2013年12月

2013年12月31日

12月27日 本年最後の反原連・首相官邸前〜国会正門前抗議行動報告

 え〜、年の瀬ギリギリ(あと1時間を切った!)頃に何だと言われそうですがf(^_^ なんとか年内にはアップしておこうということで、以下取りあえず大急ぎで。

■12月28日反原連・国会正門前抗議行動</a>(24分01秒)


Video streaming by Ustream

 年内最後だからきっちり最後まで中継した後で、みなさんに挨拶したかったのだが、あいにくこの日は別件があるため19時までしか現場にいられなかったため駆け足での中継。

 官邸前では冒頭からミサオさんたちのシュプレヒコールを“聴き収め”した後、「NHK受信料返せ! 大本営発表に成りさがった!」のメッセージを掲げた女性(27分05秒〜)と、毎回日の丸を掲げて参加している男性(30分40秒〜)に短くインタビュー。

 日の丸の男性には別れ際、肩を叩かれ「この運動は(まだ先が)長いから、飽きずに(取材・中継を)やってください。あなたがたが飽きちゃうと発信できなくなっちゃうから」と励まされる。

 年の最後にこう言われちゃうと、来年もますますやめられないよね(^-^)。

■12月28日反原連・国会正門前抗議行動(24分01秒)


Video streaming by Ustream

 スピーチエリアでは参加者の男性が「頑張れ頑張れ反原連! 頑張ろう頑張ろう来年も!」。

 ファミリーエリア(8分25秒〜)では男性が「今年最後だから言っちゃいますが、高レベル放射性廃棄物の処理施設が日本中どこにもないようなら、地盤が強固な国会議事堂や官邸前の真下に日本のオンカロ作ったらどうだ! おい、そこの警察諸君、このくらいなら大丈夫だよな!」など。

 年明けは1月10日から。開始時刻は冬季ゆえ18時半スタートに変更。1月16日には阿佐ヶ谷ロフトで反原連主催の新年会。そして3月9日には2014年最初の「NO NUKES DAY」。

 そんなわけで3年目に突入する「金曜官邸前・国会前抗議」。どうかみなさん、来年も元気で!

ourplanet_iwamoto at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映像日記 

2013年12月30日

とりあえず帰省しますが、Ust画面は置いときます

 何末年始は静岡に帰省しますが、何かあった時に備えて以下にロフトチャンネル3の窓&URLを置いておきますので、もし何か映ってたら御覧ください。

http://www.ustream.tv/channel/loftch3


Video streaming by Ustream

ourplanet_iwamoto at 04:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お知らせ 

渋谷・宮下公園における『越冬闘争』の緊迫化した状況

 んで、昨日は国立市「キノキュッヘ」を出た後、二次会の御誘いを大変申し訳なく辞退しつつ、渋谷の宮下公園へ直行。年末年始の「越冬闘争」が、警察や渋谷区からのちょっかいで、不穏な状況になりつつあるとウェブを通じて聞いていたからだ。

 見たところ周囲には警官が50人くらい。しかも御大層な投光機が5〜6台(何たる電気のムダ使いか)。そんな中で、闘争参加者たちが今後の対応をどうするかを話し合っていた。

 宮下公園は、あの馬鹿げた「ナイキ化問題」をめぐる闘争を経て、現在では22時30分限りで夜間閉鎖される公園になってしまっている。それで閉鎖時刻が迫った頃になって、渋谷区側の職員が何故かヘルメット姿でやってきて、闘争参加者側と押し問答に。闘争参加者側はもちろん、渋谷区側もビデオやデジカメで相手側の姿を撮りながらの、完全なる喧嘩モード。

 結局、この時(22時前)は渋谷区職員側が「改めてまたくる」ということで公園内の管理事務所に引き返したが、管理事務所内には制服警官。その外には私服警官(公安?)が20人ほどたむろ。

 んで、その私服警官さんたちが何やらメモ合わせをやってるのを背中越しに覗き込んだら、別の私服警官さんが出っ腹で「どん!」と割り込んできて私を遠ざけようとする。
「あんた何よ?」
「いや〜、何やってんのかな〜って思いましてね」
「だから何よ?」
「そっちこそ何よ?」
「いいじゃんそんなの別に」
「うん、だからいいじゃん、別に私が見てたって」

 気がつくと私の周りには数十名の私服警官(腕に「警視庁 POLICE」と腕章を巻いた)人しかいなかったんで「そうか〜、ここはおまわりさんばっかりなんですね〜」とわざと大声で言い、先の出っ腹も含めてみんなうつむき加減に黙ったのを見届けたうえで一人再びテント前へ(警官は誰もついてこなかった)。闘争参加者側は今だ協議を続けていたが、これより先は警察はもとより私みたいな部外者やメディアにも出せない話が多くなりそうだとのことだったので、ここで帰ることにする。

 帰り際に、越冬闘争をずっと現場でライブ中継しているというVJUの遠藤大輔さんに挨拶。帰宅後にVJUのUst中継サイトを見たら、結局さっきの渋谷区職員押し問答の末に深夜1時過ぎ、参加者たちは締め出され、公園の外に追い出されたようだ。

 まったく、大晦日の夜にはハチ公口交差点前あたりのほうが凄い状況になって(そういや「DJポリス」も今年はあそこでブレイクしましたね〜)、宮下公園あたりに警官や職員をあんなに配置するより、そっちに回したほうが良くね? って気もするんだけど、さてどうなりますやら。関心のあるかたには、以下にVJUの中継のURLと画面を貼り付けて起きますのでお時間がある時にチェックしてみてください。

◆VJU中継


Video streaming by Ustream

ourplanet_iwamoto at 04:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映像日記 

堀切さとみさんの「やよりジャーナリスト『特別枠・期待賞』受賞を祝う会

 映像関係者にはお馴染みの都内・国立市「キノ・キュッヘ(木乃久兵衛)」の佐々木健さんと正木俊行さん(レイバーネット日本)からお誘いいただき伺いました。

 会場にはレイバーネットの松原明さんや土屋トカチさん、本田孝義さんなどお馴染みの顔も。

 もとより、堀切さとみさんのドキュメンタリー『原発の町を追われて』(および『続・原発の町を追われて』)についてはかねてから私も応援していて、今度の受賞もぜひお祝いしたいと思っていたのだ。

 実は堀切さんとは、かつてMediR が2008年に松原さんや土屋さんが講師を担当された映像製作講座でご一緒していたというご縁が個人的にはある。堀切さんはさいたま市の給食調理員が本職だが、その当時以前から原発問題に関心を持っていて、講座の卒業制作の3分ビデオでも、上関原発建設問題に揺れる山口県の祝島のドキュメンタリーを作っていた。

 それが2011年の東日本大震災および原発事故以降、さらに熱心にこのテーマに取り組むことになった。もっとも、きっかけは双葉町の行政と住民が事故の数日後に堀切さん宅の近所にある「さいたまスーパーアリーナ」に避難してきて、そこへ給食調理員としての腕を活かして堀切さんが炊き出しのボランティアに駆けつけたというところから始まっている。そこで避難してきた双葉町民の方々とも知り合い、話を聞くようになり、やがて行政や町民が県内加須市の旧騎西高校に移ってからも通い続けるなどするうち、次第に映像で追うようになった。

 ちなみに避難した双葉町民についてのドキュメンタリーとしては、プロの映画製作者である舩橋淳監督による『フタバから遠く離れて』があり、こちらは劇場公開もされ、私も観た。そのうえで、両作を対比させたうえでの感想を書こうと思っているうちに、仕事その他に紛れて書きそびれていた(- -;)。そこで敢えて今さらながらだが簡単に対比のうえでの感想を言うと、舩橋さんの作品からは強い「怒り」と「告発」を、堀切さんの作品からは、避難してきた人たちに寄り添う中から滲み出てくる「哀しみ」と「理不尽さ」を、とりわけ強く感じたものだった。

 堀切さん自身はその後も双葉町からの住民、そして井戸川町長(当時)を追い続ける。その過程を記録した『続・原発の町を追われて』の中には、町議会による不信任決議を受けた後、福島県いわき市内の仮設住宅に住む双葉町民から井戸川さんがさんざん批判を浴びるシーンが出てくる(翌日に井戸川さんは入院。また、その場で話を聞きながらキレた堀切さんは会場から追い出されたとのことだが、残念ながらというか、そのシーンは撮影されていなかったとのこと)

 あの震災と原発事故をめぐって福島県民の間に生じた「分断」。
 おそらく、これはこれからも長くというか永く、それこそ私たちの世代の命が尽きた後までも続いていく問題なのだ。けれども、それが起こった時代を経験し、なおかつ映像や活字という表現手段に取り付かれてしまった者にとっては特に、命ある限り向き合い続けていかなければならない課題なのだろう(無論「いや、俺は関心ないよ」という人は引き留めないが、そういう人にこそ「いつか振り向かせてやるぞ」と思うわけで ^_^;)

 あの事故が起こった際には鬱病で何も動けなかった私にしても、その後は金曜官邸前抗議に通うようになったり、今年の初めには単独で「30km圏内」すれすれまで取材に行ったり、その後には(後日書こうと思うが)「20km圏内」すれすれの場所に事故以来住み続けている人に会いに行く機会を得た。やっぱり何だかんだで引き寄せられてるな、福島に。

 だから一緒に映像講座を受けた堀切さんのご活躍や今回の受賞は本当に嬉しいし、柄にもなく「俺も(本質的に頑張るのが大嫌いな人間なんだけど)もっと頑張んなきゃ」と思わせてくれたりする。
 ……って、まあ今さら俺ごときに何ができるかって気もするけど、まずは堀切さんに敬意を表しつつ「んじゃ俺は何をしようか」を考えていこうかと。ただ、やる場合は何も考えずにやっちゃう人間なんだけどね f(^_^;

ourplanet_iwamoto at 03:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ジャーナリズム論 

2013年12月27日

本日18〜19時、反原連の首相官邸前~国会正門前抗議行動を生中継

 今日は19時半から別のところで所用があるので途中までの1時間ほどしか中継できませんが、今年最後ということでもあるし、これから行ってきます。例によって以下にロフトチャンネル3のリンクと窓を貼っておきますので、映っていたら御覧ください。

http://www.ustream.tv/channel/loftch3


Video streaming by Ustream

ourplanet_iwamoto at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お知らせ