるBS11デジタル(日本BS放送株式会社)での放送が決まりました。このような活動は、世界各地で行われているメディアへのパブリック・アクセスに通じるものであり、市民が制作する番組の全国放送は国内初の試みです。
 初回、4月5日(火)に45分間の拡大版を放送。以降、4月12日から毎週火曜日、3分間のレギュラー枠で11月まで発信します。
 放送や報道のプロではない市民が、市民の視点で情報を集め、発信します。支援活動団体が自らの活動を伝えます。被災した人々と同じ市民として、悩み、考え、動き、そして、多くの団体や個人とつながりながらつくり続けていきます。
 ぜひ4月5日の放送をご覧ください。また多くの方にご覧いただけるよう広報にご協力ください。
 放送への参加、企画運営への参画をご希望の団体・個人の方はご連絡ください。
※パブリック・アクセスとは
 放送という公共サービスを公共の主体である市民が利用すること。公共サービスへのアクセス権のひとつ。米国では市民が要求すれば、パブリック・アクセス・チャンネルを設けることが制度化されており、公的基金により運営されている。少数者やマイノリティの言論を確保する場ともなっている。

主旨
・「取材される」のではなく、被災者・被災者支援に取り組む人々が「自ら伝える」放送です。
・一方的に流される放送ではなく、市民ならではの参加型、双方向の放送を試みます。
・被災地や支援活動と長期的に関わっていくことを目指します。
・放送をつくる過程においては、市民どうしの助け合いや相互交流を大切にします。
・情報保障としての文字通訳や多言語(手話含む)による放送を目指します。
・市民による市民のための新しい放送が、震災に発する困難を生き抜く力となることを目指します。

放送概要 
日時:4月5日(火)22:00〜22:55
チャンネル:BS11(番組名「INsideOUT」の枠内での放送)
内容(予定):「いま私たち市民にできること」をテーマに、活動紹介、インタビュー、被災地報告、トークなど(高校生にできること/被災地にいるろう者、女性たち/スカイプで被災地からの報告/スマトラ沖大地震の救援活動に取り組むスリランカ人ジャーナリストを交えてトークなど)

企画運営「いま私たち市民にできること」運営委員会 http://dekiru.or.jp/(開設準備中)     
参加団体・賛同者(五十音順):オックスファム・ジャパン、埼玉NPOハウス、シャンティ国際ボランティア会、地球対話ラボ、デフ・ニュース・ネットワーク、被災地NGO恊働センター、プラン・ジャパン、フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、みんつな、ART LAB OVA他、全32の団体、個人

連絡先 渡辺裕一(地球対話ラボ事務局長)Tel:090−2476−4656
    FAX:03−6429−9955 E-mail:nabe22@y.email.ne.jp
    〒143-0023 東京都大田区山王3−12−5 地球対話ラボ内

--------------------------------------------------
(以上、転載ここまで)

ourplanet_iwamoto at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お知らせ | テレビ

2011年03月30日

ヤクザとイスラエルの災害支援活動

 mixiのマイミクさん経由で知ったのだが、海外では震災関連でこうしたニュースも伝えられているとか。

ヤクザの災害支援活動、海外メディアが報道

Even Japan's Infamous Mafia Groups Are Helping With The Relief Effort


 実は今日は夜になって、加入しているML経由で「イスラエルの医療チームが宮城県南三陸町に仮設の診療所を設置し、医療活動を行っています」との情報を知ったばかりだった。
 外務省のサイトでも紹介されているが、この情報を投稿してくれたMLメンバーの方は「現場で活動するイスラエルの医療チームメンバーの善意を別にしても」、イスラエルが「ガザを包囲し、無差別攻撃を行って、パレスチナ人を殺している状況を考えると、素直に感謝する気にはなりません」とも書いていた。

 どうなんだろう?

 いや、私自身はそこに来た人々の属性はともかく、こうした災害時に現地まで救援活動に来てくれた人たちには率直に敬意を表したいと思う立場だ。もちろん、彼らの属する団体なり国家なりの政治的なあり方に対する批判は常にあって然るべしとは思うし、彼らのバックにあるものに対しての異議の申し立ても無理からぬこととは思う。それこそ東京電力(およびその関連企業の人たち)だって自衛隊だって、いまはとにかく世間からの猛烈な批判にさらされるのは覚悟のうえで動いているんだろうから。

 上記の「ヤクザの災害支援活動」の記事の中にも、

>特に活発に支援活動を行っているのが稲川会。
>東京ブロック支部は13日早朝までに、
>高速道路を使わず12時間かけて
>トラックでひたちなか市に向かい、計50トンもの物資を市役所に
>運び入れた。その際、受け取りを拒否されないよう、
>決して身分は明かさなかったという。

>支援物資を運んでいたある組員は、
>「普通にみんなができることをやっている。
>それ以上のことは報道しないで欲しい。
>誰も私たちと関係を持ちたくないだろうし、
>支援物資を突き返されたくない」と語った。


 と記載されている。
 でも、やっぱりこうしたいろんな人たちもいるからこその、災害復旧活動なんだろうなと思う。

ourplanet_iwamoto at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お知らせ | 雑記

2011年03月28日

災害臨時FM、相次いで開局

 今日は大船渡市(岩手県)といわき市(福島県)で新たに開局したようだ。福島・宮城・岩手の3県ではここ数日来、それぞれの周辺被災地域をエリアとする臨時FM放送局(さいがいFM)が次々に立ち上がったほか、従来からあった地元のコミュニティFMが懸命に最新の情報を発信し続けている。詳しくは以下などを参照されたい。

<サポート情報>臨時災害放送局、FM局など 28日現在

地震に伴う臨時災害放送局 その9 大船渡市/いわき市

『東北地方太平洋沖地震』に伴う臨時放送局の免許情報(総務省)

ourplanet_iwamoto at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ラジオ | お知らせ

2011年03月26日

“被災地にあなたのラジオを”キャンペーン・続報

 その後も石井彰さん(放送作家)からの震災関連メールが届いている。ただ、私信からの引用部分が多くなってきたこともあり、そのままこういうブログとかに全文転載するのは御遠慮くださいとのことだったので、以下はその趣旨のみでの引用。

 TBSラジオが始めた「“被災地にあなたのラジオを”キャンペーン」はその後も系列局等を通じて全国に広まったほか、ニッポン放送(都内有楽町)や文化放送(同・浜松町)でも同様のキャンペーンを、さる24日から始めているとのことだ。赤坂よりも有楽町や浜松町のほうが行きやすいという方はぜひこちらまでお越しください。期間は4月10日までで、時間は平日の10時〜20時(土日は10時〜17時)。ラジオと新品の乾電池を募っており、集まったものは局のパーソナリティーやアナウンサーが被災地に直接届ける方向で調整中とのことです。

 あと、今回の一連の震災では、関東や東北からも遠い長野県の栄村というところでも震度6強の地震に襲われた結果、人口2300人の村人の7割が避難所暮らしを強いられ、現在も被災した家の状況が悪くて帰宅できない方がまだ850人ほどいるという。断水も続いているほか、真冬並みの冷え込みで、県庁所在地の長野市内でも今なお最低気温が−5℃までいくという寒さ。にも関わらず全国メディアの報道はもっぱら太平洋側での原発トラブルや津波被害のほうに向かっているためか、栄村については今のところほとんど報道されていないという。

 どうも「震災による被害」というと、マスメディアの関心は茨城以北、福島第一原発の周辺および「東京への影響はどうなのか」に集中してしまっているようなのだが、現実の被災地はかくも広範囲に及んでいるのだ。はたしてメディアにせよ、震災ボランティアの人たちにせよ、私のように相変わらず家に引きこもっている者にせよ「いったい何ができるんだ」と歯噛みせざるを得ない状況が、いつ終わるかという見通しも立たないまま、まだ続いている。

ourplanet_iwamoto at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月22日

再び「“被災地にあなたのラジオを”キャンペーン」について

 石井彰さんより3通目のメールを昨夜拝受。以下に転載します。
--------------------------------------------
友人・知人の皆さんへ 3

月曜日の祝日、東京は冷たい雨が降っています。
雨のせいなのか、それとも放射能の雨を避けようということなのか、
街にまったく人が歩いていない高円寺からメールの第3便を送ります。
メールを勝手にお送りした皆さんから、たくさんの反響をいただき本当に嬉しくまた心強く思っています。

まず嬉しいお知らせから。
わが故郷の長野では信越放送とFM長野のパーソナリティーたちが共同(これがすごい!拍手喝采です)して、昨日の日曜日にJR長野駅前で「被災地にラジオを送ろう!ラジオの力」を開催して、約900個のラジオが聴取者から集まり、早速地元タクシー会社の協力を得て宮城県に向け出発したそうです。詳しいことは信越放送のホームページから、呼びかけ人の一人である坂橋克明アナウンサーの番組「坂ちゃんのずくだせえぶりでぃ」のページを御覧ください。普通だとここに信越放送のアドレスを青字で表記するのでしょうが、まだやり方がわからないのでご容赦を。すいませんパソコン初心者なんです。
ちなみに「ずくだせ」とは信州の方言で「しっかり働け」というような意味。反対に怠惰な怠け者のことを「ずくなし」と言います。

それからTBSラジオの「被災地にあなたのラジオを」キャンペーンは、開始4日間で5000個近くのラジオが集まり、被災地への輸送を始めました。
なお集めているのは「ポータブルラジオ」「小型ラジオ」のみ、つまり大型のラジカセは駄目です。また郵送は受け付けていません。TBSのある赤坂サカスへの持参のみの受付であることをくれぐれもご了承下さい。
では「遠方にいるので赤坂までは持っていけないが、家にあるラジオを送りたい」という人はどうすればいいのか?
これが悩ましい問題です。10〜20の数であれば、私の自宅に送ってもらって、私が毎日リュックをかついでTBSまで届けようかな、とも思いました。
ところが嬉しいことに多くの人の協力でこのメールが、いまやたくさんのブログに転載されており、何百個もラジオが届くと対応ができなくなるおそれがあるのです。少しだけ時間を下さい。なんとかうまい方法を早急に見つけますから。

これに関連して残念なというか、考えなければならないことがあります。
このメール第一便で「ソニーが3万台、パナソニックが1万台のラジオを被災地に送る」と書きました。ところが「18日の時点で被災した県に届いたラジオは1000個」という記事が、今日21日の読売新聞朝刊5面に掲載されていました。
物流ルートの混乱や現地のガソリン不足などの要因がからまって、支援物資が避難所までは届いていない現実があります。物を集める入口だけでなく、確実に被災者に手渡す出口と、それから入口から出口までの輸送手段を構築しなければ、折角の善意が空回りすることになってしまうのです。
その意味では、信越放送のやり方のように、ちゃんと配布するところまで準備したり、TBSのように地元の東北放送という受け皿がないと、なかなか難しい。
時間がたてば、こうした輸送手段や配布方法もそのうち確立されるのでしょうが、「ラジオが必要なのは今すぐ」という絶対条件があるのです。
また中越地震や中越沖地震のように、被災エリアが比較的狭いと、これらの問題はそう難しくはないのですが、今回の東日本大震災の場合は、激しい被害に見舞われた県だけでもいくつもあって広く、避難場所も阪神大震災の倍以上あるという困難さがあるのです。
とはいえ、ただ手をこまねいていてもしかたないので、いい方法を考えます。
またなにか良い知恵があればぜひ教えて下さい。

それから被災地域の東北放送やラジオ福島の番組がユーストリームで全国で聴けますね。(残念ながら東北放送のユーストリームは明日で終了というお知らせが、東北放送ラジオ
のスタッフからついさっきメールで来ました)
二つの局の放送を聴いていると、それぞれライフラインや交通情報、尋ね人の情報を丁寧に伝えているのがわかります。また番組の向こうにいるスタッフたちの「災害をネタにしない、被災者の生活のための放送をしたい」という気持ちが痛いほど伝わってくる、とても良い放送です。ぜひエリア制限を撤廃したパソコンなどでもラジオが聴けるradikoで、東北放送やラジオ福島の放送を全国で聴くことができるように、早くならないでしょうか。その意味では短波放送のラジオ日経がラジオ福島の放送を一部中継しているのはとてもいいですね。

阪神大震災、中越地震、中越沖地震のときには、地震から数日後には現地に取材や応援に入っていた自分のことをいやでも思い出します。いつのまにか腰が重たくなっている、これは歳をとってしまったからなのか、考える前にまず動いていたお調子者とはまた違う形でなにかお手伝いができないか、みなさんからの返信を読みながら考えています。
*なお記載した情報には古くなっているものや、その後に変更されたもの、また情報にもれがある可能性があります。極力執筆時に裏を取ったり、担当者に確認をするようにしていますが連絡がつかない場合などもあるので、ご容赦ください。
ではまたお便りします。

石井彰

--------------------------------------------
(以上、転載ここまで)

ourplanet_iwamoto at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お知らせ | ラジオ