逢坂 杏のとらんぷ庵。

赤坂~恵比寿界隈に出没する占星術師のよもやま話です。


秋分図講座2015












2017年のちょっと新機軸。
先月よりプロでご活躍中の方向けの短期集中レッスンがスタートしております。
ひさしぶりに情報量と緊張感あふれる楽しい空間(いうなれば合宿免許の占星術版?)が粛々と形成されております。

その一方で、新たにどなたでもご参加できる、ゆるーい場も作りたいなあ、と、
昨年末くらいから思案をしておりました。

で、一部SNSにのみお知らせしていたのですが、今週の木曜、23日19時より、代々木上原でゲリラ的に星読みのサロンを開催します。
彗星のように 神出鬼没で、しかし変容を司る運命のサロン。

占星術の専門知識は不要。今回は2月26日、週末に迫った日食を題材に、みなさんの人生をテコ入れするヒントをお話します 愛・仕事・家族、お金、8月までにおさえておきたい人生のテーマをピンポイントで解析します。座学だけではなくて、人生を揺り動かす、ちょっとしたマジカルも実験しますよ~。

【Salon de あかけん(仮) ~いきなり日食対策委員会~】

◆講師:逢坂 杏(西洋占星術師)
◆日時:2月23日(木) 19時~21時
◆場所『小さなサロンS』東京都 渋谷区西原3-18-5-303
 
◆参加費:4000円

ご参加希望の方はousaka168@gmail.com 逢坂宛までお名前、連絡先を明記のうえお申し込みくださいませ。
 



獅子座月食















獅子座の満月直前にフィリピンM6.5、台湾M5.6の地震が発生。ああ、眠れないどうしましょう。満月まで数時間を切っていることも手伝って、目が冴えてしまいました。
(朝イチで満月石鹸を仕込む予定なのにい)

今回の月食は獅子座のえらく威勢のいい度数で、無茶ぶり上等!てな感じを、水瓶・牡羊・獅子・天秤の4つのサインで構成されたミスティックテクタングルでなんとか調整・切り盛りする感じ。

火のグランドトリンの勢いと9室の射手座・土星の外圧で首相の外遊も大変そうだなー、でもこれわざわざ経過図読まなくても、朝刊早刷りでいんじゃね?などど、チャート詠むのイマイチ逡巡してたんですが、大事なことを忘れてました。

今日って、帝国憲法発布から数えて128回目の建国記念日なんですね。
たまたま獅子座で起こる月食と記念日が重なっていたのでした。
帝国憲法発布日は、戦前の日本のアウトラインを形作ったもうひとつのお誕生日。
その精神は表立って見えないところで、ちゃんと私達の中に息づいていたりします。

帝国憲法さんがまだお元気で過ごされているという仮定のもとに、
三重円をおこしてみました。(ここらへん脳内で擬人化できると仕事は早い)

満月の瞬間のチャートを観てみたのですが、帝国憲法図だと、トランジットのグランドトリンの一角に、オポジション(180度)が加わり、帆のような形のアスペクト・カイトができています。このオポジションは今日の満月を軸としたもの。ついでに建国記念日の太陽が乗っかっております(帝国図のチャートだとトランジットの月は4室に、土星は8室、天王星は12室にそれぞれ在箔中)

本日の獅子座の満月は、帝国さんの大好きな自己節制と鍛錬モードにスイッチを入れる、お尻を蹴飛ばす無茶ぶりの月だったんだ。

そしてこの図では、2室でプログレスの新月も起こっています。これは双子座28度『破産を通じて社会が再出発の機会を与える』、別名・過去の暮らしを清算して再出発を果たす度数。それは8室を移動中のトランジットの土星と対立し、ギリギリの生存本能を喚起する配置でもあります。トランジットの土星は射手座26度『戦場の旗手』。それは帝国図さんの側から見れば、輝かしいかつての栄光の再来。
(ルディアの解釈だと、集団的な価値観と目的にしたがうことに高貴な誇りをもつ人、なんだと)

対して2室の天体群(プログレスの太陽・火星・水星とネイタルの月)は、これまで築き上げた繁栄を収奪されることに抵抗し、ついにはご破算となる図。(そういや大東亜共栄圏なんてのもありました。)過去の挫折を糧に、プレッシャーにさらされながら、なにかに再起を賭ける姿とよめなくもありません。
お誕生日に発生した進行の新月だから、ここからもっかい始めるよ、と。

この他にも、もう1か所カイトは発生していて、これは6室の天王星にトランジットの木星が乗っかっています。国土をひとりの人間に置き換えるなら、6室は免疫力。それは国の護りに関すること。
かつて守り損ねたこと、志なかばで潰えたものを今度はどうやって立て直すのか。そのためには名実ともにも大きく変わる必要がある。特に現在、活動宮で発生しているTスクエアは、なにかいやーな記憶をフラッシュバックさせる配置でもあります。これをいかに克服すべきか。

とまれ、ケツひっぱたかれないとスイッチが入らないエンジンもあることにはある。
痛みをこらえ船の炉に慎重に火を入れ、しかし飄々と帆をかかげて。

平和憲法図の三重円を作成し、今年のプログレスの太陽と比較すると、
なんとなく船出の時は近いんじゃないかな、という気もいたします。

誤解を恐れずにいえば、私達は星図を通じて、71年続いた呪いが解ける瞬間を目撃しているのかもしれませんね。戦前と戦後のよき資質を集めたハイブリットな何かが誕生する瞬間。

あ、いかん、そろそろ石鹸作りの支度にかからねば。ここまででタイムアップ!
てなわけで、祖国お誕生日おめでとうございます。




このページのトップヘ